ドラッグストアやコンビニなどでよく売られている「ウィダーインゼリー」


飲んだことがある方も多いと思うのですが、今このウィダーインゼリーが「ダイエットができる食品」として、密かに話題になっていることをご存知でしょうか。


体型を気にしている方にとって、この情報は聞き逃すわけにはいかない情報ですよね。


では、ウィダーインゼリーで本当にダイエットはできるのでしょうか。


ウィダーインゼリーの成分などを徹底調査して、ダイエットができるのかどうかを考えてみました


スポンサードリンク



ウィダーインゼリーの基本情報





ウィダーインゼリーとは、素早く必要な栄養素を摂取することができるゼリー飲料です。


1994年の販売開始から、20年以上にわたって親しまれています


ウィダーインゼリーのラインナップ




◎素早くエネルギー補給ができる「エネルギー」(マスカット味)

【内容量】
1袋180g

【カロリー】
180kcal

【栄養成分】
炭水化物
ナトリウム
ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ナイアシン
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
葉酸
パントテン酸




◎11種類のビタミンが補給できる「マルチビタミン」(グレープフルーツ味)

【内容量】
1袋180g

【カロリー】
90kcal

【栄養成分】
炭水化物
ナトリウム
ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ナイアシン
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
葉酸
パントテン酸
ビタミンK・ビオチン



◎不足しがちなミネラルが補給できる「マルチミネラル」(グレープ味)

【内容量】
1袋180g

【カロリー】
90kcal

【栄養成分】
炭水化物
ナトリウム

カルシウム
亜鉛

マグネシウム




◎プロテインが手軽に補給できる「プロテイン」(ヨーグルト味)

【内容量】
1袋180g

【カロリー】
90kcal

【栄養成分】
たんぱく質
炭水化物
ナトリウム
カルシウム
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ナイアシン
葉酸
パントテン酸
ホエイペプチド
クエン酸



◎プレミアムなエネルギーが補給できる「ゴールド」(栄養ドリンク味)

【内容量】
1袋180g

【カロリー】
180kcal

【栄養成分】
たんぱく質
炭水化物
食塩
ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ナイアシン
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
葉酸
パントテン酸
バリン
ロイシン
イソロイシン
アルギニン
クエン酸



◎カロリーを抑えたい時の小腹満たしにオススメな「カロリーゼロ」(ピーチ味)

【内容量】
1袋180g

【カロリー】
0kcal

【栄養成分】
炭水化物
食塩
カルシウム
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE



◎もうひと頑張りしたい時にオススメな「スーパーエネルギー」(フルーツ&ジンジャー味)

【内容量】
1袋120g

【カロリー】
200kcal

【栄養成分】
たんぱく質
炭水化物
ナトリウム
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
バリン
ロイシン
イソロイシン
アルギニン
オルニチン
カフェイン



◎120gでプロテインを効率よく補給できる「スーパープロテイン」(バナナヨーグルト味)

【内容量】
1袋120g

【カロリー】
98kcal

【栄養成分】
たんぱく質
炭水化物
ナトリウム
カルシウム
ナイアシン
パントテン酸
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
葉酸
ホエイペプチド
コラーゲンペプチド



詳しい商品の情報はこちらからどうぞ!


ウィダーインゼリーでダイエットはできるのか?



では、「ウィダーインゼリーでダイエットはできるのか」ということについて解説していきたいと思います。


結論としては、ウィダーインゼリーでダイエットをすることは可能です。


ウィダーインゼリーそのものにダイエット効果があるわけではないのですが、ダイエットをサポートする成分が含まれていますし、ダイエット中に不足しがちな栄養素を補うこともできるので、「ウィダーインゼリーをダイエットに取り入れる」というのも、1つのダイエット方法としてはアリでしょう。


スポンサードリンク



ウィダーインゼリーのダイエットをサポートする成分





ウィダーインゼリーの種類にもよるのですが、ウィダーインゼリーにはダイエットをサポートする成分が含まれています。


ビタミンB群



ビタミンB群は、栄養素をエネルギーに変える「代謝」を行う時に必要となるビタミンです。


例えば、ビタミンB1は糖質、ビタミンB2は脂質、ビタミンB6はたんぱく質を、それぞれエネルギーに変える時に必要となり、ビタミンB群が不足すると代謝の低下を招きます


そのため、ビタミンB群はダイエットにおいて欠かせないサポート成分と言えます。


【ウィダーインゼリーに含まれているビタミンB群】

ビタミンB1
ビタミンB2
ナイアシン
パントテン酸
ビタミンB6
ビタミンB12
葉酸
ビオチン


たんぱく質



たんぱく質は、基礎代謝を上げるのに欠かせない筋肉の材料となる栄養素です。


また、生命活動に必要な代謝行為を行うのに欠かせない「代謝酵素」と、食べ物を消化する時に欠かせない「消化酵素」といった、体内酵素の材料にもなります。


たんぱく質が不足すると基礎代謝が下がり、痩せるどころか太りやすくなってしまうので、ダイエットを行う上でたんぱく質は非常に重要です。



【ウィダーインゼリーに含まれているたんぱく質】

ホエイペプチド
コラーゲンペプチド
BCAA(アミノ酸として)※BCAAはバリン・ロイシン・イソロイシンの略
アルギニン(アミノ酸として)



ミネラル



ミネラルもダイエットをサポートする大事な栄養素で、ミネラルの種類にもよりますが、


脂肪の燃焼を促進する
脂肪の吸収を抑える
基礎代謝を上げる
エネルギー代謝に必要な酸素を全身に運ぶ


といった働きをしてくれます。


ダイエット中はどうしてもミネラルが不足しがちになるのですが、ミネラルもしっかりと摂取しておくことで、ダイエットを成功に導く手助けをしてくれるでしょう。


【ウィダーインゼリーに含まれているミネラル】

ナトリウム
マグネシウム
カルシウム
亜鉛





クエン酸



「疲労回復効果」のイメージが強いクエン酸ですが、実はダイエットにも効果的です。


クエン酸は脂肪の分解を促進する働きがありますし、クエン酸の疲労回復効果によって疲れを感じにくくなり、その分運動量を増やして体重を落とすこともできます


ウィダーインゼリーを取り入れたダイエットのやり方





最後に、ウィダーインゼリーを取り入れたダイエットのやり方についてご紹介します。


ウィダーインゼリーを取り入れたダイエットのやり方としては、次の3つの方法があります。



・食事と置き換える
・食事のメニューに加える
・おやつと置き換える



ウィダーインゼリーをダイエットに取り入れる場合、基本的にはどの種類のウィダーインゼリーを飲んでも大丈夫です。


ただ、ダイエットをしていて栄養不足やエネルギー不足に陥ってしまっては元も子もないので、食事と置き換える場合や食事のメニューに加える場合は、様々な種類の栄養素が含まれているタイプのものを選びましょう。


そしておやつと置き換える場合は、おやつの摂取カロリーを減らすために、カロリーを抑えたタイプのものを選びましょう。


ウィダーインゼリーはダイエットサポートに向いている!



「ウィダーインゼリーで本当にダイエットはできるのか」ということで、ウィダーインゼリーの成分などを徹底調査して、ダイエットができるのかどうかを考えた結果をご紹介させていただきました。


結論としては、ウィダーインゼリーでダイエットをすることは可能ですし、ダイエット中に不足しがちな栄養素を手軽に補うこともできるため、ウィダーインゼリーはダイエットサポートに向いているゼリー飲料といっても良いでしょう。


ウィダーインゼリーの飲みすぎは当然ながらNGですが、ダイエットに取り入れる分には、特に問題はありません


ウィダーインゼリーを取り入れたダイエットに興味を持たれた方がいらっしゃれば是非、ウィダーインゼリーでダイエットをしてみてはいかがでしょうか


スポンサードリンク