筋肉増量をはじめ、ダイエットや美肌作りなどにも効果的な「プロテイン」


様々なメーカーがプロテインの製造と販売を行っており、プロテインを飲んでいる方も多いのですが、「プロテインは体臭がキツくなる」という話があるようです。


プロテインで体臭がキツくなるというこの話、紛れもない事実なのですが、 どのような理由があって体臭がキツくなるのでしょうか


そして、プロテインによる体臭には、改善策はあるのでしょうか


スポンサードリンク



プロテインで体臭がキツくなる原因





プロテインで体臭がキツくなる原因としては、主に


腸内環境が悪化する
汗のニオイが強くなる
炭水化物の摂取量が減る



といったことが挙げられます。


これら3つの原因を、1つ1つ見ていきましょう。


腸内環境が悪化する



プロテインを飲むことで、たんぱく質を効率良く体内に摂り込むことができるわけですが、このたんぱく質、実は腸内の悪玉菌のエサとなる栄養素でもあります。


つまり、たんぱく質をエサにして増殖した悪玉菌が、腸内細菌のバランスを乱します


悪玉菌が増えると、どちらか多いほうの味方につく「日和見菌」も悪玉菌の味方についてしまうため、腸内環境が悪化してしまうのです。


この時に、悪玉菌はニオイの元となる



インドール
スカトール
アンモニア
硫化水素


といった、有害物質を発生させます。


これらの物質が放つ、嫌なニオイを放つガスは、一部が血液の中に混ざって身体中をめぐります


その結果、体臭がキツくなってしまうのです。


汗のニオイが強くなる



人間の体には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類の汗腺が通っています。


このうち、アポクリン腺はニオイのキツイ汗が通っており、全身の中でも特にニオイがキツくなりやすい、ワキ・股間・足の裏といった部分に、アポクリン腺は多く通っています


プロテインを飲むことでたんぱく質を摂取するようになると、汗の中のたんぱく質も増えるわけですが、たんぱく質を多く含んだ汗がアポクリン腺から分泌されることによって、それが皮膚の常在菌たちのエサとなり、さらに悪臭を発生させてしまいます。


その結果、ただでさえニオイが強いアポクリン腺から分泌される汗のニオイが悪化し、体臭の原因となってしまうのです。


炭水化物の摂取量が減る



ダイエット目的でプロテインを飲んでいる方も多いのですが、プロテインによってたんぱく質の摂取量を増やし、その代わりに炭水化物の摂取量を減らしてしまうことで、体臭がキツくなることがあります。


これは、私たちの体が炭水化物をエネルギー源として利用しているからです。


エネルギー源である炭水化物がない場合、今度はたんぱく質や脂肪がエネルギー源として使われるのですが、この時に「ケトン体」という物質が発生します。


このケトン体は、悪臭の原因にもなる物質です。


つまり、「たんぱく質の摂取量を増やして炭水化物の摂取量を減らす」ということをしていると、ケトン体によって体臭が悪化してしまうのです。


プロテインを飲みながら体臭を改善・抑制する方法はある?





プロテインで体臭がキツくなるとはいえ、目的があってプロテインを摂取しているわけですから、プロテインを飲むことをやめるわけにはいきませんよね。


では、「プロテインを飲みながら体臭を改善・抑制する方法はあるのか」というと、あります


実は、プロテインを飲みながら体臭を改善・抑制する方法はたくさんあり、そういった方法を取り入れながらプロテインを飲むようにすることで、体臭を改善・抑制することができます。


スポンサードリンク



体臭を改善・抑制する方法~体の内側からアプローチする方法~



プロテインを飲みながら体臭を改善・抑制する方法は、大きく分けて「体の内側からアプローチする方法」と「体の外側からアプローチする方法」の2つに分けることができます。


まずは先に、体の内側からアプローチする方法についてご紹介します。


腸内環境を整える



プロテインを飲むことで悪玉菌が増殖し、腸内細菌が悪玉菌優勢に傾きやすくなってしまうのですが、腸内環境を整えるように気を付けることで、悪玉菌の増殖を抑えることができます


ですから、


乳製品を食べて善玉菌を摂取する
食物繊維を多く含む食べ物を食べる



といった形で腸内環境を整えることで、腸内環境悪化による体臭を改善・抑制することができます。


たんぱく質の摂取を控えめにする



プロテインを飲むことでたんぱく質を補っているので、食事からのたんぱく質の摂取は多くなくても大丈夫です。


プロテインを飲んでいて、なおかつ食事を通してたくさんのたんぱく質を摂取してしまうと、体臭が悪化してしまうので、プロテインを飲んでいる場合はたんぱく質の摂取を控えめにしましょう。


抗酸化作用のある栄養素を摂取する



体の中に「活性酸素」が多いと体臭の原因になってしまうので、活性酸素を除去する「抗酸化作用」のある栄養素を積極的に摂取しましょう。


抗酸化作用のある栄養素としては、


リコピン
βカロテン
ビタミンC
ビタミンE
ポリフェノール



といった栄養素が挙げられます。


消臭・殺菌効果のある栄養素を積極的に摂取する



消臭・殺菌効果に優れている栄養素は、ニオイのもとにアプローチしてニオイを抑える他、雑菌の繁殖を抑えてくれます


代表的なものが「フラボノイド」と「酢酸」です。


フラボノイドが豊富に含まれているのは「緑茶」、酢酸が豊富に含まれているのは「酢」なので、緑茶や酢を積極的に摂取するようにしましょう。


体臭対策のサプリメントを利用する



サプリメントの中には、体臭対策に効果的なサプリメントもあります。


そういったサプリメントを飲むことで、体臭を改善・抑制することができるようになるので、プロテインによる体臭を簡単に体の内側からケアしたい場合は、こういったサプリメントを飲むと良いでしょう。


プロテインの種類を変える



ホエイプロテインを飲んでいて体臭が気になる場合は、飲むプロテインの種類をソイプロテインに変えましょう


ソイプロテインは、ホエイプロテインと比べると筋肉増強効果には劣ってしまうものの、ある程度体臭を抑制することは可能です。


ストレスを溜めない



ストレスによって交感神経が優位になると、汗が増えて体臭を悪化させる原因になります。


つまり、「ストレスによって、プロテインによる体臭が悪化する可能性がある」ということになるので、ストレスを溜めないように工夫しましょう。


体臭を改善・抑制する方法~体の外側からアプローチする方法~





次に、体の外側からアプローチする方法についてご紹介します。


体を清潔に保つ



元々汗は無臭ですが、時間が経つと体臭の原因になってしまうため、しっかりと体を洗い、かいた汗を洗い流す必要があります。


体の中でも特に、アポクリン腺が多く通っているワキ・デリケートゾーン・足裏は、特に念入りに洗って清潔に保つようにしましょう。


「体を清潔に保つ」という意味では、汗をかいたらこまめに拭いたり、着替えたりするのも有効です。


ニオイを抑えるアイテムを使用する



デオドラントスプレーやデオドラントシートなど、ニオイを抑えるアイテムを使用することで、体臭を抑えることができます。


エチケットとして使用している方が大半だと思うのですが、プロテインによる体臭が気になる場合は特に、こういったニオイを抑えるアイテムを積極的に使用しましょう。


体臭をケアしながらプロテインを飲むことは可能!



今回は、プロテインで体臭がキツくなる理由と改善策についてご紹介させていただきました。


プロテインはプロテインでも、動物性のプロテインのほうが体臭がキツくなりやすいので、動物性プロテインを摂取する場合は気をつけなければなりません


ですが、体の内側からも外側からも、体臭を改善・抑制する方法はたくさんあるので、体臭をケアしながらプロテインを飲むことは可能です。


気にしすぎるのもよくありませんが、体臭ケアはエチケットの 1つですから、プロテインを飲んでいる方は注意するようにしてください


スポンサードリンク