数ある酵素サプリメントの中でも、知名度が高いものの1つに、「なかきれい酵素」という酵素サプリメントがあります。


このなかきれい酵素を購入するからには、効果的な飲み方をして、なかきれい酵素の良さを実感したいもの


では、なかきれい酵素の一番オススメな飲み方は、どのような飲み方なのでしょうか?


なかきれい酵素の成分を効果的に摂取できる、3つの飲み方の方法をご紹介します。


スポンサードリンク



そもそも「酵素」って何?



なかきれい酵素についてご紹介する前に、酵素について簡単にご紹介したいと思います。


酵素とは、食べ物の消化を行う時や、消化・吸収された栄養素からエネルギーを生み出す時に必要な物質のことです。


人間の体に関わるのは、元々体内に存在している潜在酵素の「消化酵素」と「代謝酵素」、そして体外に存在している体外酵素の「食物酵素」です。


それぞれの酵素の働きは、以下の通りです。



【消化酵素】食べ物の消化
【代謝酵素】生命維持に欠かせない体の活動を生み出す
【食物酵素】体内に摂り込まれた後、消化酵素として働く



消化酵素と代謝酵素は、それぞれがシーソーのようにバランスを取り合いながら存在しています。


消化酵素として使われる酵素の量が増えれば、代謝酵素として使われる酵素の量は減り、消化酵素として使われる酵素の量が減れば、代謝酵素として使われる酵素の量を増やすことができます。


健康維持には、消化酵素として使われる酵素よりも、代謝酵素として使われる酵素の量が多いことが望ましいです。


そのため、体内で消化酵素として働く食物酵素を補ってあげることが、健康的な毎日を送る上では重要になってきます。


「なかきれい酵素」とは?





なかきれい酵素とは、健康維持に欠かせない酵素を手軽に摂取できる、麹菌由来の酵素を使用したサプリメントのことです。


現代を生きる日本人は、食生活の変化や乱れによって、体外から酵素を摂取する機会が減っていることがわかっています。


その結果、消化酵素として使われる酵素の量が増え、代謝酵素として使われる酵素の量が少なくなってしまうため、溜め込みやすい状態に陥りやすくなっています


なかきれい酵素は、麹菌由来の酵素を補うことで溜め込みにくい体、つまり「体の中をきれい」にして、健康維持を可能にするサプリメントなのです。


なかきれい酵素の成分は?





なかきれい酵素の製造には、次のような原材料が使用されています。


麹菌加工粉末(麹菌、カルシウム含有ビール酵母、マグネシウム含有ビール酵母、亜 鉛含有ビール酵母、マンガン含有ビール酵母、乳酸菌)、シトラスファイバー、 HPMC、(原料に一部に大豆、小麦、オレンジを含む)

発酵生活「なかきれい酵素」より引用


成分として見ると、なかきれい酵素に含まれているのは


麹菌
ビール酵母
乳酸菌



の3つの成分になります。


麹菌(こうじきん)とは?



麹菌(別名コウジカビ)とは、味噌・醤油・お酒などを醸造する過程で使用される物質のことで、酵素がたっぷり含まれています


なかきれい酵素に使用されている麹菌は、麹菌に含まれる酵素の活性を高める「大豆」と「穀物」をブレンドして作られた、すごい麹菌が使用されています。


ビール酵母とは?



ビール酵母とは、ビールを製造する過程において、麦汁を発酵させるために使われる微生物のことで、酵素を含んでいます


なかきれい酵素に使用されているのは、



カルシウム
マグネシウム
亜鉛
マンガン



といったミネラルが含有されているビール酵母です。


乳酸菌とは?



乳酸菌とは、糖類を分解して乳酸を生み出す働きをする細菌の総称で、酵素と似た働きをします


麹菌に含まれている酵素は、乳酸菌を入れて発酵させると、さらに活性が高まるとされています。


なかきれい酵素に使用されている乳酸菌は、麹菌の酵素の活性をさらに高めるために使用されています。


スポンサードリンク



なかきれい酵素の成分を効果的に摂取できる飲み方





なかきれい酵素を飲むからには、より成分を効果的に摂取できる方法で飲んで、なかきれい酵素の良さを実感したいですよね。


なかきれい酵素は薬ではなくサプリメントなので、摂取する方法に明確な決まりは存在しません


ただ、「成分を効果的に摂取することができる飲み方」というのは存在します。


では、なかきれい酵素の成分を効果的に摂取するためには、どのような方法で飲めば良いのでしょうか?


①食事の前に飲む



まず1つめは、「食事の前に飲む」という方法です。


すでに前述している通りですが、なかきれい酵素に含まれている酵素は、体内に摂り込まれると消化酵素として働く酵素です。


つまり、食べ物の消化に必要な酵素ということなので、このことを考慮すると、食事の前になかきれい酵素を飲んでおくのが望ましいです。


食事の前に飲んでおくことで、食べ物の消化がスムーズに行われるようになります


また、食事の前というのは空腹状態ですから、このタイミングで飲むことで酵素の成分の吸収も良くなります


1日あたり何カプセルずつ飲むのかは皆さんの自由なので、食事の前であれば朝・昼・夕のそれぞれで1カプセルずつ飲んでも良いですし、朝・夕のそれぞれで1カプセルずつ飲んでも良いです。


体質やライフスタイルに合わせて決めるようにしてください。


②水かぬるま湯で飲む



続いて2つめは、「水がぬるま湯で飲む」という方法です。


酵素は熱に弱い性質があるため、なかきれい酵素をお湯で飲んでしまうと、酵素が壊れて意味がなくなってしまいます


なかきれい酵素は、「酵素が熱で壊れないように」という理由から、なかきれい酵素を低温製造して皆さんのもとにお届けしているので、飲む時も低温の水かぬるま湯で飲む必要があります


③食事中や食後に追加で飲む



最後の3つめは、「食事中や食後に追加で飲む」という方法です。


これはたくさん食べる時やお酒を飲む時に限るのですが、たくさんの食べ物を消化して、アルコールを代謝するためには、普段よりも多くの酵素を必要とします


そこで、なかきれい酵素を食事中や食後に追加で飲むことで、食べ物やお酒の消化と代謝を助けてくれます


ライフスタイルや体質に合わせて調整してもOK!



なかきれい酵素の成分を効果的に摂取できる飲み方を3つご紹介させていただいたのですが、前述している通り薬ではないので、必ずしも先ほどご紹介した飲み方で飲まなくても大丈夫です。


ライフスタイルに合わせたほうが続けやすいですし、中には食事の前に飲むことで胃の調子がおかしくなってしまう方もいるようなので、そのような場合は食事を済ませてから飲むと良いでしょう。


また、その日1日分の食べ物の消化のサポートを酵素に求めるのであれば、「朝起きてすぐ」のタイミングがオススメですし、翌朝の目覚めを良くさせたいのであれば「就寝前」のタイミングがオススメです。


なかきれい酵素は食事の前に水かぬるま湯で飲むのが一番効果的!



今回は、なかきれい酵素の成分を効果的に摂取できる、3つの飲み方についてご紹介させていただきました。


食べ物の消化をサポートする酵素のサプリメントであること、そして酵素が熱に弱いことを考慮すると、食事の前に水かぬるま湯で飲むのが効果的です。


また、たくさん食べる時やお酒を飲む時など、いつもより消化・代謝活動が増える時には、食事中や食後に追加で飲むのが効果的です。


今なら初めての方限定で、初回分が半額以下で購入できますが、効果的な飲み方をしたほうが、より良さが実感できるのでお得だと思います。


なかきれい酵素の購入を考えている方は是非、参考になさってくださいね


スポンサードリンク