ダイエット中で「間食をしないようにしている」なんて方も多いはず。


でも、中には「間食を我慢するのが辛い」という方もたくさんいると思います。


確かにダイエット中は、摂取カロリーを抑えなければなりませんが、中にはダイエット中の間食におすすめな食べ物もあるんです。


そこで今回は、ダイエット中の間食におすすめできる食べ物を10個ダイエット中の間食のメリットや食べ方などと合わせてご紹介します。


ダイエット中の間食にはメリットが!






「ダイエット中の間食」と聞くと、「ダイエット中なのに間食したらダメなのではないか」と思うかもしれませんが、実は以下のようなメリットがあります。


リバウンドを防ぐ



リバウンドが起こる原因にもいろいろありますが、


ダイエットをした結果、基礎代謝が低下して痩せにくくなっている
食事制限により身体が飢餓状態に陥ったため、栄養を必要以上に溜め込みやすい状態が続いている



といったことが原因でリバウンドを起こしています。


このことからわかるのは、「極端に体重を落とせば落とすほどリバウンドを起こしやすい」ということ。


ですが、ダイエット中も間食をすることで、極端に体重が減るのを防ぐことができます


低血糖を防ぐ



脳の唯一のエネルギー源は「糖質」です。


そのため、ダイエット目的で糖質制限を行うと、低血糖の状態となって



頭がボーっとする
集中力が続かない
眠気に襲われる



といったことが起こります。


ですが、ダイエット中でも適度に糖質を含む食べ物を間食をすることで、この低血糖の状態を防ぐことができます


空腹感が抑えられる(ドカ食い予防)



当たり前のことですが、ダイエット中に間食を我慢すると、その分お腹が空きますよね


その結果、間食をした時よりもお腹が空いた状態で食事を摂ることになってしまうため、ドカ食いを招く可能性があります。


ですが、間食をしておくことである程度の空腹感が抑えられ、ドカ食いを予防することができます


ストレスを緩和する



ダイエット中は何かとストレスが溜まるもの。


このストレスは、ダイエット中の身体にも様々な悪影響を及ぼします。



ストレスからドカ食いをする
食べ物の消化吸収が悪くなる
睡眠の質が低下する



場合によっては、ストレスが新たなストレスを生む「負のスパイラル」に陥ってしまうこともあります。


ですが、ダイエット中の自分自身に間食を許すことで、ある程度ダイエットのストレスを緩和することができますし、ストレスによるダイエットへの悪影響も抑えることができます。


ダイエット中の間食に最適な食べ物の選び方



ダイエット中の間食にメリットがあるとはいえ、食べ物によってはダイエット中の間食に向かないものもあります


そのため、ダイエット中の間食に最適な食べ物を選ぶ必要が出てきます。



【腹持ちが良いもの】
腹持ちが良いものは満腹感も得られやすく、お腹が空きにくいため。


【低カロリーのもの(糖質ゼロではなく低糖質)】
間食による摂取カロリーを抑えることができるため。
(脳のエネルギー源となる糖質は極端にカットしないほうが良い)


【噛みごたえがあるもの】
よく噛んで食べることで、満腹中枢を刺激することができるため。


【食物繊維が豊富なもの】
食物繊維には、
・便秘の予防・改善に効果的
・胃の中で水分を吸って膨張する
・糖質の吸収を穏やかにする
といった働きがあるため。


【栄養価の高いもの】
様々な栄養素が含まれている栄養価の高いものは、ダイエット中の間食にピッタリ。



ダイエット中の間食におすすめできる食べ物10選





では、具体的にはどのような食べ物が、ダイエット中の間食に最適なのでしょうか


ダイエット中の間食におすすめできる食べ物を10個ご紹介します。


①ナッツ類



まず最初にご紹介するのは、「ナッツ類」です。


ナッツ類は脂っぽいので、ダイエット中の間食には不向きに見えるのですが、ナッツ類に含まれている脂質は「必須脂肪酸」という良質なもので、美容にも健康にも効果的です。


その上、ナッツ類はよく噛んで食べる必要があり、噛みごたえがあってダイエット中の間食におすすめです。


※味付けの薄いものがおすすめ


②ドライフルーツ



2つめは「ドライフルーツ」です。


ドライフルーツには、食物繊維をはじめミネラルやビタミンなど、様々な栄養素が含まれています


また、硬くて噛みごたえもあるため、ダイエット中の間食におすすめです。


※砂糖を使用して作られているため、食べ過ぎには要注意


③カカオ70%以上のチョコレート



3つめは「カカオ70%以上のチョコレート」です。


チョコレートそのものはダイエット中に控えたいものだと思うのですが、カカオ70%以上の苦みがあるチョコレートは満腹感が得られやすいです。


また、美容や健康に効果的な「カカオポリフェノール」も摂取することができるので、ダイエット中の間食におすすめです。


スポンサードリンク



④さつまいも



4つめは「さつまいも」です。


さつまいもは炭水化物なので、ダイエット中は食べるのを避ける方も多いのですが、さつまいもには食物繊維が豊富に含まれており、満腹感が得られやすい上に腹持ちも良いです。


その上、自然由来の甘みもあって満足感も得られるので、ダイエット中の間食におすすめです。


⑤ヨーグルト



5つめは「ヨーグルト」です。


ヨーグルトは高たんぱくでGI値が低く、血糖値が上がりにくい食べ物です。


そして、間食をしながら乳酸菌やカルシウムなども摂取することができるので、ダイエット中の間食におすすめです。


※食べるのであれば無糖タイプがおすすめ


⑥スルメ



6つめは「スルメ」です。


スルメはとても噛みごたえのある食べ物である上に、低カロリーで高たんぱくです。


そして、噛めば噛むほど味が出てきて満足感があるので、ダイエット中の間食におすすめです。


⑦おしゃぶり昆布



7つめは「おしゃぶり昆布」です。


おしゃぶり昆布には、昆布由来の食物繊維やミネラルが豊富に含まれているため、ダイエットだけではなく美容や健康にも良い食べ物です。


そして、スルメと同様に噛めば噛むほど味が出てきて満足感が得られるので、ダイエット中の間食にオススメです。


⑧ポップコーン



8つめは「ポップコーン」です。


意外にもポップコーンは低カロリーで、味付けの薄いものやノンオイルのものを選べば、ダイエット中の間食におすすめの食べ物です。


⑨寒天



9つめは「寒天」です。


寒天は、言わずと知れた超低カロリーの食べ物で、食物繊維も豊富なので腹持ちも良いです。


また、様々なアレンジが効き、飽きずに食べ続けることができるのもポイント


ダイエット中の間食におすすめです。


⑩こんにゃくゼリー



最後にご紹介するのは「こんにゃくゼリー」です。


こんにゃくゼリーは低カロリーで腹持ちも良く、弾力があって食べごたえがあります


その上様々な味のものが売られていておいしく食べることができるので、ダイエット中の間食におすすめです。


ダイエット中に間食を食べる時の注意点





最後に、ダイエット中に間食を食べる時の注意点についてご紹介します。


ダイエット中の間食は、一歩間違えばダイエットを失敗へと導いてしまう恐れがあることでもあるので、以下の注意点を守って食べるようにしてください。



満腹になるまで食べないこと!
寝る3時間前からは食べないこと!
よく噛んで食べること!
200kcal以上は食べないこと!
食間(食事と食事の間)に食べること!




ダイエット中の間食は最適な食べ物を注意して食べるべし!



今回は、ダイエット中の間食におすすめできる食べ物を10個、ダイエット中の間食のメリットや食べ方などの情報とあわせてご紹介させていただきました。


あまり良くないのではと思われがちなダイエット中の間食ですが、最適な食べ物を選んで、食べ方に注意しながら食べれば、様々なメリットを得ることができます


ダイエット中の間食に最適な食べ物を食べつつ、無理のないダイエットを行いましょう


スポンサードリンク