スーパー・コンビニ・自動販売機など、様々な場所で目にする機会が多い「爽健美茶」


「爽健美茶を飲んだことがないという方はいないのではないか」と言っても過言ではないほど、誰もが一度は口にしたことがあるお茶なのではないかと思います。


この爽健美茶には、使用されている素材に由来する様々な成分が含まれており、健康に良いお茶として親しまれているのですが、「具体的にはどのような効果があるお茶なのか」という部分が気になるところ。


爽健美茶には、どのような効果があるのでしょうか


爽健美茶に含まれている成分から、健康にどのような良い影響を与えるか、調査した結果についてご紹介します。


スポンサードリンク



爽健美茶とは?





爽健美茶とは、コカ・コーラが取り扱いを行っている、香ばしい味わいが魅力のブレンド茶のことです。


「爽やかに、健やかに、美しく」というコンセプトが名前の由来になっており、今年で販売開始から24年になります(販売開始1993年)


一言に爽健美茶といっても、現在は「爽健美茶」と「爽健美茶 健康素材の麦茶」の2種類の爽健美茶があり、後者のほうは今年2017年の4月に発売が開始されたばかりの新商品であり、機能性表示食品です。


①爽健美茶(スタンダードな爽健美茶)



12種類の自然素材を使用カフェインゼロで子供から大人まで、家族そろって飲むことができます。



【使用されている素材】

ハトムギ
玄米(発芽玄米2%)
大麦
どくだみ
はぶ茶
チコリー
月見草
ナンバンキビ
オオムギ若葉
明日葉
杜仲葉
ヨモギ



【パッケージラインナップ】

280mlペットボトル
300mlペットボトル
525mlペットボトル(自動販売機対応品)
600mlペットボトル
1ℓペットボトル
2ℓペットボトル
160g缶
245g缶
340g缶



②爽健美茶 健康素材の麦茶(機能性表示食品)



体脂肪を減らす機能性関与成分「ローズヒップ由来ティリロサイド」が配合された、機能性表示食品の爽健美茶です。



【使用されている素材】

大麦
玄米
ナンバンキビ
ローズヒップエキス末



【パッケージラインナップ】

600mlペットボトル






今回は、スタンダードな爽健美茶のほうに注目して、健康にどんな良い影響を与えるか調査してみた結果をご紹介したいと思います。


爽健美茶に含まれる自然素材について





爽健美茶には、以下のような12種類の自然素材が含まれています。



【ハトムギ】

イネ科ジュズダマ属に分類される植物のことで、殻を剥いた中身は「ヨクイニン」という名前の漢方薬でもある。

たんぱく質
食物繊維
ビタミンB1
ビタミンB2
鉄分
カルシウム

といった成分が含まれている。



【玄米】

もみ殻のみを取り除いたお米のこと。

たんぱく質
食物繊維
ビタミンB1
ビタミンE
カリウム

といった成分が含まれている。



【大麦】

イネ科に分類される一年草のこと。

脂質
食物繊維(β-グルカン)
ビタミンB1
ビタミンE
カルシウム

といった成分が含まれている。



【どくだみ】


ドクダミ科ドクダミ属に分類される多年草のことで、「十薬(じゅうやく)」という名前の生薬でもある。

イソクエルシトリン
クエルシトリン
デカノイルアセトアルデヒド
鉄分
亜鉛
カリウム

といった成分が含まれている。



【はぶ茶】

マメ科ジャケツイバラ亜科に分類される一年草、「エビスグサ」の種子を使用したお茶のこと。

アントラキノン誘導体
ビタミンA

といった成分が含まれている。



【チコリー】

キク科に分類される多年生野菜のこと。

チコリ酸
食物繊維(イヌリン)
タラキサステロール
タンニン

といった成分が含まれている。



【月見草】

「夕方に咲いて朝にしぼむ」という特徴のある、マツヨイグサ属に分類される全ての植物のこと。

ガンマリノレン酸
リノール酸

といった成分が含まれている。



スポンサードリンク




【なんばんきび(トウモロコシ)】

イネ科に分類される一年生植物のこと。

不飽和脂肪酸
食物繊維(セルロース)
マグネシウム

といった成分が含まれている。



【オオムギ若葉】

イネ科に分類される大麦の若い葉のこと。

SOD酵素
食物繊維
クロロフィル(葉緑素)
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE
カリウム
ナトリウム
フラボノイド

といった成分が含まれている。



【明日葉】

セリ科シシウド属に分類される植物のこと。

食物繊維
β-カロテン
クマリン
フラボノイド(カルコン)

といった成分が含まれている。



【杜仲葉】

トチュウ目トチュウ科に分類される落葉高木のこと。

グッタペルカ
ビタミンC
鉄分
カルシウム
カリウム
マグネシウム
亜鉛

といった成分が含まれている。



【ヨモギ】

キク科ヨモギ属に分類される多年草のこと。

食物繊維
クロロフィル
β-カロテン
ビタミンK

といった成分が含まれている。



爽健美茶の効果は?





ここからは、爽健美茶の効果についてご紹介していきたいと思います。


爽健美茶には、ご紹介させていただいた通り12種類の自然素材が使用されており、それぞれの自然素材がいくつもの成分と、その成分に由来する健康効果を持っています


そのため、それぞれの自然素材が持つ成分と健康効果を照らし合わせより多くの自然素材が持つ効果を「爽健美茶の効果」としてご紹介させていただきます。


①デトックス



爽健美茶には、ハトムギやどくだみなどといった自然素材の成分に由来する「デトックス効果」が期待できます。


自然素材に含まれるカリウムに利尿作用があるため、体から余分な水分や老廃物などを排出することができます。


そして、デトックス効果によって、代謝の改善やむくみの予防・改善にも効果が期待できます。


②便秘の予防・解消



爽健美茶には、玄米・大麦・はぶ茶などといった自然素材の成分に由来する「便秘の予防・解消効果」が期待できます。


食物繊維が腸内で善玉菌を増やすとともに、スムーズな排便を促してくれるので、便秘の予防・解消が可能になるのです。


便秘の悩みが解消されると、お肌の調子も良くなりますよ


③高血圧の予防



爽健美茶には、どくだみやはぶ茶などといった自然素材に由来する「高血圧の予防効果」が期待できます。


カリウムが余分なナトリウム(塩分)の排出を促し、血圧を下げてくれるので、高血圧を予防することができるのです。


④生活習慣病の予防



爽健美茶には、ハトムギ・玄米・月見草などといった自然素材の成分に由来する「生活習慣病の予防効果」が期待できます。


それらの自然素材に含まれる成分には、生活習慣病の発症に関わる



血糖値
血圧
コレステロール値



などといった数値を下げる働きがあり、生活習慣病を発症する前の状態である「高血圧」や「動脈硬化」などの状態を防ぐことができます。


その結果として、生活習慣病の予防が可能になるわけです。


⑤美肌



健康効果とは別なのですが、爽健美茶にはハトムギ・どくだみ・明日葉などといった自然素材に由来する「美肌効果」が期待できます。


こういった自然素材には、美肌作りに欠かせないビタミンB群やβ-カロテンなどの成分が含まれているため、様々な成分がお肌に良い効果を発揮することで、美肌を手に入れることができます。


毎日飲む飲み物を爽健美茶に変えよう!



今回は「爽健美茶の効果」ということで、爽健美茶の効果と健康への良い影響についてご紹介させていただきました。


爽健美茶自体は薬でもなく、特定保健用食品や機能性表示食品でもないのですが、ブレンドされている自然素材に由来する様々な効果が期待できるお茶です。


甘い飲み物を飲む習慣がある方が、飲み物を爽健美茶に変えるだけでも、だいぶ違うのではないかと思います。


香ばしくて飲みやすい上に、カフェインの摂取量が気になる方でも安心して飲めるノンカフェインの爽健美茶、オススメです。


スポンサードリンク