「赤ワインが好き」という方も多いはず。


フルーティーな味や香りが魅力的ですし、鮮やかな色も芸術的で良いですよね。


さて、この赤ワインについては、ネット上で「効果がヤバい」という噂が囁かれているのだとか。


この類いの噂、聞いたことがある方も多いはずです。


では、「赤ワインの効果がヤバい」という噂は本当なのでしょうか。


赤ワインの効果や効能を、「赤ワインの健康へのメリット」としてご紹介したいと思います。


スポンサードリンク



赤ワインとは?





赤ワインとは、黒色のブドウを使って作られるワインのことです。


赤ワインが、紫やボルドーの濃くて鮮やかな色をしていることからわかる通り、赤ワインはブドウを皮ごと発酵して作ります


熟成時間が短い赤ワインは酸味が強いのですが、長期熟成された赤ワインは酸味が少なく、まろやかな味わいになります。


ちなみに、よく赤ワインと比較されている「白ワイン」は、途中までは赤ワインと同じ製造工程で作られるのですが、発酵する前にブドウの皮や種を除去してしまうため、赤ワインのような深みのある色が付かないのです。


赤ワインの効果のカギを握るのは「ポリフェノール」!



赤ワインには、「ポリフェノール」が豊富に含まれています。


このポリフェノールこそ、赤ワインが持つ様々な健康効果のカギを握る成分なのです。


※ポリフェノールとは?


ポリフェノールとは、植物の苦味、渋味、色素の成分となっている化合物の総称で、自然界に5000種類以上存在している栄養素です。植物の葉や茎、実などに含まれており、ポリフェノールには、植物に対して細胞の生成、活性化、分裂を助け、外部からの有害物を無毒化するなどの働きがあるので、植物自体を守るのにも必要な成分です。ビルベリーや緑茶など色が濃い、または渋味が強いものに豊富で、お茶に含まれる”カテキン”やそばの”ルチン”大豆の”イソフラボン”などもポリフェノールの一種になります。

株式会社TCNより引用


主なポリフェノールの種類としては、



アントシアニン(ブルーベリー・ビルベリー・カシス)
レスベラトロール(ブドウ・サンタベリー)
イソフラボン(大豆)
リグナン(ゴマ)
ヘスペリジン(青ミカンの皮やすじ)
クルクミン(ウコン)
カテキン(緑茶・紅茶)
タンニン(緑茶・紅茶)
ルチン(そば)

※カッコ内はそれぞれのポリフェノールを多く含む食品例



といったものが挙げられます。


ちなみに、赤ワインに含まれるのは、以下のようなポリフェノールになります。



アントシアニン
レスベラトロール
カテキン
タンニン



スポンサードリンク



ポリフェノールの働き



ポリフェノールには、体の酸化(錆びつき)を防ぐ働き(抗酸化作用)があります。


ポリフェノールの一番の魅力は、この働きにあると言っても過言ではありません。


体を錆びつかせる原因となるのは、「活性酸素」という物質です。


活性酸素は人間の体の中に存在する、強い酸化力を持った物質で、ウイルスや細菌が外部から侵入してきた際に、体を守る働きをしています。


ところが、



ストレス
紫外線
喫煙
飲酒
食品添加物
過度な運動
大気汚染



といった要因が重なると、さらに活性酸素の量は増えます


体内で活性酸素が増えすぎてしまうと、増えすぎた活性酸素によって細胞の酸化や過酸化脂質が発生し、これが老化や生活習慣病を引き起こす原因となってしまうのです。


ポリフェノールには、この活性酸素を除去して体の錆びつきを防ぐ働きがあるため、ポリフェノールを豊富に含む赤ワインが注目されているわけです。


その上赤ワインに含まれるポリフェノールは、「ほぼ100%体内に吸収される」といわれているほど、高い吸収率を誇っています


ポリフェノールを含む食べ物や飲み物は他にもあるのですが、赤ワインほどの吸収率はなく、赤ワインの半分以下にまで下がってしまうので、赤ワインを飲んでポリフェノールを摂取したほうが、より高い効果が期待できると言っても良いでしょう。


もちろんポリフェノール以外の成分も含まれている!





ブドウを丸ごと使って作られる赤ワインには、もちろんポリフェノール以外の成分も含まれています。



ビタミンB2
ビタミンB6
ナイアシン
パントテン酸
ビオチン
カリウム
カルシウム
マグネシウム
ナトリウム
リン
鉄分
モリブデン
クロム




赤ワインの主な健康へのメリット





赤ワインについて知っていただいたところで、赤ワインの健康へのメリットということで、赤ワインを飲むことで期待できる効果・効能についてご紹介したいと思います。


生活習慣病を予防することができる



まず1つめは、「生活習慣病を予防することができる」というメリットです。


赤ワインには、



抗酸化作用
利尿作用(血圧を安定させる)
血糖値を安定させる
悪玉コレステロール値を下げる
中性脂肪を減らす
血液をサラサラにする



などといった効果・効能があります。


こういった効果・効能によって、高血圧・動脈硬化・高血糖などの、生活習慣病の一歩手前の状態を予防・改善することができるため、結果的に生活習慣病の予防ができるようになるのです。


脳の老化を予防することができる



2つめは、「脳の老化を予防することができる」というメリットです。


赤ワインに含まれるポリフェノールは、脳の細胞の酸化を防ぐと共に、脳への血流を増やす働きをするため、脳の老化予防に効果的です。


脳の老化が予防できることによって、認知症やアルツハイマー病などの脳の病気を防ぐこともできるようになります。


目の健康維持に効果が期待できる



3つめは、「目の健康維持に効果が期待できる」というメリットです。


赤ワインに含まれるポリフェノールの1つであるアントシアニンは、皆さんもご存知の通り目の健康維持に効果を発揮してくれる成分です。


アントシアニンには、目の網膜にある「ロドプシン」というたんぱく質の再合成を促進する働きがあり、この働きによって疲れ目を予防・改善したり、白内障などの目の病気を予防したりすることができます


美容へのメリットもある!



今回は赤ワインの健康へのメリットにスポットを当ててご紹介させていただきましたが、赤ワインには美容へのメリットがあることも忘れてはいけません


赤ワインに含まれるポリフェノールには、何度もお話ししている通り抗酸化作用があるわけですが、抗酸化作用によって


シミ
シワ
くすみ



などのお肌の老化を防ぐこともできます。


そのため、赤ワインは「美肌効果がある」とも言われている飲み物でもあります。


赤ワインの飲み方



健康へのメリットを期待するのであれば、赤ワインの飲み方にも気を付けておきたいところ。


赤ワインはアルコール度数が12~14度と高いので、飲み過ぎは禁物です。


1日あたり150~250ml(ワイングラスで1~2杯分)を目安に飲むようにしましょう。


また、健康へのメリットを期待するのであれば、「気が向いた時に赤ワインを飲む」というのではなく、毎日飲むようにしたほうが、より赤ワインの健康へのメリットが得られやすくなります


赤ワインにはポリフェノール由来の効果がある!



赤ワインの効果や効能を、「赤ワインの健康へのメリット」としてご紹介させていただきました。


赤ワインには、ポリフェノールをはじめとする有効成分に由来する、生活習慣病の予防・脳の老化の予防・目の健康維持といったメリットがあります。


アルコールである以上、「むしろ体にあんまり良くないのではないか」というイメージがあった方もいるかもしれませんが、そのようなことはないのです。


飲み過ぎはNGですが、適量の赤ワインを毎日継続して飲み続けることで、ご紹介させていただいたようなメリットが得られるようになるので、赤ワインのメリットが気になる方は、赤ワインを飲むようにしてみてください。


スポンサードリンク