「次は女の子を生みたい」という方を中心に注目されている「ピンクゼリー」


このピンクゼリー、噂では実際に購入した方から高く評価されており、口コミでの評判も良いのだそうです。


ピンクゼリーの評判が抜群にいい理由は、ピンクゼリーのどういった点にあるのでしょうか?


ピンクゼリーの評判が抜群にいい理由について、ピンクゼリーを実際に購入した方の感想からわかったことをまとめてみました。


スポンサードリンク



「ピンクゼリー」とは?





ピンクゼリーとは、「ジュンビー株式会社」というベビ待ちサポート専門会社が取り扱いを行っている、女の子を授かりたい方向けの産み分けゼリーのことです。


女の子を授かりたい場合に必要なのが、「膣内を酸性寄りの環境にする」ということ。


性別を決める性染色体は2本あり、この2本の組み合わせを「XX(共にXの染色体を持った卵子と精子)」にすることで、女の子を授かることができるのですが、女の子になるX精子には「酸性に強く、アルカリ性に弱い」という性質があります。


ピンクゼリーは、膣内に注入することで膣内を酸性寄りの環境にし、女の子になるX精子が卵子と受精しやすい状態を作り出すことができます


ピンクゼリーの評判が抜群にいい理由





では早速、ピンクゼリーの評判が抜群にいい理由についてご紹介していきたいと思います。


①産婦人科医との共同開発商品だから



まず1つめの理由は、「産婦人科医との共同開発商品だから」という理由です。


ピンクゼリーは、ジュンビー株式会社と産婦人科医の共同開発によって生まれた産み分けゼリーです。


医療的観点に基づいた成分・素材・形状になっているので、安心して使用することができます。


「万が一口に入ってしまっても問題はない」とされているほどです。


そのため、ピンクゼリーを実際に購入した方々から高く評価されていますし、「産婦人科医との共同開発商品である」ということに魅力を感じて、ピンクゼリーの購入を決めた方も多いです


産婦人科医が開発に携わっているのといないのとでは、安心感が全く違いますよね


②管理医療機器認証商品だから



2つめの理由は、「管理医療機器認証商品だから」という理由です。


他のメーカーの産み分けゼリーは、「雑貨」としての扱いで売られていることが多いのですが、ピンクゼリーは厚生労働省指定の第三者機関の審査・承認を得た「管理医療機器認証商品」です。


雑貨としての産み分けゼリーは、本来であれば体内に使用することはできません。


ですが、管理医療機器認証商品であるピンクゼリーは、体内にも安心して使用することができるので、この点を高く評価している方が多いです。


※管理医療機器とは?

副作用や機器の機能に障害が生じた場合に生命や健康に影響を与えるおそれがあるため、適切な管理が必要な医療機器で、高度管理医療機器以外のもの。薬事法に基づく医療機器のクラス分類でクラスⅡに分類される。MRI・心電図モニター・電子式血圧計・補聴器など。

コトバンク 管理医療機器より引用


③独自開発の容器で安心できるから



3つめの理由は、「独自開発の容器で安心できるから」という理由です。


ピンクゼリーは、アプリケータータイプのタンポンのような形状のシリンジを膣内に入れてから、ジェルを注入する仕組みになっています。


膣内に挿入するとなると、抵抗を感じてしまう方も多いのですが、ピンクゼリーはそういった使用時の抵抗をやわらげると共に、快適に使用することができるような形状の独自開発の容器を使用


この独自開発の容器は、日本やアメリカで特許も取得しています


「違和感なく使える」
「スムーズに挿入できる」



といった理由から、実際に購入して使ってみた方から高く評価されています


スポンサードリンク



④使い方が簡単だから



4つめの理由は、「使い方が簡単だから」という理由です。


従来の産み分けゼリーは、「ジェルを湯せんで溶かして、1回分の量をシリンジに入れて膣内に注入する」という、使用時に手間がかかるものでした。


ピンクゼリーは、1本に1回分の量のジェルが入っていて、それを膣内に注入するだけで良いので、使い方がとても簡単です。


「こんなに簡単なら、もっと早く使えばよかった」
「使いたい時にすぐ使えるから良い」



などといった理由から、高く評価されています。


⑤シリンジを使い回しする必要がないから



5つめの理由は、「シリンジを使い回しする必要がないから」という理由です。


先ほどもお話しした従来の産み分けゼリーには、「同じシリンジを何度も使用する」という、衛生面でのデメリットがありました。


しかし、ピンクゼリーは1本に1回分の容量が入っている使い切りタイプなので、シリンジを使い回しする必要がありません


そのため、「産み分けゼリーを使いたいけど、シリンジの使い回しはイヤ」という方も安心して使用することができ、高く評価される理由になっています。


⑥コストパフォーマンスが良いから



6つめの理由は、「コストパフォーマンスが良いから」という理由です。


ピンクゼリーは、1箱10本入りで通常価格14,800円(税込15,984円)です。


他の産み分けゼリーは、1箱あたりの価格はピンクゼリーよりも若干安いものの、1箱に7本しか入っていないので、ピンクゼリーと比べるとコストパフォーマンスに劣ります


「他の産み分けゼリーと比較してコストパフォーマンスに優れている」という点で、ピンクゼリーの購入を決める方も多いようです。


ピンクゼリーの購入方法





先ほど、ピンクゼリーのコストパフォーマンスの話が出てきましたので、ピンクゼリーの購入方法についてご紹介します。


ピンクゼリーの購入方法としては、


1箱のみの購入
2箱セットでの購入
3箱セットでの購入



の3つの購入方法があります。


2箱以上購入すると「葉酸サプリ」の特典や、送料・代引き手数料が無料になる特典がついてきます。


◎1箱のみの単品購入




【内容量】1箱10本入り
【価格】14,800円(税込15,984円)
【1本あたりの価格】1,480円
【送料】クレジットカード決済・代金引換共に648円(税込)
【代引き手数料】324円(税込)



◎2箱セットでの購入(1番人気の購入方法)




【内容量】2箱20本入り
【価格】26,600円(税込28,728円)※定価29,600円の3,000円OFF
【1箱あたりの価格】13,300円
【1本あたりの価格】1,330円
【送料】無料
【代引き手数料】無料
【特典】葉酸サプリ1袋(定価4,890円相当)



◎3箱セットでの購入(1番お得な購入方法)




【内容量】3箱30本入り
【価格】38,400円(税込41,472円)※定価44,400円の6,000円OFF
【1箱あたりの価格】12,800円
【1本あたりの価格】1,280円
【送料】無料
【代引き手数料】無料
【特典】葉酸サプリ2袋(定価9,780円相当)



※葉酸サプリについての詳細は、こちらをご覧ください。


ピンクゼリーは評判が抜群にいい産み分けゼリー!



今回は、ピンクゼリーの評判が抜群にいい理由についてご紹介させていただきました。


ピンクゼリーは、「産婦人科医との共同開発商品だから」「管理医療機器認証商品だから」などといった理由で高く評価されています。


そして、今までに「ピンクゼリーを使用して問題が発生した」という口コミもない産み分けゼリーなので、安心して使用することができます


様々なメーカーが同様の産み分けゼリーの取り扱いを行っていますが、ピンクゼリーが一番品質にこだわっていて、コストパフォーマンスも良いので、女の子を授かりたいと考えている方は是非、ピンクゼリーの購入を検討してみてください。


スポンサードリンク