チアシードの食べ方で、ヨーグルトに取り入れる方は多いのではないでしょうか?
ダイエットをする方は“ヨーグルト”のみではなく、チアシードを一緒に食べているよ
うです。チアシードに含まれるグルコマンナンという成分が空腹を助け腹もちをよく
します。


ヨーグルトのレシピは数えきれない程ありますが、どれも美味しそうです。
簡単な食べ方をご紹介します。

スポンサードリンク

材料

ヨーグルト 100g  チアシード 大さじ1  はちみつ 大さじ1
器に材料をいれて良く混ぜます。冷蔵庫に1時間以上冷やします。
ヨーグルトはプレーンに限らず何でもOKです。
甘味のあるものでもかまいません。ここで一工夫するならば、果物を刻んでいれた
りドライフルーツをいれるといったアレンジ方法もあります。
シリアルをプラスして、食感を楽しみながら朝食にどうでしょう?

■ドリンクにするなら!

材料

ふやかしたチアシード 大さじ2  ヨーグルト 大さじ2~3
豆乳か牛乳 100cc  フルーツ(お好みで) 適量
はちみつ 適量
チアシードを瓶に入れて水をいっぱいいれます。冷蔵庫に1晩置きます。


コップにヨーグルト、チアシード、はちみつなどをいれてカットしたフルーツをいれて
牛乳か豆乳をいれてかき混ぜます。


チアシードは時間を置く程、食感がよくなるそうですね。
噛みながら食べることで栄養の吸収も良くなります。

ヨーグルトと生姜

スポンサードリンク

材料

ヨーグルト 大さじ4~5杯   チアシード 小さじ1杯
きなこ  小さじ2杯   生姜すりおろし  小さじ1杯
材料を混ぜます。
生姜には体を温める働き、血行をよくする働き、冷え症改善の高い効果があります。
ヨーグルトと組み合わせることで、美肌に良いことと整腸作用が更にアップします。


ヨーグルトにチアシードを混ぜたら1時間以上置くことが食感を美味しくするコツです。


タピオカのような食感が、はまるという声があります。

牛乳が苦手でカルシウムが摂れないという方にはヨーグルトですよ!
ヨーグルトからカルシウムを摂取することはできますが、チアシードからも摂取すること
ができるのです。なんと牛乳の6倍というのですから凄いとしか言えないです。

いかがでしたか?

チアシードとヨーグルトの組み合わせはダイエットにお勧めです。
ダイエット中でしたら食前に食べるのが良いとされています。


ヨーグルトはプレーンの場合が多いですが、物足りない場合はジャムやはちみつを少し
混ぜてみましょう。


何にでもアレンジができ、食べながら綺麗になれるって嬉しいですよね。
皆さんの工夫しているレシピがありましたら、是非作ってみたいです。

スポンサードリンク