女性の天敵ともいえる”セルライト

セルライトが痛いときはどうすればいいの?

つぶそうとおもったらあざができてしまった。

そういうときの対処法をご紹介していきます!

これでセルライトとおさらばしましょう。
セルライト

セルライトとは?

太る
セルライトとは大きくなってしまった”皮下脂肪”なのです。

セルライトは痩せている人にでもできてしまいます。

毛細血管のまわりにできており、空腹時に毛細血管を通しおくられ蓄積してしまいます。

排泄されなかった老廃物を溜めこむと大きくなってしまうのです。

脂肪細胞がリンパ管などを押しつぶし、変形することによりセルライトができてしまいます。

1回できてしまうとなかなかやっかいなセルライト。

痩せてても太っててもできてしまっている人が多い怖いものなのです。


セルライトが痛む!


セルライトを触ったり押すと痛みを感じることがあります。

それは詰まりやかたまり同士が圧迫されぶつかり合うので痛みが生じるのです。

セルライトは放置しておくと、どんどん大きくなり硬くなってしまいます。

そのため、放置をするのは大変禁物なのです!

ではできてしまったセルライトはどうするべきなのかご紹介していきます。



セルライトの対処法


セルライトはマッサージなどでつぶすのが有効的だと言われています。

セルライトがわかりやすくマッサージしやすい体の部位は腕・足ですね!

セルライトをなくすポイントとして、

・マッサージでつぶす

・血流の流れを良くする

・水分補給をしっかりととる

・バランスの良い食事

・生活リズムを整える

などがあります。

自宅で出来るリンパマッサージやクリーム

エステだとセルライト対策用の機械で除去してくれます。

しかし、エステとなるとお値段も高額になってしまいますよね。

自宅でお風呂につかり、湯船の中で軽くマッサージ。

お風呂に上がってからセルライト除去クリームを塗りながらまたマッサージ。

と、お風呂上りの血行がいいときにすると効果もアップされますね。

冷え性の方などは血流も悪くセルライトができやすい体質です。

なので、体内からしっかり温めるようにしないといけません。

その際は首・わきした・足(また)の付け根・手・足先を温めるといいです。

スポンサードリンク

あざができてしまったときの対処法

マッサージ
セルライトをなくすために強い力でマッサージを行うとあざができてしまいます。

せっかくきれいにするためにマッサージを行ったのに、

あざができてしまうと意味がないですよね。

対処法として一番は”あざができない力でマッサージをすること”です。

なるべく肌や細胞を傷つけない程度の力でマッサージをするようにしましょう。

あざができてしまったら、その部位は触らないようにしましょう

マッサージのしすぎや仕方が違うとかえってセルライトができてしまったり、

あざになってしまうので要注意です。



マッサージ法は各部位によって異なります。

なにをするにもストレスが一番の敵です。

長い目で気楽にセルライト除去を目指して頑張っていきましょう!

スポンサードリンク