あのレディーガガやマドンナが実践して成功したダイエット法の
ベビーフードダイエットが注目を浴びています。

たしかに、赤ちゃんが食べれるものだから健康に害はなさそうに見えるけど、、、
実際のところどうなんだろう?と疑問に思っている方も多いと思います。

その方法、効果、そして注意点を
ご紹介していきます!

スポンサードリンク


ベビーフードダイエットの方法は?

ベビーフード


ベビーダイエットの方法

朝・・・ベビーフード
昼・・・ベビーフード
夜・・・量少なめの普通食(野菜中心)

間食・・・ベビーフード

ベビーフードは一日14瓶分

というのがベビーフードダイエットです。

間食のベビーフードはジュレタイプのフルーツのベビーフードもOKです。


ベビーフードダイエットのメリットは?


ベビーフードダイエットのメリットとして、

・カロリーを抑制し
・ポーションコントロールができる
・塩分控えめ
・カロリー控えめ
・流動食の為、消化器に負担をかけない
・リバウンドの心配が少ない
・栄養バランスがいい

などがあげられます。

たしかに、赤ちゃんの食べものなので、
お腹に優しくたべやすいですよね。

スポンサードリンク

ベビーフードダイエットのデメリット


ベビーフードダイエットのデメリットは、

・味が薄い
・流動食のため物足りない
・ベビーフードだけでは補えない栄養がある
・食費がかかる

ベビーフードは、一食100円ほどかかるので、
一日14食分だと1400円ほどかかってしまいます。
なので毎日継続させると、かなりお金がかかってしまいます。

ベビーフードだけでは栄養をしっかりととれません
赤ちゃんに合わせた必要栄養量なので、
どうしても大人には足りない栄養素が出てきます。

それは食物繊維や脂質などです。
なので、夜の普通食のときにしっかりと摂取できるよう
気を付ける必要がありますね。


ママさんタレントもしている?


日本のママさんタレントも産後なのにスタイルがいいのは
ベビーフードダイエットをしているからだ!
と話題にもなっていますが、
それが事実なのかはまだわからないようです。


ダイエットワースト5


2012年にアメリカで行われた、英国栄養士会の方々による
「新年に行うべきでないセレブ流ダイエットワースト5」の
5位にベビーフードダイエットがランクインしてしまいました。

やはり栄養素が充分に摂れないことが原因のようです。

ベビーフードダイエットを行う際は、
夜の普通食のときに一日の栄養バランスを考え、
食べるようにすることがとても大事ですね。



食事制限のダイエットにはメリットだけではなく、デメリットもつきものです。
体を壊さないよう、健康的に痩せるために、
無理せず栄養をしっかりとりながら、焦らずに徐々に痩せていきましょう!
スポンサードリンク