風邪の引きはじめや筋肉痛などに効く「葛根湯(かっこんとう)」


葛根湯を含む「漢方薬」は、

副作用が少ない

体への負担が少ない

妊娠・授乳中でも服用できるものが多い


などの特徴があり、服用しやすいと感じて利用している方が多いと思います。


「ドラッグストアでも簡単に手に入る」というのも特徴ですね。


そんな服用しやすい葛根湯ですが、他の薬と合わせて飲むと危険な可能性もあることをご存知でしょうか?


そこで今回は、葛根湯で危険な目に遭わないために、安全に葛根湯を飲むための飲み合わせについてご紹介します。


スポンサードリンク



葛根湯とは?



漢方薬


風邪が流行る冬の時期を中心に、テレビCMなどでよく聞く「葛根湯」という薬の名前ですが、「そもそも葛根湯って何だろう」と疑問に感じている方も少なくないと思います。


葛根湯とは、7つの生薬を配合した、自然由来の薬効で体の不調を改善する漢方薬のことを言います。


葛根湯は7つの生薬を配合



葛根湯に配合されているのは、次の7つの生薬です。



【葛根(カッコン)】発汗・解熱・鎮痛
【麻黄(マオウ)】発汗・気管支を広げる・脈や血圧を下げる
【桂皮(ケイヒ)】発汗・解熱・鎮痛
【芍薬(シャクヤク)】鎮痛・止血・炎症を鎮める
【生姜(ショウキョウ)】発汗・体を温める・咳や吐き気を鎮める
【大棗(タイソウ)】消炎・喉痛や咳の改善・消化調整
【甘草(カンゾウ)】消炎・アレルギー緩和・消化調整


これら7つの生薬がそれぞれの薬効を発揮するので、葛根湯は体の様々な不調に幅広く用いることができるわけです。


葛根湯の効果



葛根湯の効果は次の通りです。



・風邪の引きはじめの症状(寒気・発熱・筋肉痛)
・鼻炎
・頭痛
・肩こり
・神経痛
・筋肉痛
・蓄膿症
・扁桃腺炎
・リンパ腺炎
・乳腺炎
・結膜炎
・角膜炎
・中耳炎
・じんましん




薬の飲み合わせとは?



葛根湯について簡単に知っていただいたところで、ここからは葛根湯の飲み合わせについてお話しさせていただきます。


そもそも「薬の飲み合わせ」というのは、複数の薬を同時に服用することを言います。


今回は「葛根湯」がテーマになっているので、「葛根湯を他の薬を一緒に服用する」ということになりますね。


間違った飲み合わせをするとどうなる?



間違った飲み合わせをする、つまり「飲み合わせが悪い」と、



・体調を崩す
・薬の効き目が悪くなる


といったことが起こります。


それは薬同士が反応して強い作用が出てしまい、薬が効きにくくなってしまうからです。


似た成分同士でも、効き目が強すぎて内臓障害を引き起こしてしまう危険性もあります。


最悪の場合は、薬の飲み合わせによって命に関わるような事態が引き起こされることもあります。


このような、飲み合わせで生じる作用を「相互作用」といいます。



葛根湯の相互作用で気を付ける成分



危険


葛根湯と他の薬を一緒に服用する場合、注意しなければならない成分があります。


それは、葛根湯に含まれる「麻黄」と「甘草」です。


注意しなければならない理由~麻黄~



麻黄にはエフェドリンという成分が含まれており、



・発汗を促す
・気管支を広げて咳を止める
・脈や血圧を下げる
・交感神経系に刺激を与える



などといった効果を発揮します。


ただ、葛根湯と同じようにエフェドリンを含む薬を一緒に飲んでしまうと、エフェドリンの摂取過多となり、交感神経に過剰な刺激を与えてしまいます。


そのため、


・頭痛
・不眠
・頻脈
・動悸
・全身脱力感
・吐き気
・血圧上昇
・イライラ
・興奮



などといった症状が現れる可能性があります。


注意しなければならない理由~甘草~



甘草にはグリチルリチンという成分が含まれており、



・咳や喉の痛み(炎症)を改善する
・アレルギー症状を緩和する
・消化を調整する


などといった効果を発揮します。


ただ、葛根湯と同じようにグリチルリチンを含む薬を一緒に飲んでしまうと、グリチルリチンの摂取過多になります。

 
グリチルリチンの摂取過多は、「偽アルドステロン症」という重篤な副作用を発症する恐れがあります。


この病気は、血圧を上昇させる「アルドステロン」が増加していないにも関わらず血圧が上昇し、



・高血圧
・むくみ
・だるさ
・脱力感
・筋肉痛



といった症状が現れます。


スポンサードリンク



OKな飲み合わせ・NGな飲み合わせ


安全


葛根湯と飲み合わせてもOKな薬、NGな薬についてご紹介します。



【風邪薬】

風邪薬は葛根湯とほとんど同じ効き目であるため、一緒に服用しないほうが良いでしょう。



【鎮痛剤】

「ロキソニン」は一緒に服用しても問題ないとされていますが、「バファリン」には体温を下げる働きがあるので、効果が薄れてしまう可能性があるので、一緒に服用するのは避けたほうが良いでしょう。



【胃腸薬】

胃腸薬の多くには甘草が含まれているので、一緒に服用するのは避けましょう。

ただ、中には甘草が含まれていない胃腸薬もあるので、そういった胃腸薬であれば一緒に服用しても問題ないと思います。



【抗生物質】

抗生物質は葛根湯と一緒に服用しても問題ないとされています。


薬に含まれている成分は、製造している会社によっても多少異なってくる場合があるので、「この薬と一緒に服用しても大丈夫」「この薬と一緒に服用してはダメ」とは一概には言えません。


この辺りは素人判断をすると危険なので、必ず医師や薬剤師に相談してから服用するようにしましょう。


漢方の専門知識を持った漢方医に相談すると、より確実でしょう。


飲み合わせNGな「飲み物」もある!



葛根湯を服用する時には避けてほしい飲み物もあります。


代表的なのが「コーヒー」です。


なぜかというと、コーヒーには「カフェイン」が多く含まれているからです。


コーヒーに含まれているカフェインと、麻黄に含まれているエフェドリンには、どちらも共通して神経を興奮させる作用があります。


そのため、神経の興奮が過剰となり、循環器系に悪影響を与える恐れがあります。


循環器ということは「心臓」もなので、これは命に関わる問題にもなりかねません


ですから、葛根湯を服用した日は、コーヒーは控えるようにしたほうが安全です。


また、コーヒー以外にも「緑茶」「栄養ドリンク」といった、カフェインを含む飲み物があるので、そういった飲み物も避けたほうが安全でしょう。


相互作用を起こしてしまったら?



もし、相互作用と思われる症状を起こしてしまった場合は、直ちに病院に連絡しましょう。


重篤な場合だと命に関わる危険性があるので、病院に連絡した後すぐに受診することが望ましいです。


相互作用を予防するためには



危険な相互作用を予防するためには、



他の薬を服用しているけれど、風邪を引いたから葛根湯も服用したい
葛根湯を服用しているけれど、体調が優れないから他の薬も服用したい



といったタイミングで、しっかりと医師・漢方医・薬剤師に相談することが大切です。


相談する場合は、お薬手帳や処方箋、薬の取扱説明書など、間違いなく明確に薬が解るものを持っていくようにしてください。


また、服用している薬や、服用しようとしている薬のことをよく知っておくことも大切です。


他の薬と飲み合わせる場合は相談を!



今回は、葛根湯で危険な目に遭わないために、安全に葛根湯を飲むための飲み合わせについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?


他の薬と一緒に服用しても大丈夫だと思われがちな葛根湯でも、お話しさせていただいたように、飲み合わせには注意する必要があります


葛根湯を服用するからには、葛根湯の良い効果を得たいものですし、危険な目にも遭いたくないですよね。


葛根湯を単独で服用する分には良いのですが、他の薬と一緒に服用する場合は、医師や薬剤師に相談してくださいね。


スポンサードリンク