美容にも健康にも効果を発揮するという噂のマカダミアナッツオイルが注目を集めています。


マカダミアナッツってあのハワイ土産で有名なマカダミアナッツチョコレートに入っているナッツ。


あのナッツから抽出されたのがマカダミアナッツオイル。


脳卒中や心臓病、動脈硬化を予防したり、胃腸の働きを良くするなど内臓への健康的効果もたくさんあります。


一方、スキンケア用として肌への効果も期待できるのがマカダミアナッツオイルです。


肌への効能はどんな感じなのでしょうか?ちょっとご紹介します。

スポンサードリンク


肌に良い3つの成分

マカダミアナッツオイル

オレイン酸

マカダミアナッツオイルには60%ものオレイン酸が含まれています。


いわゆる高オレイン酸と位置づけられるものです。


抗酸化作用が高いのでオイル自体も酸化しにくくなります。


パルミトレイン酸

マカダミアナッツオイルの最大の特徴はこのパルトミレイン酸が20%も含まれている点です。



もともと人間の肌に含まれている、このパルトミレイン酸が減少すると肌が老化してくると言われています。



パルトミレイン酸が減少することで、かさつきやたるみの原因にもなります。




皮脂や角質層が上手く働けてないと、肌の水分は蒸発によってどんどん失われてしまうのです。



すると、水分の蒸発によってかさついた肌がさらに深く傷ついていくという悪循環に陥ってしまいます。



アトピーなどの乾燥肌の人はこの悪循環の連鎖にはまり込んでいる可能性があるのです。



パルトミレイン酸は肌の修復を助け、皮脂や角質層の働きを正常化する手助けをしてくれます。



またパルトミレイン酸は粒子が非常に細かく、肌の奥まで浸透しやすい性質があります。



血行と代謝を良くする働きがあり、肌をより良い状態へと導いてくれるのです。



マカダミアナッツオイルを塗ることで減少したパルトミレイン酸を補うことが出来るのです。

ビタミンE

ビタミンは肌の健康にはなくてはならない栄養素です。


マカダミアナッツオイルにはビタミンの中でもビタミンEが豊富に含まれています。



これも抗酸化作用が非常に強く、傷ついた肌を修復するのに効果を発揮します。
スポンサードリンク

ブレンドのススメ


マカダミアナッツオイルはそのまま直接肌につけても十分な効果がありますが、自分用にブレンドして使うのもおススメです。



特にアトピーの方で肌が傷ついてしまっているかたはエッセンシャルオイルのブレンドをお奨めします。




ゼラニウムエジプトは鎮痛・鎮静・抗炎症・皮膚再生などに効果があり数滴たらすだけで肌へのダメージに効果があります。



また、ラベンダーアングスティフォリティアも同様の効果がありおススメです。



同じラベンダーのエッセンシャルオイルでもラベンダースピカは傷の再生にも効果があるのでダメージの大きい肌にはおススメのオイルです。


まとめ


アトピーに悩んでいる方にはマカダミアナッツオイルにエッセンシャルオイルをブレンドして使うことをおススメします。




アトピーの方はいろいろなものにチャレンジされていると思いますが、オイルの種類を変えるだけで劇的に効果が現れる場合もあります。



何かのオイルにチャレンジして失敗したからと言ってあきらめることなく、オイルをひとくくりに考えずにいろいろなものを試してみてください。

スポンサードリンク