商品のパッケージに「難消化性デキストリン」という成分の名前が記載されているのを見たことがある方、多いのではないでしょうか。


この難消化性デキストリン、名前からのイメージで「食品添加物?摂取しても大丈夫なの?」不安になってしまう方も多いようです。


こちらのページに辿り着いたということは、あなたも難消化性デキストリンの副作用や安全性が気になっている1人だと思います。


では、難消化性デキストリンには副作用や危険性はあるのでしょうか


難消化性デキストリンについて、詳しく調査してきました。


スポンサードリンク



難消化性デキストリンとは?





「【難消化性デキストリン】という成分名だけは聞いたことがある」という方も多いと思うのですが、具体的にどのような成分なのか、ご存知でない方も少なくないと思います。


ですからまずは、難消化性がどのような成分なのか、簡単にご紹介したいと思います。


難消化性デキストリンとは、その名の通り「消化しにくい性質を持ったデキストリン」のことをいいます。


そもそも「デキストリン」とは、デンプンを酸や酵素(アミラーゼ)を利用して加水分解し、麦芽糖ができるまでの過程で発生する生成物の総称


難消化性デキストリンは、デンプンが加水分解される過程で分解されずに残ったものを取り出し、脱塩・脱色して作られます


ただのデキストリンは「糖質」であるのに対し、難消化性デキストリンは「水溶性食物繊維」です。


自然界に存在する成分ではなく、トウモロコシ由来のデンプンを加工して作られるため、いってしまえば「人工的に作られた食物繊維」になります。


ですが、現代人は食生活の欧米化によって食物繊維を摂取する機会が減っていることを受け、食物繊維が不足しがちな現代人の食生活をサポートする目的で、難消化性デキストリンは作られました


難消化性デキストリンは特定保健用食品の関与成分



難消化性デキストリンは、厚生労働省によって認可されている「特定保健用食品」の関与成分としても利用されています。


整腸効果については「不足しがちな食物繊維を補い、お腹の調子を整えます」や「お腹の調子が気になる方に適しています」等の表示が可能です。また、血糖調節効果については「糖の吸収を穏やかにするので、血糖値の気になる方に適しています」や「血糖値の気になり始めた方の食生活の改善に役立ちます」などの表示についても可能です。この他、血清コレステロール、中性脂肪の低下効果についても特定保健用食品の申請が可能です。

特定非営利活動法人 日本食品機能研究会より引用


難消化性デキストリンを使用している特定保健用食品には、



脂肪の吸収を抑える
食後の糖の吸収を穏やかにする
食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させる
食後の血中中性脂肪の上昇を穏やかにする
食事に含まれる糖分が小腸から吸収される速さを遅らせ、食後の血糖値の急激な上昇を穏やかにする



などといった記載がされています。



【難消化性デキストリンが使用されている主な特定保健用食品】

◎アサヒ
三ツ矢サイダーW
十六茶W

◎サントリー
ペプシスペシャル

◎コカ・コーラ
からだすこやか茶

◎キリン
メッツコーラ
メッツプラス レモンスカッシュ

◎伊藤園
おーいお茶 日本の健康玄米茶

◎ダイドー
大人のカロリミット はとむぎブレンド茶

◎小林製薬
イージーファイバー

◎大塚製薬
賢者の食卓



難消化性デキストリンの働き





難消化性デキストリンには、以下のような働きがあります。



糖の吸収を穏やかにして血糖値の上昇を抑える
脂肪の吸収を抑えて排出を促し、中性脂肪の上昇を抑える
内臓脂肪を減らす
コレステロール値を下げる
腸内環境を整える
ミネラルの吸収を促進する



そして、難消化性デキストリンのこういった働きにより、



肥満の予防(ダイエット)
生活習慣病の予防
便秘の予防・解消



などの効果が期待できるようになります。


スポンサードリンク



難消化性デキストリンの危険性



人工的に作られた食物繊維とはいえ、私たちの健康に大いに役立つ難消化性デキストリンですが、「危険性」についても気になりますよね。


確かに難消化性デキストリンは、一見すると「食品添加物?」と思ってしまうような名前ではあるのですが、難消化性デキストリンは危険な成分ではありません


難消化性デキストリンに関しては、日本では特定保健用食品のトクホ成分として使用することを認めているだけではなく、WHO(世界保健機関)やFDA(アメリカ食品医薬品局)も、「1日の摂取量を制限する必要がない」としているほど、安全性が高い成分であることを認めています


つまり難消化性デキストリンは、安全な成分であることが世界中で認められている成分であるというわけです。


ただ、日本が難消化性デキストリンの原料であるトウモロコシを輸入に頼っている以上、「遺伝子組み換え」のトウモロコシを使用した難消化性デキストリンが出回っている可能性も考えられます。


遺伝子組み換えの危険性は、こちらのサイトで詳しくご紹介しています。


遺伝子組み換えではないトウモロコシを使用した難消化性デキストリンを選ぶのがベストです。


難消化性デキストリンの副作用は?





安全性が高い成分であることが世界的に認められている難消化性デキストリンは、副作用も基本的にはありません


前述した通り、現代人は食物繊維の摂取量が不足しているので、むしろ積極的に摂取しておきたい成分でもあります。


ただ、難消化性デキストリンの過剰摂取は厳禁です。


適度に摂取すれば、前半のほうでご紹介したような良い働きが得られるのですが、難消化性デキストリンを過剰摂取すると、以下のような症状が現れる恐れがあります。


下痢をする



難消化性デキストリンは水溶性の食物繊維なので、便に水分を含ませて柔らかくする働きがあります。


ということは、難消化性デキストリンを過剰摂取してしまうと、便の水分量が増えて便がゆるくなり、下痢をする恐れがあります。


おならが増える



難消化性デキストリンだけではなく、食物繊維全体に言えることなのですが、腸内細菌は食物繊維を分解させる時にガスを発生させます


つまり、食物繊維が腸内にたくさんあると、その分腸内細菌が食物繊維を分解させる時に発生させるガスの量も増えてしまうため、おならが増える恐れがあります。


胃の調子が悪くなる



消化されにくい性質を持っている以上、食べ物を消化する働きを持つ胃にとって、難消化性デキストリンは負担をかける成分でもあります。


難消化性デキストリンを消化しようと頑張ってしまうので、難消化性デキストリンを過剰摂取すると、結果的に胃の調子を悪くしてしまう恐れがあります。


低血糖になる



難消化性デキストリンは、糖の吸収を穏やかにする働きがある成分ですが、過剰摂取するとこの働きが裏目に出て、血糖値が下がり過ぎてしまう恐れがあります。


低血糖になると、空腹感やめまいなどの症状に襲われるので注意してください。


難消化性デキストリンは比較的安全な成分



今回は、「難消化性デキストリンには副作用や危険性はあるのか」ということで、難消化性デキストリンを詳しく調査した結果についてご紹介させていただきました。


結論としては、難消化性デキストリンは人工的に作られた食物繊維でありながらも安全なものであり、副作用や危険性についてもほとんど心配いりません


過剰摂取にさえ気をつければ、難消化性デキストリンは安全に食生活に取り入れることができます


むしろ、食物繊維が不足している自覚がある方には、難消化性デキストリンが配合されている食品や飲み物を積極的に摂取してほしいと思います。


スポンサードリンク