注目を集めているアーモンドオイル…実はその歴史は古く古代ギリシャの時代から使われていたそうです。


昔々から美容に良いことが証明されていたのですね。


また中世のイギリスではガンの治療薬にも使われていたとか!


色々な効能が期待できそうなアーモンドオイルですが、中でも肌への効果は抜群です。



使い方と効果についてご紹介していきましょう。

アーモンドオイル

アーモンドオイルの種類


アーモンドにはスイートアーモンドとビターアーモンドがありますが、食用やスキンケア用のオイルに適しているのはスイートアーモンドオイル。


ビターアーモンドオイルにいは青酸化合物であるアミグダリンが多く含まれ大量に摂取すると有毒なので注意が必要です。



まずはオイルの種類を確認してから使用しましょう。

アーモンドオイルの効果って?


身体への効果

ビタミンEが多く含まれていますので抗酸化作用の働きにより老化防止に役立ちます。




また悪玉コレステロールの働きを抑制し、過酸化脂質の生成を抑えるので心臓病や糖尿病予防にも効果を発揮します。




整腸作用もありその効用は旧約聖書の中にも記されるほど昔から認められたものでその歴史は紀元前とも言われています。

肌への効果


チアシード 効能 肌
ビタミンEの働きにより肌を柔らかくする特徴があります。



保湿や抗炎症作用にも効果がありますが、作用は穏やかなものなので敏感肌の方や乳幼児にも安心して使うことができます。



アーモンドオイルの一番すごいところは、ダメージから肌を守るだけでなく、すでに受けてしまったダメージを修復する働きがあることです。



紫外線から受けたダメージのシミやしわなど肌の老化にも効果的で、美白にも威力を発揮します。



ホホバオイルなどのキャリアオイルは表皮への効果が期待できるオイルですが、アーモンドオイルは皮膚内部の真皮まで浸透します。



肌の内部から皮膚の再生を促し、皮膚の軟化や保湿にも抜群の効果がみられるのです。

 
スポンサードリンク

アーモンドオイルの使い方


クレンジングとして

普段のお化粧を落とすのにも良いんです。


適量を顔になじませ、2〜3分置くだけ。蒸しタオルをしばらく顔にのせておくと毛穴も開き毛穴の中の汚れも落とします。



後はふき取って水で洗顔するだけ。
洗顔フォームなどで洗う必要はありません。

ニキビケア用として

ニキビは皮脂や汚れが毛穴に詰まって出来るものです。
アーモンドオイルでマッサージしながら皮脂を分解し毛穴をお掃除することにより、肌を再生してくれます。
毎日行うのが効果的です。

アンチエイジングのお手入れとして


クレンジング後の肌に適量を手のひらにとって、顔を優しく円を描くようにマッサージします。
そのまま一晩置くだけ。


日焼け後のほてりや皮向け、目の下のクマや疲れて腫れぼったくなった目にも効果的です。


まとめ/h3>

アーモンドオイルは特に肌への効果が期待できるオイルです。
オイル一本でクレンジングにも洗顔料にも、マッサージオイルにもなる万能オイルです。
予防だけでなく、ダメージを受けてしまった肌にも効果があるのが魅力的ですよね。
手遅れになってしまった…そうお考えの方も使ってみてください。

 
スポンサードリンク