誰もが一度は飲んだことがあるであろう「玄米茶」


嗜好品として玄米茶を飲んでいる方も多いと思うのですが、実は玄米茶には様々な効能や効果があり、中には「ダイエット効果がある」という噂もあるのだとか。


では、玄米茶には本当にダイエット効果があるのでしょうか


玄米茶のダイエット効果や、様々な効能・効果について解説します。


スポンサードリンク



玄米茶とは?





まずは簡単に、玄米茶についてご紹介したいと思います。


玄米茶とは、煎茶や番茶と炒った玄米を、同じくらいの割合でブレンドしたお茶のことです。


玄米が生み出す香ばしい香りと、煎茶や番茶が生み出すさっぱりした味わいの相性が抜群


煎茶や番茶はわりと苦みが強いのですが、玄米茶の場合は苦みが少なく、子供からお年寄りまで飲みやすいです。


玄米が加わることで、玄米に由来する栄養素も摂取することができるので、煎茶や番茶を単独で飲んだ場合と比べて多くの栄養素を摂取することができます


また、玄米茶は番茶や煎茶よりも安く手に入るのも、魅力の1つです。


玄米茶に含まれる成分は?



玄米茶には、以下のような成分が含まれています。


γオリザノール(ガンマオリザノール)



γオリザノールは、米ぬか特有のポリフェノールの1つで、



悪玉コレステロールの値を下げる
生活習慣病を予防する
更年期障害の症状を緩和する
お肌の調子を整える



といった働きがあります。


GABA(ギャバ)



GABAはアミノ酸の1つで、



中性脂肪の値を下げる
悪玉コレステロールの値を下げる
血圧を正常に保つ
生活習慣病を予防する
ストレスを軽減する


といった働きがあります。


ビタミンB群



ビタミンB群は、炭水化物(糖質)・脂質・たんぱく質といった栄養素の代謝をサポートするビタミンです。


どの種類のビタミンBなのか、ということによっても働きは若干変わってくるのですが、


新陳代謝を促進する
基礎代謝を上げる
皮膚や粘膜の健康を維持する
疲労回復を促進する
貧血を予防する



といった働きがあります。


ビタミンC



ビタミンCは、美容に欠かせないビタミンです。



老化を防止する(抗酸化作用)
生活習慣病を予防する
免疫力を強化する
シミやシワなどの肌トラブルを予防する



といった働きがあります。


ビタミンE



ビタミンEは、別名「若返りのビタミン」と呼ばれている、抗酸化作用に優れたビタミンです。



老化を防止する(抗酸化作用)
生活習慣病を予防する
血行を促進する
シミやシワなどの肌トラブルを予防する



といった働きがあります。


カテキン



カテキンはお茶特有のポリフェノールです。



老化を防止する(抗酸化作用)
悪玉コレステロールの値を下げる
生活習慣病を予防する
殺菌作用
感染症を予防する
口臭・体臭を予防する



といった働きがあります。


テアニン



テアニンはアミノ酸の1つで、お茶のうまみ成分でもあります。



脳の興奮を鎮める
集中力を高める
血圧を下げる
月経前症候群の症状を緩和する


といった働きがあります。


玄米茶にダイエット効果はある?





玄米茶に含まれる成分についてご紹介させていただいたところで、玄米茶に噂されている「ダイエット効果」について解説していきたいと思います。


まずは、「玄米茶にダイエット効果があるという噂はウソか本当か」ということですが、この噂は本当です。


「玄米茶を飲めば痩せる」というわけではないのですが、玄米茶にはダイエットに関わる効能や効果があるため、「ダイエットをサポートする飲み物」として食生活に取り入れることで、ダイエット効果を実感することは充分可能なのです。


玄米茶のダイエットに関わる効能・効果



玄米茶を飲むことでダイエット効果が実感できるということは、お分かりいただけたかと思います。


では、玄米茶のどういった効能や効果が、ダイエット効果に繋がっているのでしょうか


基礎代謝を上げる



玄米茶を飲むことで、基礎代謝を上げることができます


皆さんもご存知の通り、基礎代謝はダイエットに大きく関わってくるもので、基礎代謝が低いと脂肪が燃焼されにくくなるため、太りやすく痩せにくい体になってしまいます。


一方で、基礎代謝が高いと脂肪が燃焼されやすくなるため、太りにくく痩せやすい体を作ることができます。


そこで玄米茶を飲むことで、基礎代謝を上げることができるため、脂肪が燃焼されやすい状態へと導くことができます


悪玉コレステロールの値を下げる



玄米茶を飲むことで、悪玉コレステロールの値を下げることができます


ある程度の量の悪玉コレステロールも健康のためには必要なのですが、太っている方は悪玉コレステロールの値を上げる食べ物(太りやすい食べ物)を好み、悪玉コレステロールの値が高い傾向にあります。


そこで玄米茶を飲むことで、悪玉コレステロールの値を下げることができるため、悪玉コレステロールが原因の肥満を予防・改善することができます。


スポンサードリンク



中性脂肪の値を下げる



玄米茶を飲むことで、中性脂肪の値を下げることができます


中性脂肪も悪玉コレステロールと同様、ある程度の量は健康のために必要なのですが、増えすぎてしまうと太ってしまうことがあります。


そこで玄米茶を飲むことで、中性脂肪の値を下げることができるため、中性脂肪が原因の肥満を予防・改善することができます。


便秘を予防・改善する



玄米茶を飲むことで、便秘を予防・解消することができます


便秘の状態だと、腸の中に宿便が溜まってお腹周りがポッコリしてしまいますし、腸内環境が悪化しているため、ダイエットに欠かせない代謝にも大きな影響を及ぼします


そこで玄米茶を飲むことで、腸内環境を整えて便秘を予防・改善することができるため、お腹周りをスッキリさせたり、代謝を上げたりすることができます


※玄米茶はカロリーゼロ!



カロリーの問題も、ダイエットには大きく関わってくるもの。


では、玄米茶のカロリーはどうなのかというと、安心の「0kcal」です。


0kcalということは、糖質や脂質もゼロです。


つまり玄米茶は、食べ物や飲み物のカロリーに気を付けなければならないダイエット中の方でも、「太ったらどうしよう」ということを心配することなく飲むことができるのです


その他の効能や効果



玄米茶には、ダイエットに関わる効能や効果の他にも、抗酸化作用(老化防止・アンチエイジング)や殺菌作用などによってもたらされる、以下のような効能や効果があるとされています。



殺菌作用
高血圧予防
動脈硬化予防
生活習慣病予防
口臭予防
食中毒予防
疲労回復
イライラや興奮を鎮める(リラックス)
集中力アップ
美肌
美白



ダイエットに効果的な玄米茶の飲み方





最後に、玄米茶を飲みながらダイエットに取り組む方へ向けて、ダイエットに効果的な玄米茶の飲み方についてご紹介します。


食事のお供に飲む



玄米茶には、糖質や脂質の吸収を抑制するカテキンが含まれているため、食事のお供に飲むのが効果的です。


食事のお供に飲むことで、食事から摂取する糖質や脂質の吸収を抑制し、脂肪が蓄積されにくい状態へと導くことができます。


糖質や脂質が気になる食事の時だけ良いので、食事のお供に玄米茶を飲んでみてください


食事の前に飲む



玄米茶を食事の前に飲んでおくことで、ある程度お腹の中を満たし、食事の食べ過ぎを防ぐことができます


また、玄米茶に含まれるGABAが脳の興奮を抑えてくれるので、リラックスした状態で食事をすることができ、早食いや食べ過ぎを防ぐことができます。


食べ過ぎてしまいがちな方は、食事の前に玄米茶を飲んでみてください


小腹満たしに飲む



小腹が空いた時におやつを食べるのも良いのですが、ダイエット中だとなるべく摂取カロリーを抑えたいもの。


そんな時は玄米茶を飲みましょう。


玄米茶は0kcalで、カロリーを気にすることなく飲むことができるので、カロリーを抑えた小腹満たしに効果的です。


※アイスよりホットがオススメ!



ダイエット目的で玄米茶を飲むのであれば、アイスよりもホットがオススメです。


ホットの玄米茶を飲むことで体を温めることができるため、ダイエットのカギを握る代謝をアップさせることができるようになります。


玄米茶にはダイエットに関わるいくつかの効能や効果がある!



今回は、玄米茶のダイエット効果や、様々な効能・効果について解説させていただきました。


ご紹介させていただいた通り、玄米茶にはダイエットに関わるいくつかの効能や効果があり、ダイエットのサポートとして玄米茶を取り入れることで、太りにくく痩せやすい体を作ることができます


そして、ダイエットに関わる効能や効果の他にも、健康や美容に関わる効能や効果も期待できるので、積極的に飲みたい飲み物です。


ダイエット中の方はもちろん、玄米茶の恩恵を受けたい方は是非、玄米茶を積極的に飲むようにしてみてください


スポンサードリンク