美容成分としておなじみの「アスタキサンチン」、注目している方も多いのではないでしょうか。


とはいえ、サプリメントやスキンケアコスメに使用されるようになってからの年数が少ないので、まだまだ「どのような効果が期待できる成分であるのか」ということを知らない方も多いはず


また、「アスタキサンチンに副作用があるのかどうか」ということが気になっている方もいると思います。


そこで今回は、アスタキサンチンの副作用の有無と、期待できる効果について解説します。


スポンサードリンク



「アスタキサンチン」って何?





アスタキサンチンとは、自然界に存在する脂溶性の赤い色素成分のことで、植物や微生物が作り出す「カロテノイド」の一種です。


活性酸素を除去する「強い抗酸化作用」を持つ成分としてサプリメントやスキンケアコスメなどに使用されるようになり、ここ数年で一気に知名度が上がった成分でもあります。


以前はというと、アスタキサンチンは今のようにサプリメントやスキンケアコスメに使用されることがなかったので、それほど知名度も高くはありませんでした


現在は、アスタキサンチンを生成する生物である「ヘマトコッカス藻」の大量生産が可能になり、その大量生産されたヘマトコッカス藻から、たくさんのアスタキサンチンを抽出することができるようになりました


そのため、アスタキサンチンの存在がグッと身近になり、誰もがサプリメントやスキンケアコスメを通して、アスタキサンチンの恩恵を受けることができます


アスタキサンチンを含む食べ物は?



アスタキサンチンは、



サケ
キンメダイ
イクラ
筋子
甘エビ
桜エビ
車エビ
伊勢海老
毛ガニ



といった、魚類や甲殻類に多く含まれています。


これらの魚類や甲殻類は赤い色をしていますが、その赤い色がまさにアスタキサンチン


自らアスタキサンチンを作り出すことはできませんが、食物連鎖によってアスタキサンチンを体内に摂り込み、体内に蓄えています


アスタキサンチンに期待できる効果と効能





前述している通り、アスタキサンチンは強い抗酸化作用を持つ成分です。


そのため、体内で発生して体を錆びつかせる(酸化させる)活性酸素を除去する働きがあります。


中でもアスタキサンチンは、紫外線などがきっかけで発生する「一重項酸素」という種類の活性酸素を除去することを得意としており、一重項酸素に対する抗酸化作用は、


ビタミンCの約6000倍
コエンザイムQ10の約800倍
ビタミンEの約500倍
βカロテンの約40倍



と言われているのだそうです。


では、アスタキサンチンの強い抗酸化作用を発揮することで、どのような効果や効能が期待できるのかというと、



血管の若々しさを保つ
血流を改善する
悪玉コレステロールの酸化を防ぐ
動脈硬化予防
高血圧予防
生活習慣病の予防
がん予防
メタボリックシンドロームの予防
免疫力アップ
疲労回復(抗疲労作用)
筋肉痛の予防
抗炎症作用
抗アレルギー作用
脳の老化予防
目の健康維持(眼精疲労・疲れ目の回復促進)
美肌・美白(肌老化の予防)



といった効果や効能が期待できます。


様々な病気を予防することができる上に、疲労回復や目の健康、女性にとっては特に気になるお肌の問題にも、マルチに効果を発揮してくれる成分であることが見て取れますよね。


スポンサードリンク



アスタキサンチンに副作用はある?





女性にとっては特に魅力的に感じるアスタキサンチンですが、アスタキサンチンを摂取することを考えた時に気になるのが、「副作用」の問題ですよね。


アスタキサンチンは栄養成分であるため、厳密には副作用とは呼ばないのですが、万が一アスタキサンチンを摂取して不都合なことがあったとしたら困りますよね。


では、アスタキサンチンに副作用はあるのかというと、基本的にはありません


前述した通り、アスタキサンチンは栄養成分で、食べ物にも含まれている成分であることから、安全性は高いです。


アスタキサンチンのような脂溶性の性質を持つ成分は、すぐに体外へ排出されてしまう水溶性の成分とは違い、体内に蓄積することで過剰症を起こすことがあるのですが、アスタキサンチンの場合はそのようなことはないようです。


強い抗酸化作用により、お腹の調子を崩す可能性がごくまれにあるそうですが、それほど心配する必要はないと言っても良いでしょう。


食べ物を通して摂取する場合は「食物アレルギー」に要注意



アスタキサンチンが直接関わっていることではないのですが、食べ物を通してアスタキサンチンを摂取する場合、食物アレルギーに気を付けなければなりません


前半のほうでご紹介させていただいた通り、アスタキサンチンは魚類や甲殻類に豊富に含まれている成分であることから、魚類や甲殻類に対してアレルギーを持っている方が食べ物を通してアスタキサンチンを摂取しようとすると、アレルギー症状が出る恐れがあるため非常に危険です。


もし、アスタキサンチンが豊富に含まれる食べ物に対してアレルギーを持っている場合は、十分に気を付けてください


アスタキサンチンの摂り方



アスタキサンチンの1日の摂取目安量は?



アスタキサンチンの1日の摂取目安量は、1日あたり3~6mgと言われています。


サケの切り身でいうと1~2切れくらい、エビでいうと7~10匹くらい食べるようにすると、3~6mgのアスタキサンチンを摂取することができます。


ちなみに、6mgを超えるアスタキサンチンを摂取したとしても、健康に害を及ぼす恐れはほとんどないようです。


それどころか、過剰摂取になるほどの量を食べ物から摂取するほうが難しい成分であることから、過剰摂取に関して神経質になる必要はありません


そして、サプリメントを通してアスタキサンチンを摂取する場合は、サプリメントの販売を行うメーカー側が推奨する摂取目安量を守って摂取していれば大丈夫です。


サプリメントを通して摂取するほうが効率的なので、食事からでは不足する分をサプリメントで補うのがオススメです。


油を使った調理方法がオススメ



アスタキサンチンは脂溶性の成分なので、油分と一緒に摂取することで吸収率を高めることができます


ですから、食べ物を通してアスタキサンチンを摂取する場合は、油を使った調理方法で、アスタキサンチンが含まれた食べ物を調理することをオススメします


他の成分と一緒に摂取するのもオススメ!



アスタキサンチンは、他の成分と一緒に摂取するのも、より効果が高まるのでオススメです。


カロテノイドではアスタキサンチンの他、リコピンやβカロテン,ルティン,アントシアニン(ビルベリー)の他、ビタミンC,ビタミンE,亜鉛,銅,鉄,マンガン,セレニウム,コエンザイムQ10などのビタミン・ミネラルが同時に存在したときに最も強い抗酸化力を発揮します。マルチビタミン・ミネラルのサプリメントに、アスタキサンチンやリコピンなどのカロテノイドが配合されたサプリメントは効果が高いです。

サプリメントラボより引用


アスタキサンチンは副作用がない成分!



今回は、アスタキサンチンの副作用の有無と、期待できる効果について解説させていただきました。


アスタキサンチンは自然界に存在する成分であり、魚類や甲殻類に含まれている成分でもあることから、基本的に副作用はなく、強い抗酸化作用による様々な効果が期待できます


食べ物を通して摂取することもできますが、より効率良く摂取したいのであれば、サプリメントを利用するのがオススメです。


アスタキサンチンの摂取を考えている方は是非、参考になさってくださいね。


スポンサードリンク