風邪の症状に効果的だと言われている「葛根湯」


葛根湯は漢方の一種で、副作用が少ないことで知られているため、風邪を引いた時に服用する方も多いのではないのでしょうか。


とはいえ、中には「葛根湯を飲んだけど効かなかった」という経験をしている方も多いため、風邪の代表的な症状である「のどの痛み」や「咳」などにも効果があるのか、疑わしい部分がありますよね。


「葛根湯がのどの痛みや咳に効果的」というのは本当なのでしょうか?


また、どうして葛根湯は「風邪を引いた時にオススメなのか」ということについても、あわせてご紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク



葛根湯とは?



まずは「葛根湯がどのような漢方薬なのか」ということについて簡単にご紹介します。


葛根湯とは、「病気を体の表面から発散させて治す」という効果を発揮する「発表剤(はっぴょうざい)」の1つです。


発表剤の中でも葛根湯は、「発汗作用」があるため、「体を温めて発汗を促すことで、病気を体の表面から発散させて治す」という効果を発揮してくれます。


葛根湯は、次の7種類の生薬によって構成されています。



葛根(かっこん)※主成分
麻黄(まおう)
生姜(しょうきょう)
大棗(たいそう)
桂皮(けいひ)
芍薬(しゃくやく)
甘草(かんぞう)



これらの生薬がそれぞれの薬効を発揮して、



風邪の引きはじめ
肩こり
頭痛
筋肉痛
じんましん
インフルエンザの初期症状



といった症状をやわらげてくれます。


葛根湯はのどの痛みや咳にも効く?



「風邪には葛根湯」というイメージが根強いため、のどの痛みや咳にも効果的なイメージ、ありますよね。


ところがこの葛根湯、実はのどの痛み・咳などにはあまり効果がありません。


のどの痛みや咳にあまり効果がない理由



なぜ葛根湯はのどの痛みや咳には効果がないのかというと、のどの痛みや咳は「風邪が進行した状態で出てくる症状」だからです。


葛根湯は、「風邪の引きはじめかな?」と感じた、風邪の初期症状が出ているタイミングで服用しないと、ほとんど効果がありません


また、風邪が原因ではないのどの痛みや咳であれば、「症状の原因が風邪ではなく別のところにある」という意味で効果がほとんどありません。


別の理由で効果がないことも



他の理由で葛根湯が効きにくいこともあります。


風邪のタイプが違う



風邪は大きく分けて、「風寒邪」と「風熱邪」の2つに分けることができます。



葛根湯が効く【風寒邪(ふうかんじゃ)】

風寒邪とは、寒気・頭痛・首や背中のコリといった症状から始まるタイプの風邪のことを言います。

寒気が始まったタイミング、つまり熱が上がる前に葛根湯を飲むことで、体を温めて風邪を発散させてくれます。



葛根湯が効かない【風熱邪(ふうねつじゃ)】

風熱邪とは、発熱・のどの痛み・のどの渇きといった症状から始まるタイプの風邪のことを言います。

葛根湯の作用は「体を温めて風邪を発散させる」というものなので、すでに発熱によって体が温まってしまっている風熱邪では、効果が発揮できません。



この通り、葛根湯が効きやすいのは風寒邪のほうで、風熱邪の時に葛根湯を飲んでもあまり効果はありません


体質のタイプが合わない



「葛根湯が効きやすい体質と効きにくい体質」というのもあります。



葛根湯が効く体質

比較的体力がある
胃腸が丈夫
汗が出にくい
体が冷えやすい



葛根湯が効かない体質

虚弱体質(体力が衰えている・体が弱い)
疲れやすい
胃腸が弱い
暑がりで汗が出やすい

葛根湯は発汗・発散作用によって、悪化する前に風邪を発散させるものなので、元々暑がりで汗をかきやすい方には向きません


のどの痛みや咳に効果的な漢方は?



漢方薬


漢方薬は様々な種類があります。


そのため、のどの痛み・咳・腹痛といった症状に特化した漢方薬もたくさんあります。


のどの痛みや咳が出るほど風邪が進行してしまった場合におすすめなのは、次の漢方薬になります。


麦門冬湯(ばくもんどうとう)



麦門冬湯とは、



麦門冬(ばくもんどう)
人参(にんじん)
半夏(はんげ)
粳米(こうべい)
大棗(たいそう)
甘草(かんぞう)



の7種類の生薬から構成されている漢方薬です。


発熱によって体内から水分が失われることによって乾燥してしまった粘膜や気道に潤いを与えると共に、体に栄養を届ける機能を高める作用があります。



痰が切れにくい(粘り気が強い)
痰が絡むような咳
空咳が出る
喉が乾燥した感じがする
咳が長引く
気管支炎
気管支喘息
咽頭炎


といった症状に効果的です。


銀翹散(ぎんぎょうさん)



銀翹散とは、



薄荷(はっか)
牛蒡子(ごぼうし)
淡豆鼓(たんすじ)
金銀花(きんぎんか)
連翹(れんぎょう)
淡竹葉(たんちくよう)
羚羊角(れいようかく)
荊芥(けいがい)
桔梗(ききょう)
甘草(かんぞう)



の10種類の生薬から構成されている漢方薬です。


上半身にこもった熱を冷まして炎症を鎮める作用があります。



発熱
のどの痛み
のどや口の渇き

頭痛

といった症状に効果的です。





麦門冬湯や銀翹散のほかにも、のどの痛みであれば「桔梗湯(ききょうとう)」、咳であれば「五虎湯(ごととう)」といった漢方薬も効果的です。


スポンサードリンク



なぜ葛根湯は風邪にオススメ?



のどの痛み・咳には効きにくいのに、なぜ「風邪には葛根湯」なのか、不思議ですよね。


それは、葛根湯の主な作用が


発汗作用
発散作用


この2つだからです。


言葉こそ違いますが、どちらも簡単にいえば「体を温めて発汗を促す」というもの。


熱が出る前に葛根湯を服用することによって、


「風邪の引きはじめのタイミングで熱を強制的に上げ、発散させることで風邪を初期段階で治そう!」

というのが、葛根湯の狙いです。


初期の段階で風邪を発散してくれるおかげで、風邪を悪化させずにすむのです。


服用の最適なタイミング



葛根湯の効果を最大限に得るための、服用の最適なタイミングとしては、


・体が少しゾクゾクする
・関節に痛みがある
・調子が悪い



といった、発熱の症状が出てしまう前に服用するのが一番です。


前述している通りですが、熱などの症状が出てしまってからでは意味がないので要注意です。


漢方薬の選び方



f1db173af6081a442d3c242a3f616135_m


漢方薬は病院を受診をしなくてもドラッグストアで手に入りますが、様々な種類がありますし、会社によって成分が若干異なります


ですから、病院を受診して医師に処方してもらうか、もしくはドラッグストアにいる薬剤師や漢方医に相談するのが確実です。


選び方を一歩間違えれば効き目が得られないこともありますし、他の薬との飲み合わせなどを考慮しなければ、副作用が現れてしまう可能性もあります。


ですから、独断で漢方薬の服用を決めてしまうよりも、専門家に相談して服用するのが一番安全です。


また、漢方薬は妊娠中・授乳中の方でも飲めるものが多いのですが、お腹の赤ちゃんや授乳中の赤ちゃんの安全と共に、「症状や体質に合ったものを選ぶ」ということがポイントになってきます。


そういった意味でも、医師・薬剤師・漢方医などに相談してから服用することをおすすめします。


漢方薬の飲み方



漢方薬の飲み方としては、


空腹時(食前)に白湯で服用する

というのが基本です。


この飲み方で服用すると吸収率が上がるため、効果が高まります。


ただ、服用後に牛乳や清涼飲料水などを飲んでしまうと効果が薄まる可能性があるので気を付けてくださいね。


寒気がし始めたタイミングで服用しよう!



今回は、「葛根湯がのどの痛みや咳に効果的なのは本当か?」そして「葛根湯はどうして風邪を引いた時にオススメなのか?」ということについて解説させていただきました。


まとめると、葛根湯は寒気の症状が強く現れるタイプの風邪の引きはじめに服用することで、風邪の症状の進行を止める作用がある漢方薬です。


そのため、風邪の症状が進行してから現れる傾向がある、のどの痛みや咳といった症状にはあまり効果が期待できません


ただ、引きはじめに服用することで、「風邪の症状がのどの痛みや咳に発展する前に食い止めることができる」という意味でもあるので、寒気がし始めたタイミングで服用すれば、のどの痛みや咳を予防することができます。


葛根湯を服用したいという場合は、できるだけ専門家に相談するようにすることも忘れないでくださいね。


スポンサードリンク