「少しでも安全な食品を選びたい」と思っている方も多いはず。


そのため、より安全な方法で栽培された野菜を選ぶようにしている方も多いのではないでしょうか。


安全な方法で栽培された野菜の1つとしては、「無農薬野菜」が挙げられますが、実は無農薬野菜には「本当は危険」という噂があります。


無農薬野菜は本当に危険なのでしょうか?


また、危険なのだとしたら、食べるべき安全な野菜はどれなのでしょうか


スポンサードリンク



そもそも「無農薬野菜」って何?





無農薬野菜とは、農薬を使用せずに栽培された野菜のことを言います。


一言で言えば、「農薬を使用せずに栽培された野菜」ということにはなるのですが、厳密には「栽培期間中に農薬を使用していない野菜」です。


野菜を栽培している間に農薬を使用しなければ、無農薬野菜ということができます。


ただ、スーパーや産直などで見かける野菜には、「無農薬」という表記はされていません


無農薬という言葉は、農林水産省のガイドラインによって使用することが禁止されており、その代わりに「特別栽培農産物(栽培期間中不使用)」という言葉を使用することができます。


無農薬野菜って本当は危険なの?





ではここからは、「無農薬野菜って本当は危険なの?」という疑問に対して解説していきたいと思います。


「無農薬野菜が危険なのか、それとも安全なのか」と言われると、結論としてはどちらとも言えません


「栽培期間中無農薬である」という部分だけを見れば、「危険なはずがない、安全だ」と言えるかもしれませんが、危険性を指摘する声も確かにあります


危険性を指摘する声がある理由としては、以下のような理由があると考えられています。


野菜の栽培に使用した土壌に農薬が残っている恐れがある



「栽培期間中無農薬」という言葉には裏があります。


栽培期間中無農薬ということは、農薬を使っていないのは栽培期間中だけで、栽培する前の土壌の状態が分かりません


もしかしたら、過去に野菜を栽培する際に使った農薬が残っている土壌で、その野菜を栽培していたかもしれないのです。


だからこそ、「栽培期間中」という言葉が注意書きのような意味で付いてくるわけですが、過去に使用した農薬が残った土壌で栽培されたものである可能性があると考えると、栽培期間中は無農薬でも、100%無農薬とは言い切れません


化学肥料は使用できるから



無農薬野菜は、「農薬を使用していない」というだけで、化学肥料が使用されている可能性があります。


なぜかというと、化学肥料は農薬とは別のものだからです。


そのため、「化学肥料は使用しているが、農薬は使用していない」という野菜も無農薬野菜の枠に入ります。


この「化学」という言葉に、「大丈夫なの?」「安全なの?」という不安を抱く方も多く、そういった意味で危険性を指摘する声があるのだと考えられます。


【※化学肥料とは?】

化学肥料とは、鉱石や空気中の窒素ガスなど、自然界に存在する無機物を原料に化学合成した肥料。
含まれる成分量にむらがなく、水に溶ければ根が吸収できる形になるため、必要量が明確で誰にでも扱いやすいのが特徴です。

長所
•施肥した後すぐに効く(速効性)
•成分量が明確で施肥量の調節が容易
•施肥の労力が掛からない

短所
•過剰施用で濃度障害(肥やけ)を起こしやすい
•土壌改良に役立たない
•化学肥料だけを使っていると、土の中の有機物が減り、土の緩衝力がなくなる

やまむファームより引用


スポンサードリンク



野菜自身が「天然の農薬」を作り出す



天然の農薬とは、正しくは「生体防御タンパク質(感染特異的タンパク質)」と呼ばれているもので、植物が害虫・カビ・病気などのストレスを受けた時に作られます


無農薬野菜は、農薬を使用していないわけですから、その分害虫の被害を受けやすいです


そんな時に、生体防御タンパク質を作り出して、自分自身を守ろうとします


実はこの生体防御タンパク質は、野菜や果物に対するアレルギー症状を引き起こす原因となるタンパク質


つまり、無農薬野菜だとアレルギー症状を起こすリスクが高まってしまうわけです。


あく抜きをすれば取り除くことができるそうですが、この生体防御タンパク質のことがきっかけで、危険性を指摘する声に繋がったのだと思われます。


無農薬野菜を選んでも良いのか?



無農薬野菜に対し、危険性を指摘する声がある理由についてご紹介させていただいたのですが、「無農薬野菜を選んでも良いのか?」と言われれば、選んでも大丈夫と言えます。


栽培期間外に農薬が使用されていた可能性があったり、化学肥料が使われている可能性があったりと、「大丈夫なのかな?」と思ってしまう部分も確かにありますが、「栽培期間中は農薬を使用していない」ということは事実です。


そもそも農薬は、人体に影響を及ぼすものは法律などで物質や使用量が制限されているので、土壌に残っていたとしても、さすがに人体に影響を及ぼす危険な農薬が残っている可能性は低いと思われます。


また、生体防御タンパク質に関しても、あく抜きをすればアレルギー症状を起こすリスクを下げることができるので、あまり気にならないのであれば、無農薬野菜を選んでも問題はないでしょう。


無農薬野菜よりも安全なのは「有機野菜」





当サイトとしては、「無農薬野菜を選んでも問題はない」という結論を出しましたが、無農薬野菜よりも安全な野菜があります。


それは、「有機野菜」というものです。


有機野菜とは、「有機JAS規格」の検査認証を受けた、農薬や化学肥料といった化学物質に頼ることなく栽培された野菜のことを言います。


有機野菜には、

・種まき又は植え付けする2年以上前からほ場(畑)の土に禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
・栽培中も禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
・使用する肥料や農薬は天然物質又は化学的処理を行っていない天然物質に由来するもののみ
・ほ場や施設、用具などに農薬や化学肥料の飛散・混入がないこと
・遺伝子組換えの種を使わないこと
・病害虫を防除するのに農薬に頼らないこと

株式会社味千汐路より引用


といった条件があり、この条件を満たすことで



有機野菜
有機栽培
有機農産物
オーガニック


といった表示することができます。


そして「有機JASマーク」というマークを表示することもできるようになります。


無農薬野菜は、栽培期間外に農薬を使っている土壌で栽培されていて、なおかつ化学肥料を使用している可能性がある一方で、有機野菜は2年以上前から農薬や化学肥料を使用していない土壌で栽培された野菜


確かに有機野菜にも、



使用が認められた化学肥料を基準値の範囲内で使用している可能性がある
有機肥料(動物性肥料)の原料は家畜のフンだが、その家畜は抗生物質を投与して育てられている
害虫の影響を受けやすため、無農薬野菜と同様に生体防御タンパク質を持っている可能性がある


といった、多少のリスクやデメリットはあるものの、無農薬野菜と比べると安全性は高いものと考えることができます。


無農薬野菜は100%安全とは言い切れない…



今回は、無農薬野菜は本当に危険なのか、そして食べるべき安全な野菜はどれなのかということについて解説させていただきました。


結論としては、無農薬野菜には栽培期間外の農薬の使用の可能性や生体防御タンパク質のことがあるため、100%安全とは言いきれませんが、安全性が高いことは事実です。


もし、無農薬野菜に抵抗がある場合は、最後にご紹介させていただいた有機野菜のほうが、無農薬野菜よりは若干安全性が高いので、有機野菜を選ぶことをおすすめします。


スポンサードリンク