赤ちゃんの産み分けをサポートするアイテムとして、使用する方が増えている「産み分けゼリー」


ジュンビー株式会社の「ピンクゼリー」をはじめ、いくつかのメーカーが産み分けゼリーの取り扱いを行っていますが、産み分けゼリーを使用する前にあらかじめ知っておく必要があるのが、「性別が決まるメカニズム」です。


そこで今回は、有名な産み分けゼリーであるピンクゼリーの効果と、産み分けを成功させるために知っておきたい「性別が決まるメカニズム」についてご紹介します。


性別が決まるメカニズム





皆さんは、性別が決まるメカニズムをご存知でしょうか?


性別が決まるメカニズムを理解しておくことで、女の子を授かる可能性を高めることができるので、まずは性別が決まるメカニズムからご紹介します。


我々人間は、全部で46本の染色体を持っています。


そのうちの2本が性染色体、つまり性別を決める染色体です。


「XX」⇒女の子
「XY」⇒男の子



精子には、Xの染色体を持った「X精子」とYの染色体を持った「Y精子」があり、それぞれの精子に以下のような特徴があります。



【X精子の特徴(女の子)】

酸性に強く、アルカリ性に弱い
寿命は2~3日
数が少ない
泳ぐスピード(動き)が遅い
若干重い




【Y精子の特徴(男の子)】

アルカリ性に強く、酸性に弱い
寿命は1日
数が多い
泳ぐスピード(動き)が速い
若干重い



卵子の染色体は、最初から「X」と決まっています。


そのため、性染色体を「XX」にして女の子を授かるためには、卵子とX精子が受精するようにコントロールする必要があるのです。


この、Xの染色体を持った卵子と精子が受精できるようにコントロールする方法の1つとして取り入れることをオススメしたいのが、今回ご紹介させていただく「ピンクゼリー」というものです。


「ピンクゼリー」とは?



ピンクゼリーとは、ジュンビー株式会社が取り扱いを行っている産み分けゼリーのことです。


性交前に膣内に注入することで、膣内を女の子を授かりやすい環境にしてくれます


体内にも安心して使用できる「【管理医療機器】認証商品」であり、膣内にジェルを注入する時に使用する容器も特許取得の使いやすい容器、そして成分も安全性の高いものだけを使用しているため、女の子を授かりたいと考えている方が安心かつ気軽に使用できます


ピンクゼリーの効果は「膣内を酸性に傾ける」





ピンクゼリーの効果は、「膣内を酸性に傾ける」というもの。


特集するほどの効果ではないかもしれませんが、



【主成分】精製水
【保湿力アップ】グリセリン・ヒアルロン酸ナトリウム
【粘性アップ】ヒドロキシエチルセルロース
【膣内環境ケア】乳酸
【pH値調整】クエン酸ナトリウム
【品質安定】パラオキシ安息香酸メチル・エデト酸二ナトリウム



といった成分の働きにより、Y精子は弱いもののX精子は負けない「酸性寄りの環境」に膣内を傾けてX精子が卵子と受精するようにコントロールすることができます


また、ピンクゼリーは「潤滑ゼリー」としての役割も担っています。


そのため、「濡れにくい」「痛みを感じる」などといった性交時の悩みを解消する効果も期待できます。


スポンサードリンク



女の子を授かるためのポイント





ピンクゼリーを使用することと合わせて、女の子を授かるためにはいくつかのポイントや注意点をおさえておく必要があります。


【女性】妊娠しやすい体作りをする



「女の子を授かりたい」ということ以前に、まずは先に「妊娠しやすい体作りをする」ということが必要になってきます。



栄養バランスを考えた食事を取る
体を冷やさない
ストレスを溜めない
適正体重に近づける(痩せている方)
質の良い睡眠を取る
適度に運動をする
タバコをやめる(喫煙者の方)
アルコールを控える



といったことに注意した生活を送ることで、ホルモンバランスが整って妊娠しやすい体を作ることができます。


特に体の冷えは、「卵子の質」や「スムーズな排卵」にも大きく影響するので、こういった生活を送ることで、質の良い卵子を作ることや、スムーズな排卵を促すことも可能になります。


【女性】排卵日を特定する



こちらも、女の子を授かりたいということ以前にやっておきたいことなのですが、妊娠するためには「排卵日の特定」が欠かせません


例えば、


基礎体温を付ける
排卵検査薬を使用する



といった形で排卵日を特定することで、女の子を授かりやすい日に性交することができるようになります。


ですから、普段から基礎体温を付けたり、排卵検査薬を使用したりして、性交のタイミングを狙いましょう


今は、基礎体温を付けたり、排卵日や生理日を予測できる便利なアプリがあるので、そういったアプリを利用するのもオススメです。


iPhoneのアプリだと、以下のようなアプリがあります。



ルナルナ
ラルーン
Eggy
コウノトリ
セレネカレンダー
リズム手帳



【男性】質の良い精子を作る



妊娠できるかどうかは「女性だけに関わってくること」ではなく、男性にも大きく関わってくる問題です。


そのため、男性は男性で、パートナーが妊娠できるように質の良い精子を作るようにする必要があります。


質の良い精子を作るためには、

● 喫煙と飲酒を控える
● 精巣を温め過ぎないように、下着に気をつける
● 良質な睡眠と規則正しい生活
● 膝上でノートパソコンを使いすぎない
● 野菜やキノコ類を摂取する
● 劣化した精子を2〜3日おきに出しておく

こそだてハックより引用


といったことに気を付けましょう。


排卵日の2日前に性交する



排卵日当日は膣内がアルカリ性に傾いてしまうため、Y精子のほうが有利になってしまいます。


一方で、排卵日2日前であれば、排卵まで待つ必要があるため、寿命が長いX精子が有利です。


また、膣内も酸性に傾いているという点でもX精子が有利なので、女の子が欲しい場合は排卵日の2日前に性交するようにしましょう。


精液を薄めておく



Y精子の数は、X精子の約2倍です。


精子の量が多い濃い精液だと、その分Y精子の数が増えてしまうため、数が少ないX精子は不利になります。


ですから、2〜3日に一度は性交や自慰行為で射精をし、性交当日には薄い精液を膣内射精できるようにコントロールしてもらいましょう。


オーガズムに達するのを避ける



オーガズムに達すると、分泌液の影響で膣内がアルカリ性に傾いてしまい、X精子は不利になります。


X精子を有利にするためには、刺激の少ないあっさりとした性交を行うようにして、オーガズムに達するのを避けましょう


その後の性交は最低1週間避妊する



膣内は、排卵日当日に向けてアルカリ性に傾いていきます


そのため、もし仮に「排卵日2日前と排卵日当日に性交した」とすると、排卵日当日に膣内に飛び込んできたアルカリ性に強いY精子が、卵子と受精してしまう可能性が高まってしまいます


ですから、排卵日2日前の性交で膣内射精をした場合は、最低でも1週間程度は避妊をし、新たな精子との受精を防ぎましょう。


女の子の産み分けにはピンクゼリーを取り入れるのがオススメ!



今回は、ピンクゼリーの効果や産み分けを成功させるために知っておきたい「性別が決まるメカニズム」について、女の子を授かるためにすべきこともあわせてご紹介させていただきました。


女の子を授かるためには、最初からXの染色体を持った卵子とX精子が受精するようにコントロールする必要があり、その手段の1つとして、膣内を酸性寄りの環境にしてくれるピンクゼリーを取り入れるのがオススメです。


1箱10本入りで14,800円(税別)2~3箱分をセットで購入すると葉酸のサプリメントもついてくるので、産み分けゼリーの購入を考えている方にはピンクゼリーをオススメします


スポンサードリンク