何かと目を酷使する機会が多い現代人にとって、積極的に摂取すべき成分の1つである「ルテイン」


ルテインは、もちろん「効果がある」と言われているからこそ、積極的に摂取すべき成分と言われているわけですが、中には「効果なし」という残念な噂もあるようです。


「ルテインは効果なし」、この噂は本当なのでしょうか


この噂の真相を知るために、実際のところはどうなのか、ルテインを摂取した方の口コミや感想を調査してみました。


スポンサードリンク



そもそも「ルテイン」とは?





ルテインとは、天然の色素成分である「カロテノイド」の1つです。


カロテノイドの中にも、様々な色素を持った成分がありますが、ルテインは黄色の色素を持った成分で、特に抗酸化作用に優れているとされています。


ルテインは主に、緑黄色野菜・卵黄・マリーゴールドなどに多く含まれていますが、人間の体内にも存在しています。


人間の体内においては、目(特に黄斑部と水晶体)・皮膚・大腸・乳房といった部分に存在している成分で、特に「目の正常な働きを助ける」という非常に重要な役割を担っています


そのため、「天然のサングラス」という名前で呼ばれることもあるのだそうです。


ルテインとの関わりが深い「黄斑部」



体内でルテインが存在する部分として挙げた「黄斑部」、この黄斑部とルテインはとても深い関わりがあります。


そもそも黄斑部とは、光を感じる「視細胞」という細胞が多く集まっている部分のことで、網膜の中心部分に存在します。


実は視力というのは、黄斑部によって左右されています


黄斑部のルテインは、


加齢
ストレス
紫外線
ブルーライト
喫煙
食生活の乱れ



といった原因によって減少することがわかっています。


黄斑部のルテインが減少することで、目の健康が損なわれてしまうため、食品やサプリメントを通してルテインを補う必要があるのです。


ルテインの効果





ルテインには、以下の5つの効果があるとされています。


①目の黄斑部の健康を維持する効果



前述している通り、ルテインは目の黄斑部に多く存在している成分で、黄斑部のルテインが減少すると、視力に影響を及ぼします。


食べ物を通してルテインを補うことで、目の黄斑部の健康を維持することができるので、視力の低下を抑える効果が期待できます。


②目の水晶体の濁りを予防する効果



こちらも前述している通りなのですが、ルテインは目の水晶体にも存在しています。


水晶体は、目の中に入ってくる有害な光線を吸収する役割を果たしているのですが、水晶体は加齢や光によるダメージなどによって徐々に濁り、物の見え方が悪くなってきます。


ルテインを積極的に摂取するようにすると、この水晶体の濁りを予防することが可能になることがわかっており、水晶体の濁りによって発症する白内障のリスクを下げることも可能になります。


③「コントラスト感度」を改善する効果



「コントラスト感度」とは、輪郭がはっきりせず、それでいて色の濃さもはっきりしない微妙な模様を見分ける能力のことです。


このコントラスト感度は、加齢とともに低下してきてしまうものなのですが、目の黄斑部にルテインが増えることで、コントラスト感度が改善することがわかっています。


そのため、ルテインを補うことでコントラスト感度を改善することが可能になります。


④炎症を抑える効果



ルテインは強い抗酸化作用を持つ成分ですが、炎症を抑える「抗炎症作用」も兼ね備えています。


このルテインの抗炎症作用によって、主に目に関わる炎症を抑える効果が期待できます。


⑤お肌の老化を防止する効果



ここまでは目に関する効果をご紹介してきましたが、ルテインはお肌にも有効です。


前述している通り、ルテインには抗酸化作用があるため、肌老化の原因となる紫外線や活性酸素からお肌を守りお肌の老化を防止する効果が期待できます。


スポンサードリンク



ルテインは効果なしって本当?



特に目の健康維持には欠かせないルテインですが、「効果なし」という噂もあるそうです。


では、「ルテインは本当に効果がないのか」というと、サプリメントを通して摂取した方々の感想や口コミを調査したところ、効果なしという噂は正しくないということがわかりました。


口コミを一部ご紹介させていただくと、



夕方になると目がぼやけることがあったが、ルテインを摂取するようになってから無くなった
目の疲れから回復するのが早くなった気がする
目がショボショボしなくなった
視界がクリアになった
目の疲れが以前よりも軽くなった
飲まないよりはマシかなぁと思う
パソコンや携帯を長時間見ても、目が疲れにくくなった


といった口コミがありました。


確かに、これといった効果を感じることができなかった方も半数近くいたので、ルテインのサプリメントを飲んでみて、「ルテインは効果なし」という結論に至った方もいます


ただ、ルテインの効果をしっかりと実感できている方も結構多かったので、「『ルテインは効果なし』とは一概には言えない」という意味で、当サイトではこの噂は正しくないと判断させていただきました。


「ルテインは効果なし」という結果に終わる理由は?



ルテインを摂取して、これといった効果が実感できなかった方もいるということは、先ほどの項目でご紹介させていただいた通りなのですが、



ルテインが充分に吸収されていない
ルテインがちゃんと目に届いていない



といった理由によって、ルテインが効果を発揮できていない可能性も考えられます。


ルテインは脂溶性、つまり脂に溶ける性質を持つ成分であるため、脂と一緒に摂取したほうが吸収されやすくなります


そのため、脂質の摂取量が多くなる食事の前後(できれば夕飯の後)に摂取するのが効果的なのですが、このタイミングにルテインを摂取していないと、効果が実感できにくくなる可能性があります。


また、冷え性で血行不良を起こしている場合は、摂取したルテインが目に届きにくくなることがあるため、効果が実感できにくくなる可能性があります。


ですから、ルテインを摂取してみて「効果がないなぁ…」と感じた時には、摂取するタイミングを変えたり、血行を促すことを心掛けたりしてみてください


ルテインを摂取するならこのサプリメントがオススメ!





目の健康にはルテインが欠かせないということ、十分お分かりいただけたかと思います。


とはいえ、十分な量のルテインを摂取するためには、相当な量の緑黄色野菜を毎日摂取する必要があり、限界があります


そこでオススメしたいのが、ルテインを手軽に摂取できる小林製薬の「ルテイン」です。


小林製薬のルテインは、機能性関与成分としてルテインを10mg配合した、機能性表示食品のことです。


ルテインの原料となるのは、厳選された契約農家で栽培されているマリーゴールド


1日1粒を目安に飲むだけで、目の健康維持に必要となる「1日あたり10mg」のルテインを補うことができるため、とても簡単に目の健康維持に取り組むことができます


小林製薬のルテインは、1袋が通常価格の半額で購入できる特典が付く定期コース(定期お届け便)もあるので、そういった意味でも飲み続けやすいですよ。


ルテインは目の健康維持に効果を発揮してくれる頼もしい成分!



ルテインの効果と、効果なしという噂の真相について解説させていただきました。


中にはこれといった効果が実感できない方もいるようですが、基本的にルテインは目の健康維持に効果を発揮してくれる頼もしい成分です。


ルテインに興味を持ったという方はぜひ、最後にご紹介させていただいた小林製薬のルテインで、目の健康を考えた生活をスタートさせてみてはいかがでしょうか


スポンサードリンク