名前を聞いてもピンとくる方って少ないかもしれませんが、ダイエットや美容に興味のある方は
ご存知の方も多いと思います。


チアシードとは、主にメキシコ南米地域が原産地で、果実の種です。
どんな種でしょう?


胡麻よりも少し小さい粒で、色は黒や白に混合されています。
大きさは、1mm程です。イメージつきましたでしょうか?


チアシードって何?っていう内容になるのですが、現在日本で注目されているスーパーフードです。


大変身体に良いということで、呼ばれているわけですが、他にもトマトや生姜などもスーパーフードと
呼ばれています。


チアシードは、美容や健康に良いということで広まっています。
なんといっても、ダイエット効果があるということなんです。
たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含みます。

チアシードの特徴


チアシードは、大量の水を吸収するということです。

水分を吸うと種の周りがゼリー状の物質ができます。
膨張率は約10倍といわれ、
時間を置くことにより分量が増えるので、
食べ過ぎを抑えることができるというわけです。


そのままの状態では味はしないので、色々な食べ物に混ぜて頂くことができます。
栄養価が高く、体全体の健康に役立つということです。

チアシードには、現代人に不足しているオメガ3、オメガ6が含まれています。(不飽和脂肪酸)
オメガ3は油のことで、体脂肪を落としやすくする働きがあります。


オメガ6はコレステロールを低下させるリノール酸や、
生活習慣病の予防に効果があるリノレン酸が含まれています。

オメガ3系の油は、1日に男性は約2、1~2、4g、女性は約1,8~2,1gとることを推奨しています。
(厚生労働省)
 
スポンサードリンク


チアシードの効果

チアシードの機能性ですが、ダイエットはもちろんのこと、生活習慣病の予防や、栄養補給作用や
整腸作用、集中力の向上、抗炎症作用といったことがあげられます。


食物繊維に注目していただきたいのですが、玄米の約8倍の量にあたるそうです。
効果としては、満腹感の維持、便秘解消、血糖値の変化を安定させるといった役割があります。
チアシードは栄養素が豊富な分、カロリーも高いです。


1日の摂取量はスプーンで大さじ1程度です。

まとめ

チアシードは、美容や健康に良く栄養素も豊富だということがわかりましたね。
チアシードは、これからも大注目されること間違いないと思います。
飲み物に混ぜるのも良し!料理に使うのも良し!好きなようにアレンジがききますので、美味しく摂取
することができますよ。
栄養が偏ってるかもと感じた方や興味のお持ちになった方は、是非チアシードを試してみてくださいね。

 
スポンサードリンク