漢方の中でも、女性の月経トラブルや不妊治療に効果があると言われている「当帰芍薬散」


その当帰芍薬散、効果はもちろんあるのですが、その一方で「副作用がヤバイ」という意味でも、密かに話題となっています。


有名なものだと、「当帰芍薬散を飲むと太ってしまう」なんて副作用があることも囁かれています。


体に優しいイメージが強い漢方薬の当帰芍薬散ですが、「副作用がヤバイ」とはどういうことなのでしょうか?


今回は、当帰芍薬散の効果・副作用についてお話します。


スポンサードリンク



当帰芍薬散とは?



漢方薬


当帰芍薬散とは、女性特有の月経トラブルや不妊改善などに効果があると言われている漢方薬の一種です。


当帰芍薬散を飲むことで、体内に摂り込まれた生薬が血行を促進して体をあたためると共に貧血を改善してくれるため、月経トラブルや不妊を改善へと導いてくれます。


当帰芍薬散に含まれている生薬



当帰芍薬散は、女性特有の体のトラブルに効果を発揮する



・当帰(トウキ)
・川芎(センキュウ)
・芍薬(シャクヤク)


代謝の促進や消化器系の症状に効果を発揮する


・蒼朮(ソウジュツ)または白朮(ビャクジュツ)
・沢瀉(タクシャ)
・茯苓(ブクリョウ)


といった生薬がブレンドされて作られている漢方薬です。


ちなみに、「ツムラ」「クラシエ」といった漢方薬で有名なメーカーが、当帰芍薬散の製造や販売を行っている主なメーカーです。


当帰芍薬散の効果は?



当帰芍薬散は、血行を促進して体をあたためると同時に、貧血も改善してくれる漢方薬です。


当帰芍薬散によって冷え性や貧血が改善されると、さらに次のような状態を改善する効果も期待できるようになります。



月経不順
月経異常
月経痛
月経前後の不快な症状
不妊
産前産後・流産による症状(貧血・疲労感・倦怠感・めまい・むくみ)
更年期障害
ホルモンバランスの乱れ
めまい
立ちくらみ
頭痛(頭が重い)
肩こり
腰痛
しもやけ
むくみ
耳鳴り
ニキビ
シミ

など…



当帰芍薬散には多様な効果があるということもちろん、「冷え性や貧血がいかに女性の体に良くないか」ということもよくわかりますよね。


女性特有の体のトラブルの根底には、冷え性と貧血が強く関わっているというわけです。


当帰芍薬散にはこれだけの効果があるので、女性にとっては「万能薬」に近い存在かもしれません。


当帰芍薬散が適応になるのはどんな人?



当帰芍薬散が適応になるのは、漢方医学でいう「虚証」と呼ばれるタイプの方です。


虚証タイプの方の特徴としては、



痩せ型の体型
顔色が良くない(色白・青っぽい)
肌荒れを起こしやすい
胃腸が弱い
食欲があまりない


といった特徴が挙げられます。


一言で言えば「虚弱体質」の方ですね。


こういった方々が当帰芍薬散の適応となり、当帰芍薬散もしっかりと効果を発揮してくれます。


当帰芍薬散が処方される具体的な症状



もう少し具体的に言うと、当帰芍薬散は次のような症状が出ている場合に処方されることが多い漢方薬ようです。



【なかなか妊娠できない(不妊)】 

望んでいてもなかなか妊娠することができない方を悩ませる、

・冷え
・倦怠感
・貧血
・むくみ
・月経異常

といった症状。



【妊娠中】

妊娠中の女性が悩まされやすい、

・むくみ
・腹痛
・貧血
・動悸

といった症状。



【更年期障害】

更年期を迎えた女性を悩ませる、

・貧血
・冷え
・疲労感
・頭痛
・眩暈

といった症状。



【腎臓疾患】

腎臓疾患を抱えている方を悩ませる、

・むくみ
・疲労感
・貧血
・動悸

といった症状。



見ての通り、薬の服用を制限されることが多い妊娠中でも、当帰芍薬散を飲むことは可能です。


スポンサードリンク


当帰芍薬散の副作用



当帰芍薬散は、「副作用が少ない」とされている漢方薬の一種ですが、副作用が一切起こらないわけではありません


当帰芍薬散の主な副作用として挙げられているのは、



・発疹
・かゆみ
・体のだるさ
・食欲不振
・胃の不快感
・悪心
・嘔吐
・腹痛
・下痢
・眩暈
・ニキビ



などといった症状です。


見ての通り、胃腸に関わる副作用が多いので、胃腸が弱い方に対しては慎重な処方が行われるそうです。


当帰芍薬散で副作用が起こる条件は?



副作用


副作用が起こる条件としては、



・体質に合っていない
・症状に合っていない
・服用している他の薬との飲み合わせが悪い


といった条件に当てはまる場合が該当します。


最近ではこんなケースも…



最近では月経トラブル・不妊治療=当帰芍薬散というイメージが強いことから、個人の判断で購入してしまうケースが増えています。


中には、個人の判断ではなく医師にちゃんと相談したにも関わらず、漢方の知識が少ない医師にあたってしまい、その医師が当帰芍薬散を処方してしまうケースもあるのだそうです。


ここまでで何度もお話ししている通り、確かに漢方薬は副作用が少ないものですが、それは「体質・症状にあったものを処方しているから」です。


同じ名前の漢方薬でも、メーカーによって成分が微妙に異なっていたり、似たような症状に効く漢方薬が他にもあったりします


こういったことを考慮すると、当帰芍薬散をはじめとする漢方薬を処方してもらう場合は、漢方薬の知識を持った医師や薬剤師、可能であれば漢方専門の漢方医に処方してもらうのが安全です。


「当帰芍薬散には太る効果がある」とはどういうことか?



太る

「当帰芍薬散を飲み始めてから太った」と訴える方が多いこともあり、「当帰芍薬散は太る効果がある」、そして「太る効果=当帰芍薬散の副作用」として捉えている方も多いようです。


体型を気にする女性にとって、「薬を飲んで太る」ということが、「副作用がヤバイ」ということに直結するのも無理もありません


では、太る効果があるというのはどういうことなのかというと、これは副作用ではありません


当帰芍薬散によって太るメカニズムは、次の通りです。



当帰芍薬散を飲み始める

冷え性や貧血が改善される

体調が良くなる

体重が増える



見ての通り、当帰芍薬散によって太るのは悪いことではありません


当帰芍薬散を飲み始めたことによって、虚弱体質で痩せ型だった方が健康体になった、または健康体に近づいてきている証拠です。


ですから、「太る」ということは当帰芍薬散の副作用ではないのです


逆に体重が落ちる(痩せる)場合も



当帰芍薬散を飲むことで太る場合もありますが、逆に痩せる場合もあります。


当帰芍薬散には、むくみを解消する効果があります。


「太っているから痩せたい」と願う女性の半数以上は、水太りに該当するそうで、体内に溜まった余分な水分はむくみを引き起こすだけではなく、体を冷やしてダイエットに欠かせない代謝を悪化させます


当帰芍薬散を飲むことで、この太る原因となっているむくみを解消することができるので、水太りしている方の場合は「体重が落ちた」「痩せた」と感じることがあります


副作用に見えて副作用ではない症状が現れることも



「太る」ということの他にも、当帰芍薬散には副作用のようで実は副作用ではない症状もあります。


眠気を感じやすくなる



人間の体というのは、上がった体温が下がると眠気を感じるようになっています。


当帰芍薬散の適応となる冷え性の方の場合、体が冷えやすいがゆえに体温が上がりにくいので、「体温が下がって眠気を感じる」ということが分からない状態になっています。


当帰芍薬散を飲むことで冷え性が改善され、体温がしっかり上がるようになると、体温が下がった時に眠気を感じやすくなります


「体温が下がった時に眠気を感じやすくなる」というのは普通の状態なので、「当帰芍薬散を飲んで眠気を感じやすくなった」ということは、冷え性が改善されてきている証拠です。


頻尿や便秘になる



前述している通り、当帰芍薬散には「むくみ」に対する効果があります。


つまり、当帰芍薬散には体内の余分な水分を排出する作用があるので、当帰芍薬散を飲むとトイレが近くなることがあります


また、同じメカニズムで体内の余分な水分が排出されると、今度は便が硬くなり、便秘になることもあります。


当帰芍薬散で副作用が起こってしまった際は?



当帰芍薬散を飲み始めてから、副作用と思われる症状が出た場合は、そのままの状態で無理をして飲み続けるのは危険です。


また、ご紹介させていただいた通り、感じている副作用のような症状が、当帰芍薬散による副作用ではない可能性もあります。


「副作用なのか、それとも副作用ではないのか」ということを素人判断するのは危険なので、一旦服用をストップし、当帰芍薬散を処方した医療機関の医師や、当帰芍薬散を購入した薬局の薬剤師に相談しましょう。


当帰芍薬散はしっかりと受診・相談した上で服用しよう!



今回は、当帰芍薬散の効果・副作用についてお話しさせていただきました。


当帰芍薬散をはじめとする漢方薬は、西洋薬と違って副作用も少ないために、個人の判断で手を出してしまいがちな部分があると思います。


特に、月経トラブルや不妊に関することは相談しづらい内容であることもあり、どうしても個人で判断しがちになります。


しかし、当帰芍薬散はちゃんとしたお薬なので、常に副作用の危険性は隣り合わせです。


ですから、当帰芍薬散を服用したい場合には、しっかりと受診・相談をしたうえで服用するようにしましょう。


スポンサードリンク