疲れた時や栄養を補給したい時にサッと飲める「栄養ドリンク」、普段からお世話になっている方も多いと思います。


朝に飲むという方も多いであろうこの栄養ドリンクですが、「疲れをしっかりと取りたい」という理由から、1日動き回った後の「寝る前」に飲みたいと思っている方も多いはず


では、栄養ドリンクは夜寝る前に飲んでも大丈夫なものなのでしょうか?


「夜寝る前に栄養ドリンクを飲む」ということについて、個人的にオススメできない理由もあわせて詳しく解説します。


スポンサードリンク



栄養ドリンクは寝る前に飲んでも大丈夫?





「朝に栄養ドリンクを飲んでスイッチを入れたい」という方の他に、「寝る前に栄養ドリンクを飲んで、1日の疲れを取りたい」という方も多いはず。


基本的に栄養ドリンクには、飲むタイミングに決まりはありません


そのため、メーカー側が推奨する1日の摂取目安量を守っていれば、どのタイミングで飲んでも大丈夫です。


では、栄養ドリンクは寝る前に飲んでも大丈夫なのかというと、確かに大丈夫ではあるのですが、栄養ドリンクの種類によるところが大きいです。


その栄養ドリンクに期待できる効果や配合されている成分などによって、夜寝る前に飲むのは避けたほうが良い栄養ドリンクと、寝る前に飲んでも問題のない栄養ドリンクとに分かれるからです。


夜寝る前に飲むのを避けたほうが良い栄養ドリンクとは?



夜寝る前に飲むのを避けたほうが良いのは、「アルコール」や「カフェイン」を使用している栄養ドリンクです。


このような栄養ドリンクがオススメできない理由としては、アルコールやカフェインには以下のような作用があるからです。



【アルコール】興奮作用・覚醒作用
【カフェイン】興奮作用・覚醒作用(眠気覚まし)・血圧を上昇させる



もし、寝る前に栄養ドリンクを飲んだことで、体の中でこのような作用が働いてしまったらどうなりますか?


寝なければならないのに、寝ることができなくなりますよね


アルコールもカフェインも共に、「寝る前に摂取すると睡眠の質を下げる」というデメリットがあります。


睡眠の質が下がれば、その分疲れも取れにくくなってしまうので、「1日の疲れを取りたい」という目的で栄養ドリンクを飲んだとしても逆効果になってしまう恐れがあります。


そのため、アルコールやカフェインを使用している栄養ドリンクを夜寝る前に飲むことは、当サイトとしても個人的にはオススメできないのです。


日中に飲むのはOK!



夜寝る前に飲むのはオススメできないアルコールやカフェイン入りの栄養ドリンクですが、日中に飲むのはOKです。


アルコールやカフェインが使用された栄養ドリンクは、先ほどご紹介したような作用が期待できる上に即効性もあるため、日中に飲むことで元気が沸いてきます


朝はもちろんのこと、疲れを感じた時やもうひと頑張りしたい時に飲むと良いでしょう。


夜寝る前に飲んでも問題のない栄養ドリンクとは?





睡眠に影響を及ぼす栄養ドリンクがある一方で、夜寝る前に飲んでも問題がない栄養ドリンクもあります


それは、消去法になりますが、先ほどご紹介したアルコールやカフェインを使用していない栄養ドリンクになります。


夜寝る前に飲んでも問題のない栄養ドリンクのパッケージには、大体「夜用」といった記載があります。


夜用の栄養ドリンクは、ビタミン・アミノ酸・タウリンといった成分が配合されている場合がほとんどです。


スポンサードリンク



アルコールとカフェインが入っていなければ問題なし!



パッケージに夜用と記載されていなくても、成分表示を見てアルコールとカフェインが入っていないことが確認できれば、その栄養ドリンクは夜寝る前に飲んでも大丈夫です。


そのため、わざわざ夜用の栄養ドリンクを探さなくても、アルコールやカフェインさえ使用されていなければ問題ないので、難しく考える必要はありません。


夜寝る前に栄養ドリンクを飲むことで得られる効果



栄養ドリンクを夜寝る前に飲むことで、疲労回復を促進することができます


なぜかというと、人間の体は眠っている間に分泌される「成長ホルモン」の働きにより修復され、疲労から回復するからです。


成長ホルモンの働きに欠かせないのは、エネルギーを作り出す栄養素です。


エネルギーを作り出す役割を果たしているのは「ビタミンB群」


ビタミンB群に属するビタミンは、脂質・糖質・タンパク質といった栄養素をエネルギーに変換するという、重要な役割を果たしています。


ビタミンB群によって作り出されたエネルギーは、成長ホルモンが行う体の修復作業をサポートするので、疲労回復を促進することができるわけです。


ビタミンB群の他にも、栄養ドリンクに使用されている「糖類」や「タウリン」といった成分も成長ホルモンの分泌や働きに関わってきますし、「必須アミノ酸(特にBCAA)」1日動き回って損傷した筋肉を修復する働きがあるので、そういった意味でも寝る前に栄養ドリンクを飲むことで疲労回復を図ることができます


寝る前に栄養ドリンクを飲むのはお肌にも効果的!



忘れてはいけないのが、寝る前に栄養ドリンクを飲むことによる美肌効果です。


可愛らしいパッケージで、女性向けとして売られている栄養ドリンクには、美肌に欠かせないビタミン類が配合されている場合が多いです。


ビタミンは、睡眠中に活動が活発化するホルモンによって、吸収率がアップします。


つまり、「お肌がビタミンの恩恵をしっかりと受けることができるようになる」ということ。


お肌のことも考えると、女性は「ノンカフェイン・ノンアルコールの栄養ドリンクを夜寝る前に飲んだほうが良い」とも言えますね。


夜寝る前に飲むのにオススメな栄養ドリンクはコレ!





最後に、市販されている栄養ドリンクの中から、夜寝る前に飲むのにオススメな栄養ドリンクを、箇条書きにてご紹介します。



武田薬品「アリナミンR(医薬部外品)」
武田薬品「アリナミンRオフ(医薬部外品)」
佐藤製薬「ファンテユンケル3Bドリンク(第3類医薬品)」
佐藤製薬「ユンケル黄帝L40DCF(第2類医薬品)」
佐藤製薬「ユンケル黄帝液DCF(第2類医薬品)」
大正薬品「リポビタンフィール(医薬部外品)」
大正薬品「リポビタンノンカフェ(医薬部外品)」
大正製薬「アルフェB-in(第2類医薬品)」
大正製薬「アルフェエフイーアップ(第2類医薬品)」
エーザイ「チョコラBBドリンクビット(第3類医薬品)」
エーザイ「チョコラBBドリンクⅡ(第3類医薬品)」
常盤薬品「ビタシーローヤル3000ZERO(第3類医薬品)」

※清涼飲料水に分類される「エナジードリンク」は含まれておりません。



夜寝る前に栄養ドリンクを飲みたいという方には、こういった市販の栄養ドリンクがオススメです。


次回栄養ドリンクを購入する際の参考になさってくださいね


ノンアルコール・ノンカフェインの栄養ドリンクなら寝る前でも大丈夫!



「夜寝る前に栄養ドリンクを飲む」ということについて、個人的にオススメできない理由もあわせて解説させていただきました。


結論としては、「夜寝る前の栄養ドリンクはダメ!」というわけではないため、夜寝る前に飲んでも大丈夫です。


睡眠に悪影響を及ぼすアルコールやカフェインが含まれているものは当然オススメできませんが、アルコールやカフェインが含まれていないものであれば、夜寝る前であっても飲むことができます


むしろ、夜寝る前に飲むことを推奨している栄養ドリンクもありますから、そういった栄養ドリンクを選んで飲むようにすれば、生活に支障をきたすこともありません。


寝る前に栄養ドリンクを飲むことを考えている方は、ノンアルコール・ノンカフェインの栄養ドリンクを選ぶようにしましょう。


スポンサードリンク