香ばしい香りと味わいが魅力の「ほうじ茶」


好んで飲んでいる方も多いのではないでしょうか。


しかし、「ほうじ茶は妊婦が飲むと害があるのではないか」という噂が一部で囁かれており、「ほうじ茶は妊婦が飲んでも害はないの?」と不安になっている妊婦さんもいるようです


では、ほうじ茶は妊婦が飲んでも害はないのでしょうか?


ほうじ茶の妊婦への害の有無と、妊娠中にオススメできないお茶について解説します。


スポンサードリンク



妊娠中の水分補給にオススメされる「ほうじ茶」





妊娠中というのは、以下のような理由により、妊娠前よりも多くの水分を補給することが求められます



血液の循環が増えるため
血液がサラサラな状態をキープする必要があるため(栄養や酸素をしっかりと届けるため)
汗をかきやすくなるため
便秘になりやすくなるため
つわりで脱水症状になることがあるため



その際に、よくオススメされる飲み物の1つが「ほうじ茶」です。


しかしその一方で、「ほうじ茶は妊婦が飲むと害があるのではないか」という噂もあるため、ほうじ茶を勧められても飲むことをためらっている方も多いようです。


「妊婦がほうじ茶を飲むと害があるのでは」と懸念されている理由



そもそも、「妊婦がほうじ茶を飲むと害があるのではないか」と懸念されているのはなぜなのかというと、ほうじ茶には「カフェイン」が含まれているからです


妊娠中のカフェインがなぜ危険なのかというと、以下のような悪影響を及ぼすことが分かっているからです。


鉄分の吸収を阻害する



母体は胎児にも血液を送っているため、どうしても貧血になりやすいのですが、カフェインには鉄分の吸収を阻害する働きがあります。


つまり、カフェインの働きによって血液の材料となる鉄分が不足するため、ただでさえ貧血になりやすい状況であるにも関わらず、さらに貧血になりやすくなってしまうため、母体・胎児双方に影響を及ぼします。


胎盤への血流が不足する



妊娠初期は胎盤が作られる大事な時期であるため、胎盤へたくさんの血液を送らなければならないのですが、カフェインには胎盤への血流を減らす働きがあります。


その結果として胎盤への血流が不足し、酸素や栄養を充分に届けることができなくなって胎児の発育に影響を及ぼし、流産や早産などを招く恐れがあります。


胎児の体に簡単に摂り込まれてしまう



カフェインは、胎盤を通じて胎児の体に簡単に摂り込まれてしまいます


胎児にカフェインを代謝する機能が備わっていれば良いのですが、まだまだ体の機能が未熟な状態ですから、カフェインを代謝する機能も未熟です。


そのため、胎児の体内に留まったカフェインが、発育スピードや神経系に悪影響を及ぼす恐れがあります。



【カフェインを含む主な飲み物】※ほうじ茶を除く

コーヒー
ココア
カフェオレ
栄養ドリンク
玉露
抹茶
煎茶
烏龍茶
番茶
玄米茶



※「タンニン」にも要注意



ほうじ茶には、妊婦の体に悪影響を及ぼすもう1つの成分が含まれています。


それは「タンニン」です。


タンニンには、カフェインと同様に鉄分の吸収を阻害する働きや、胎児の発育に欠かせない「葉酸」の働きを阻害する働きがあるため、妊娠中はなるべく摂取しないようにしたい成分です。



【タンニンを含む主な飲み物】

コーヒー
玉露
煎茶
抹茶
紅茶
ほうじ茶
番茶
ジャスミン茶
烏龍茶



妊婦はほうじ茶を飲んではいけないわけではない!





「ほうじ茶にはカフェインとタンニンが含まれている」とわかった時点で、「ほうじ茶は妊娠中に飲むべきではない」と解釈してしまった方もいらっしゃるかもしれません。


ですが、「ほうじ茶を飲んではいけない」というわけではありません


それは、1日に安全に摂取できるカフェインの量と、ほうじ茶に含まれるカフェインの量に理由があります。


妊婦が1日に安全に摂取できるカフェインの量は?



実は妊娠中でも、カフェインそのものを摂取することは可能です。


「カフェインは一切摂取してはいけない」と身構える必要はなく、注意すべきなのはカフェインの摂取量なのです。


妊婦が1日に安全に摂取できるカフェインの量は、「世界保健機関(WHO)」が定めているものだと「1日あたり300mgまで」です。


とはいえ、1日に300mgのカフェインを摂取する妊婦と、半分の1日に150mgのカフェインを摂取する妊婦とでは、流産のリスクが倍近く変わってくるそうなので、多くても1日150~200mg程度にとどめておいたほうが良いと思われます。


スポンサードリンク



ほうじ茶に含まれるカフェインの量は?



では、ほうじ茶にはどのくらいの量のカフェインが含まれているのかというと、「100mlあたりで約20mg」です。


もし仮に、500mlのペットボトルに入ったほうじ茶を1日かけて飲み切った場合、1日のカフェインの摂取量は約100mgになります。


約100mgということは、妊婦が1日に安全に摂取できるカフェインの量の範囲内に収まっています


妊婦が1日に安全に摂取できるカフェインの量、そしてほうじ茶に含まれるカフェインの量を考慮すると、ほうじ茶は妊娠中に飲んでもOKなのです。


ちなみに、ほうじ茶に含まれるタンニンの量もあまり多くはないので、そういった意味でもほうじ茶は、妊娠中に飲んでも大丈夫です。


ほうじ茶の飲み過ぎは禁物



とはいえ、ほうじ茶の飲み過ぎは禁物です。


ほうじ茶を飲み過ぎれば、その分カフェインの摂取量も増えていきますから、1日に安全に摂取できるカフェインの量を超えてしまう恐れがあります。


アイスだとゴクゴクと飲めてしまうため、どうしても飲み過ぎに繋がりやすいですし、体を冷やしてしまうので、ホットで飲むことをオススメします。


妊娠中は飲み過ぎNG・オススメできないお茶



妊娠中に飲み過ぎると良くないことが分かったほうじ茶ですが、他にも妊娠中の飲み過ぎがNGのお茶や、妊娠中にオススメできないお茶はいくつかあります。



【妊娠中の飲み過ぎNGのお茶(飲み過ぎなければ飲んでも良い)】

煎茶
紅茶
抹茶
烏龍茶
玄米茶
ハーブティー
ジンジャーティー
たんぽぽコーヒー(ダンデライオンルートティー)
ペパーミントティー
ラズベリーリーフティー(妊娠初期はNG)
ルイボスティー
ローズヒップティー
ネトルティー

etc…



これらのお茶は、飲み過ぎにさえ注意すれば妊娠中でも飲むことができます



【妊娠中にオススメできないお茶(妊娠中は飲まないほうが良い)】


玉露
はと麦茶
ラベンダーティー
カモミールティー
ジャスミン茶
セントジョーンズワートティー
ハイビスカスティー
セージティー

etc…



これらのお茶は、カフェインやタンニンが多く含まれていたり、子宮を収縮する作用があったりするため、妊娠中に飲むのはオススメできません。


妊娠中にオススメできるお茶は?





では逆に、「妊娠中にオススメできるお茶には、どのようなお茶があるのか」ということも知っておきたいですよね。


妊娠中にオススメできるお茶としては、基本的には「カフェインやタンニンが含まれていない、もしくは含有量が少なめのお茶」になります。



麦茶
黒豆茶
杜仲茶
ごぼう茶
コーン茶
「ノンカフェイン」の記述があるお茶

etc…



こういったお茶を飲むようにして、水分不足を防ぎましょう。


ほうじ茶は妊娠中でも飲める



今回は、ほうじ茶の妊婦への害の有無と、妊娠中にオススメできないお茶について解説させていただきました。


ほうじ茶には、妊娠中はなるべく摂取しないようにしたほうがよいカフェインとタンニンが含まれているものの、含有量としてはそれほど多くはありません


そのため、飲み過ぎにさえ気をつければ、ほうじ茶は妊娠中でも飲むことができます


ただ、あわせてご紹介させていただいた、妊娠中にオススメできないお茶に関しては、妊娠中は飲まないように気をつける必要があります。


妊娠中の方や、妊婦さんが周りにいるという方は是非、お茶選びの参考になさってください


スポンサードリンク