「幸せを感じる機会が減っている」という方、結構多いのではないでしょうか。


ストレス社会と言われている以上、幸せを感じる機会が減ってしまっても仕方がないと思う部分はあるのですが、このままだと心の健康を損なうことになってしまいますよね


そんな、幸せを感じる機会が減っているという方に効果的なのが、「オキシトシン」というホルモンです。


どうやら、「オキシトシンの効果で幸せになる」という話があるのだとか。


そこで今回は、オキシトシンの効果で幸せになれるかどうか、そしてオキシトシンで健康的な心を取り戻すポイントについてご紹介します。


スポンサードリンク



「オキシトシン」とは?





「オキシトシン」という言葉自体は聞いたことがあったとしても、正体は一体何なのか、ご存知でない方も多いと思います。


ですからまずは、オキシトシンについて簡単にご紹介したいと思います。


オキシトシンとは、脳下垂体後葉から分泌される、ストレスを緩和して幸福感を感じさせるホルモンのことです。



・愛情ホルモン
・ラブホルモン
・幸せホルモン
・抱擁ホルモン
・抱きしめホルモン
・信頼ホルモン
・絆ホルモン
・思いやりホルモン
・癒しホルモン



などといった別名があります。


陣痛を促す働きや、母乳の分泌を促す働きがあることから、元々は妊娠経験のある女性にのみ分泌されるホルモンと言われてきたのですが、最近の研究では妊娠経験のない女性や男性など、妊娠経験の有無や性別に関係なく分泌されるホルモンであることがわかりました。


オキシトシンの効果



オキシトシンには、以下のような効果があることが分かっています。


【精神面への効果】



不安や緊張を和らげる
安心した気持ちになれる(リラックス)
精神的ストレスを緩和する
睡眠の質を良くする
社交的になれる
相手に親近感を抱くことができる
コミュニケーションを円滑に行うことができる
優しい気持ちで人と接することができる
わが子に対する愛情を深める
記憶力を高める
学習意欲を向上させる
絆を深める
浮気を予防する



【身体面への効果】



体温を上げる
心拍数を抑える
血圧を下げる
食欲を抑える
感染症を予防する
筋力を高める
疲労感を軽減する
持久力を上げる
痛みを和らげる
認知症を予防する
母乳の出を良くする
陣痛を促す
お肌がきれいになる



ざっと挙げただけでも、オキシトシンにはこれだけの効果があります。


心の健康に関わっているだけではなく、体の健康や美容にも大いに関わっている、重要なホルモンであることが見て取れます。


そして、


「社交的になれることで、出会いが増える」
「心拍数を抑えて血圧を下げることで、心肺機能を高めることができる」



といった形で、「1つの効果がさらにまた別の良い効果をもたらす」という、良いことの連鎖反応をもたらしてくれるホルモンでもあります。


今回の記事タイトルである、「オキシトシンの効果で幸せになれる?」という疑問に対する答えは「YES」ということになります。


ちなみに、オキシトシンの「陣痛を促す」という効果は、古くから医療の現場でも活用されており、「陣痛促進剤」や「子宮収縮薬」に含まれていることもあります


また、近年では「自閉症の治療に有効なのではないか」という理由からも注目されており、近い将来自閉症の治療薬として使用される可能性もあります。


オキシトシンの分泌量は食べ物で増やせない!





オキシトシンで健康的な心を取り戻すポイントについてご紹介させていただく前に、知っておいていただきたいことがあります。


それは、「オキシトシンの分泌量は食べ物では増やすことができない」ということです。


人間の体内では、様々なホルモンが分泌されているわけですが、食べ物を通してある特定の栄養素を摂取することで、分泌量を増やすことができるホルモンも結構多いです。


ところがオキシトシンは、「これを食べることで分泌量を増やすことができる」という食べ物(栄養素)がないため、他の方法で分泌量を増やし、健康な心を取り戻す必要があります。


スポンサードリンク



オキシトシンの分泌量を増やして健康的な心を取り戻す3つのポイント





心や体の健康に対する様々な効果があるものの、食べ物を通して分泌量を増やすことができないオキシトシン。


では、どういったことを行えば、オキシトシンの分泌量を増やして健康的な心を取り戻すことができるのでしょうか


オキシトシンの分泌量を増やすポイントを3つご紹介します。


①スキンシップ(ふれあい)を行う



1つめのポイントは、「スキンシップ(ふれあい)を行う」ということです。


例えば、


キスをする
ハグをする(抱き合う・抱きしめる)
頭をなでる・撫でられる
握手をする
手を繋ぐ
性行為をする
赤ちゃんを抱っこする
ペットとふれあう



といった形で、パートナーや自分の子供、友達やペットなどとスキンシップを行うことで、オキシトシンの分泌量を増やすことができます。


また、スキンシップと言えるかどうかは微妙なところですが、



マッサージ
リフレクソロジー
エステ



といった施術を受けることでも、オキシトシンの分泌量を増やすことができます。


ちなみに、苦手な人とのスキンシップではオキシトシンの分泌量を増やすことはできないそうなので、心を許せる相手とのスキンシップがオススメです。


②コミュニケーションを取る



2つめのポイントは、「コミュニケーションを取る」ということです。


例えば、



会話をする
あいさつをする
食事をする
仕事帰りにお酒を飲みに行く
カラオケに行く
プレゼントをする
感謝を伝える
スポーツを楽しむ
恋愛をする



といった形で、家族・友達・職場の同僚・近所の人と積極的にコミュニケーションを取るようにすることで、オキシトシンの分泌量を増やすことができます。


食事・お酒を飲みに行く・カラオケ・スポーツといったことは1人でもできますが、オキシトシンの分泌量を増やす上で重要になるのが「コミュニケーション」ですから、1人で食事を食べてもカラオケをしても、コミュニケーションを取ることはできません。


ですから、オキシトシンの分泌量を増やしたいのであれば、こういった行動を誰かと一緒に楽しむことが大切です。


③五感を刺激して心を動かす



3つめのポイントは、「五感を刺激して心を動かす」ということです。


例えば、



映画やドラマを見る
音楽を聴く
好きな芸能人を見てときめく
おいしいものを食べる
好きな香りを嗅ぐ
自然に触れる
見つめ合う



といった形で五感に刺激を与え、心を動かす行動をすることで、オキシトシンの分泌量を増やすことができます。


この方法であれば、1人でもできるのでより簡単だと思います。


他にもオキシトシンの分泌量を増やすポイントはある!



オキシトシンの分泌量を増やすポイントとしては、他にも以下のようなものがあります



【親切な行動をする】

人を褒める
困っている人を助ける
ボランティアに参加する


【好奇心を持つ】

行ったことのない場所に行く
通ったことのない道を通る
やったことのないスポーツにチャレンジする
作ったことのない料理を作る
着たことのない服を着てみる


など…



こういったこともオキシトシンの分泌量を増やす方法として有効なので、是非試してみてください。


幸福感をもたらすオキシトシンは様々な方法で分泌量を増やすことができる!



オキシトシンの効果で幸せになれるかどうか、そしてオキシトシンで健康的な心を取り戻すポイントについてご紹介させていただきました。


オキシトシンは幸福感をもたらすホルモンで、様々な方法で分泌量を増やすことができます


ご紹介させていただいた通り、どの方法も簡単にできるので、オキシトシンの分泌量を増やすことは比較的容易です。


ということは、健康的な心を取り戻すことも、それほど難しいことではありません


今日からでもできることがたくさんあるので、幸せを感じて健康的な心を取り戻したい方は是非、実践してみてください。


スポンサードリンク