「フォースコリー」というサプリメント、ご存知の方も多いのではないかと思います。


フォースコリーは、健康的なダイエットをサポートしてくれるサプリメントとして人気のある商品なのですが、「副作用がある」という噂もあるようです。


では、フォースコリーに副作用があるという噂は本当なのでしょうか


フォースコリーを飲むことで下痢などの症状が現れるのかどうか、フォースコリーの副作用について調査してきました。


スポンサードリンク



フォースコリーとは?





フォースコリーとは、DHCが取り扱いを行っているダイエットサポートサプリメントのことです。


テレビCMでもおなじみのDHCの人気商品で、シソ科の植物である「コレウスフォルスコリ」の根から抽出された、「コレウスフォルスコリエキス末(特有成分フォルスコリン)」をはじめ、ダイエットをサポートする働きを行う成分が凝縮されています。


フォースコリーは、2004年7月1日から2016年1月31日までの約15年半の間に、なんと総販売個数3,300万個を突破


他にも、富士経済の「H・Bフーズマーケティング便覧 2017 No.2」において、シェアNo1を獲得しています。


・ダイエット部門 市場メーカーシェア(2015年実績・複数商品合計)
・ダイエット-抑制系/燃焼系ダイエット部門 市場メーカーシェア(2015年実績・複数商品合計) 
・ダイエット-抑制系/燃焼系ダイエット部門 シリーズサプリメントメーカーシェア(2015年実績・複数商品合計)

DHC公式オンラインショップ「フォースコリー30日分」より引用


「除脂肪体重」に着目したサプリメント!



フォースコリーは、筋肉・骨・内臓といった、体脂肪以外の組織の総量である「除脂肪体重(Lean Body Mass)」に着目しているサプリメントです。


この除脂肪体重は、ダイエット成功に欠かせない「基礎代謝」とも強く関わっており、筋肉をはじめとする除脂肪体重を増やすことで、基礎代謝をアップさせることが可能です。
(スポーツをして体を動かすことでも、基礎代謝をアップさせることは可能)


フォースコリーに使用されている「コレウスフォルスコリエキス末」に含まれる特有成分「フォルスコリン」には、脂肪の燃焼(分解)を促進する効果があることがわかっています。


また、フォースコリーにはコレウスフォルスコリエキス末の他にも



たんぱく質の代謝を促進する「ビタミンB6」
脂質の代謝を促進する「ビタミンB2」
糖質の代謝を促進する「ビタミンB1」



といった、ダイエットサポート成分も配合されています。


フォースコリーはこんな方におすすめ



フォースコリーは、以下の項目に当てはまる方にオススメです。



健康的なダイエットをしたい
メリハリがほしい
スリムな体型をキープしたい
スッキリとしたボディラインを手に入れたい
運動効率を上げたい
食事に気を遣うダイエットが苦手で続かない
太りにくい体を作りたい
以前よりも痩せにくくなってきたと感じている



フォースコリーに副作用があるって本当?





ではここから本題に入って、噂されているフォースコリーの副作用についてご紹介していきたいと思います。


まず、フォースコリーの副作用の有無ですが、フォースコリーを飲むことで副作用が現れることは、残念ながら少なからずあるようです。


実際にフォースコリーを飲んだ方の口コミを調べてみると、


下痢
便秘
吐き気
嘔吐
頭痛
めまい
肌荒れ
生理不順



といった症状に見舞われた方がいることがわかりました。


フォースコリーの取り扱いを行っている大手ネット通販サイト「アマゾン」のフォースコリーの販売ページには、「過剰摂取をするとお腹がゆるくなることがある」という症状の他に、



頭痛
便秘
吐き気
めまい



といった症状についての記載もありましたので、メーカー側も副作用が現れる恐れがあるサプリメントであることを認めているようです。


飲む方自身の体質や、その時の体調にもよりますが、フォースコリーを飲んだ後に、先ほど挙げたような症状が現れた場合は、すぐに摂取を中止してください。


スポンサードリンク



フォースコリーの正しい飲み方





フォースコリーを飲むからには、やはり正しい飲み方を実践して、フォースコリーの最大限の効果を得たいもの。


そして、「副作用を予防する」という意味でも、フォースコリーの正しい飲み方についてはしっかりと把握しておきたいですよね。


では、フォースコリーはどのように飲めば良いのでしょうか。


1日の摂取目安量は?



まず、フォースコリーの摂取目安量ですが、1日に2~4粒程度が摂取目安量となります。


体質に合うかどうかや、副作用が現れるかどうかを確かめるためにも、最初のうちは少量から飲み始めて、問題がなければ徐々に4粒にまで増やしていきましょう


飲むタイミングのおすすめは?



フォースコリーは薬ではなくサプリメントなので、飲むタイミングに決まりはありませんが、飲むタイミングとしておすすめなのは「食事の前」です。


常に、コレウスフォルスコリエキスの特有成分であるフォルスコリンが体内に存在している状態をキープすることが望ましいので、例えば1日2粒のフォースコリーを飲む場合、朝食前と夕食前に1粒ずつ飲むことで、フォルスコリンが体内に存在している状態をキープすることができます


「フォルスコリンが体内に存在している状態をキープする」という意味では、1日の摂取目安量を一気にまとめて摂取することは避けたほうが、より効果が得られやすくなるということになります。


運動と併用しよう!



前述させていただいた通りなのですが、特有成分フォルスコリンは脂肪の燃焼(分解)を促進する効果がある成分であるため、運動効率を高めてくれます


そのため、運動することで効率よく体脂肪を落とすことができるため、ただ飲むだけではなく運動と併用することを強くおすすめします。


運動が苦手な方や、運動をする時間がなかなか取れない方は、



日常のちょっとした動作を大きくする
車やバスではなく歩いて移動する
エレベーターやエスカレーターではなく階段を利用する



といった形で体を動かすこともできるので、実践してみてください。


※過剰摂取はNG!



「一刻も早く脂肪を落としたい」と思っても、1日の摂取目安量を超えるフォースコリーの摂取はおすすめできません


フォースコリーは過剰に摂取すると、前述したような副作用に見舞われる可能性が高まります


フォースコリーの取り扱いを行うDHCのオンラインショップにも、


本品は過剰摂取を避け、1日の摂取目安量を超えないようにお召し上がりください。

DHC公式オンラインショップ「フォースコリー30日分」より引用


という、過剰摂取に関する注意書きもしっかりとあります。


1日の摂取目安量を守ることで、副作用が起こる確率を下げることは可能なので、焦っていても過剰摂取だけはしないようにしてください。


フォースコリーは副作用が現れる可能性がある



今回は、フォースコリーの副作用について調査した結果についてご紹介させていただきました。


結論としては、タイトルにあるように下痢の症状が副作用として現れる可能性がある他、吐き気や嘔吐などの副作用が現れる可能性もあるようです。


体質に合わなかった場合はやむを得ませんが、基本的にこういった副作用は、過剰摂取しないように注意するだけでも発生を防ぐことは可能です。


フォースコリーを飲みながらダイエットをしている方、もしくはこれからフォースコリーを飲みながらダイエットをするという方は是非、参考になさってください。


スポンサードリンク