サプリメントに使用されていることが多い「シトルリン」


あまりなじみのない成分だという方も多い成分ではあるのですが、様々な効果が期待できる成分であるため、摂取することを考えている方もいると思います。


しかし、摂取することを考えた時に気になるのが、シトルリンの「副作用」のことではないかと思います。


では、シトルリンに副作用はあるのでしょうか


また、シトルリンを摂取するにあたって、飲み合わせで危険なものはあるのでしょうか


スポンサードリンク



「シトルリン」とは?





「シトルリン」と聞いても、「その成分は一体何?」「聞いたことがない成分名」といった感じで、ピンとこない方も多いと思います。


ですからまずは、「シトルリンがどのような成分なのか」ということについて、簡単にご紹介したいと思います。


シトルリンとは、「遊離アミノ酸」というアミノ酸の一種で、1930年にスイカから発見された成分のことです。


シトルリンという名前は、スイカの学名である「Citrullus vulgaris (シトルラス ブルガリス) 」にちなんで名づけられたもの


スイカの他に、


メロン
キュウリ
冬瓜(トウガン)
苦瓜(ゴーヤー)
ヘチマ
クコの実
ニンニク



といった、主にウリ科に分類される野菜に豊富に含まれています。


シトルリンには、血管を強くしなやかにする「一酸化窒素(NO)」を作り出す働きがあり、血管の健康維持をサポートしてくれます。


血管の健康が維持されることによって、様々な健康・美容に関する効果をもたらしてくれるため、「スーパーアミノ酸」と呼ばれることもあるのだとか。


発見された当初は、医薬品として使用されていた成分であったシトルリンですが、今ではサプリメントに使用することが認められ、手軽で効率良くシトルリンを摂取することができるようになりました。


シトルリンの効果や働き





シトルリンの効果や働きの多くは、



シトルリン摂取によって一酸化窒素が作り出される

一酸化窒素によって血管が拡張する

血管が拡張されて血行がスムーズになる



といった流れに由来するものです。


血行がスムーズになることで、体の隅々まで血液が届くようになるため、酸素や栄養素も体の隅々までしっかりと届けることができるようになります。


その結果として、



冷え性の予防・改善
むくみの予防・改善
動脈硬化の予防
脂肪燃焼のサポート
筋肉合成のサポート
記憶力・集中力・やる気の向上
精力の向上
勃起のサポート
男性器を大きくする
ターンオーバー(肌の新陳代謝)の促進
育毛



といった効果や働きを期待することができます。


見ての通り、健康に良いだけではなく、お肌や脳に対する良い効果や働きが期待できます。


また、男性特有の「性欲がない」「小さい」「勃たない」といった、デリケートな悩みに対する効果や働きも期待できます。


その他の効果や働きもある!



シトルリンは、先ほどご紹介した効果や働き以外にも、



疲労回復
持久力の向上
二日酔いの予防
お肌の潤いを保つ



といった効果や働きも期待できます。



【疲労回復・二日酔い・持久力の向上】

シトルリンには、疲労原因物質の1つである「アンモニア」を肝臓で解毒する際のサポートをする働きがあります。
シトルリンの摂取により、アンモニアの解毒がスムーズに行われることで、アンモニアを速やかに体外へ排出することができるため、疲労回復・二日酔い・持久力の向上に効果的です。



【お肌の潤いを保つ】

シトルリンは、お肌の潤いを保つ「天然保湿因子」を構成するアミノ酸でもあります。
そのため、シトルリンを摂取することで、お肌の潤いを保つことができます。


スポンサードリンク



シトルリンの副作用と飲み合わせについて



先ほど、「医薬品として使われていたこともある成分」とご紹介させていただいたのですが、そうなるとやはり気になるのは、「シトルリンの副作用と飲み合わせ」のことですよね。


では、シトルリンに副作用はあるのかというと、基本的にはありません


シトルリンはウリ科の植物に含まれているアミノ酸ですし、人間の体内にも存在しているアミノ酸なので、「安全性が高い成分」と言っても良いでしょう。


過剰摂取による健康被害の報告も、現時点ではないそうなので、たくさん摂取することを推奨するわけではありませんが、多少多めに摂取しても問題はなさそうです。


また、「シトルリンの飲み合わせで危険なものはあるのか」ということに関してですが、シトルリンと飲み合わせをして危険な成分は、基本的にありません


この後詳しくご紹介させていただくのですが、むしろ「シトルリンはこれと飲み合わせると良い!」という成分や食品がいくつかあるので、そういった成分や食品と飲み合わせることをオススメします。


シトルリンの摂取方法





最後に、シトルリンの摂取方法についてご紹介します。


シトルリンの1日の摂取目安量は?



シトルリンの1日の摂取目安量ですが、800mg~1,000mgとされています。


この量のシトルリンを食べ物から摂取するとなると、シトルリンが発見されたウリ科の植物であるスイカでは7分の1個で済みますが、ウリ科の植物の中で1番身近で、季節問わずスーパーで手に入るキュウリだと、約57本も食べなければなりません。



スイカ  180mg
メロン  50mg
冬瓜  18mg
キュウリ  9.6mg
ニガウリ  16mg
ヘチマ  57mg
クコの実  34mg
ニンニク  3.9mg

※100gあたりのシトルリンの含有量



スイカをはじめ、シトルリンが含まれるウリ科の植物の多くが旬を迎える夏場であれば、食べ物を通してシトルリンを摂取することは簡単なのですが、他の時期だと困難です。


ですから、シトルリンを摂取したいと考えているのであれば、サプリメントを利用することをオススメします。


シトルリンと相性の良い成分や食品は?



シトルリンには、飲み合わせることによって効果が高まる「相性の良い成分や食品」があります。


例えば、以下のような成分や食品が、シトルリンとの相性が良い成分と言われています。



【相性の良い成分】

アルギニン
リジン
プロリン
BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)
葉酸
ビタミンC



【相性の良い食品】

マカ
ハーブ
ショウガ
プロテイン



シトルリンを摂取する場合は、これらの成分や食べ物と一緒に摂取するようにしましょう


これらは、シトルリンのサプリメントに同時配合されていることもあるので、そういったサプリメントを選ぶのもオススメです。


シトルリンを摂取するタイミングは?



シトルリンのサプリメントは薬ではなく食品の一種なので、基本的に摂取するタイミングに決まりはありません


ただ、よりシトルリンの効果が得られやすくなるのは、


運動する前
運動した後
寝る前



の3つのタイミングで摂取することです。


運動する前に摂取することで、運動の質や持久力を高めてくれますし、運動した後に摂取することで、運動による疲労からの回復を促進してくれます。


そして、寝る前に摂取することで、寝ている間に分泌される成長ホルモンの分泌を促進してくれるため、美容や健康の維持に役立ちます


シトルリンは安全性の高い成分!



今回は、シトルリンの副作用と飲み合わせについてご紹介させていただきました。


シトルリンは食品に含まれている、安全性の高い成分であることから、副作用の心配はほとんどありません


また、飲み合わせると危険なものもないので、安心して摂取することができます。


今の時期であれば、シトルリンが豊富なウリ科の植物を食べることができますから、シトルリンの摂取は容易にできると思います。


皆さんも是非、健康や美容のためにシトルリンを摂取するようにしてみて下さい


スポンサードリンク