スーパーフードとして話題の”クコの実


メディアで取り上げられるようになって以来、ジワジワと人気が出始め、話題になっています。


ですが、そのクコの実がどのようなものか、イマイチわからない方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、クコの実の効果や食べ方などについてご紹介します。


スポンサードリンク



クコの実とは??



「クコの実」とは、海外では「ゴジベリー」とも呼ばれている、ナス科クコ属に分類される小さな赤い果実のことをいいます。


「杏仁豆腐の上に乗せられている赤い実」といえば、誰もがピンとくるはず。


あれがクコの実です。


他の食品よりも栄養価が高い「スーパーフード」の1つとしても知られており、あの小さな実の中には栄養がたっぷりと詰まっています。


そのため、海外セレブやハリウッド女優を中心に、美意識の高い女性たちの中で食生活に取り入れられています。


また、他のフルーツのような「甘酸っぱさ」が強くないので、料理やお菓子作り、デザートやトッピングなどに幅広く使えること、そして手軽に手に入れることができることもあって、そういった意味でも注目を浴びています。


クコの実は薬用果実



クコの実は中国や東アジアが原産といわれています。


中国では薬用果実として3000年以上も前から利用されており、世界三大美女の1人「楊貴妃」も毎日欠かさず食べていたという言い伝えもあります。


ライチを好んで食べていたことで知られている楊貴妃ですが、楊貴妃の美しさの秘密は、クコの実にもあったわけですね。


クコの実が日本に伝わったのは平安時代、文徳天皇がクコの実の栽培専用の庭園を持ち、その庭園の管理人が120歳まで生きたという、驚きの言い伝えもあります。


最近になって注目されるようになったのは、次の2つの出来事がきっかけです。



資生堂が「クコの実に美白効果がある」という研究結果を発表した
「エイジングケア」の一環として海外セレブの間で取り入れられていることがわかった


知名度が落ちていたクコの実が、こうしてまた注目されるようになり、現在に至っています。



クコの実の栄養と効果



クコの実


クコの実の効果をご紹介する前に、まずはクコの実に含まれている栄養素をご紹介します。


クコの実には、「約100種類のビタミンやミネラルが含まれている」といわれているほど、たくさんの栄養素が含まれています


代表的なものを挙げると、次のような栄養素が含まれています。



・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンC
・ビタミンP
・βカロテン
・リコピン
・ゼアキサンチン
・リノレン酸
・アルギニン
・グルタミン酸
・アスパラギン酸
・ルチン
・タンニン
・へスぺリジン
・ベタイン
・βシトステロール
・鉄分
・カルシウム
・カリウム
・亜鉛
・食物繊維



クコの実の効果



こういった様々な栄養素により、クコの実を食べることで次のような健康や美容への効果を得ることができます。



・疲労回復
・デトックス
・冷え性の改善
・免疫調整
・コレステロールの排泄
・腰痛の穏和
・目の健康維持
・ホルモンバランスを整える
・血液をサラサラにする
・高血圧の改善
・胃腸の調子を整える
・血糖値の上昇を抑える
・ダイエット
・アイチエイジング
・美白効果



などなど。


とても嬉しい効果ばかりですね。


先ほどご紹介させていただいた優秀な栄養素の数々が、このような素晴らしい効果をもたらしてくれるのです。


クコの実の選び方



せっかくクコの実を食べるわけですから、クコの実の嬉しい効果を最大限に得られるものを選びたいですよね。


クコの実はスーパーなどで簡単に手に入れることができますが、選ぶ時は加工されていないものを選ぶようにしましょう。


というのも、何らかの加工されてあるクコの実では、あまり効果が見られない可能性があるからです。


クコの実を選ぶ時は、表記を見て「砂糖などで加工されていないかどうか」を確認して、なるべく天然のものを選ぶようにしたほうが良いでしょう。


スポンサードリンク



クコの実の食べ方



ゴジベリー


クコの実は、1日に20粒までがベストとされています。


では、どのようにして食べるのかというと、



・そのまま食べる
・杏仁豆腐に乗せる
・ヨーグルトやアイスなどにトッピングする
・お菓子を作る時に混ぜる
・ご飯に混ぜる
・料理のアクセントに使う



などといった食べ方があります。


味自体がそれほど濃くないので、工夫次第で様々な食べ方ができるようです。


より効果的な食べ方もある!



より効果的にクコの実を食べるのであれば、クコの実に次のような食べ物を合わせて食べるのがオススメです。



【アンチエイジング】
ブロッコリー・トマト・黒米

【美肌】
杏仁霜・かぼちゃ・ヨーグルト

【目の健康維持】
ブルーベリー・菊の花

【虚弱やめまいの改善】
サクランボ



「飲み物」として摂取する方法もアリ!



「クコの実を摂取する」という意味では、クコの実を飲み物として飲むこともできます


例えば、



・お湯を注いで「クコ茶」にする
・緑茶や紅茶などに入れる
・スムージーに入れる
・クコの実をお酒に漬けて「クコ酒」にする


といった飲み方で楽しむことができます。


クコの実を食べる時の注意点



前述している通り、クコの実は薬用果実です。


そのため、クコの実を食べたり飲んだりすることで「副作用」が現れる可能性があります。


現れる可能性がある副作用としては、次のような症状が挙げられます。



血圧が下がりすぎる(低血圧になる)
消化不良を起こす
下痢をする
体が冷える



クコの実を避けるべき人もいる



 お腹が痛い日本人女性

「クコの実を食べたい」と思っても、服用している薬や体質などによっては、避けたほうが良い場合もあります。


例えば、次のような方はクコの実を避けるべきとされています。


【血圧降下剤を服用している】



クコの実には血圧を下げる作用があります。


高血圧の方が食べる分には良いのですが、高血圧の治療で血圧降下剤を服用していると、血圧降下剤とクコの実の相乗効果で血圧が下がりすぎてしまう可能性があります。


そういった意味では、元々血圧が低い「低血圧」の方も、クコの実は避けたほうが良いです。


【胃腸が弱い】



クコの実はナス科の植物であり、体を冷やす作用あります。


そのため、元々胃腸が弱い方がたくさん食べてしまうと、消化不良や下痢などといった症状が引き起こされやすいので、避けたほうが無難です。


【妊娠している】



クコの実に含まれている「ベタイン」という成分には、月経を促進する効果があります。


ただ、この効果は妊娠中の女性にとっては「流産や早産を促進する」という働きに変わってしまうため、食べ過ぎないほうが良いとされています。


※栄養価が高いので、積極的に食べるべきとする意見もあります。


【食物アレルギーを持っている】



食物アレルギーを持っている方は、クコの実でアレルギーを起こす可能性があります。


特に、



レタス
トマト
モモ
あんず
キウイ
アーモンド



などといった食べ物に対するアレルギーを持っている方は、クコの実に対してもアレルギーを起こしやすいとされています。


アナフィラキシーショックを起こしてしまうと命に関わることもあるので、食物アレルギーを持っている方は避けたほうが良いでしょう。


栄養がたっぷり詰まったクコの実、是非食べてみては?



クコの実の効果や食べ方などについてご紹介させていただきました。


あの小さな赤い実の中にたっぷりの栄養が詰まっているなんて、驚きですよね。


そして、料理・デザート・お菓子・お茶など、用途がたくさんあるのも魅力的だと思います。


海外セレブやハリウッド女優も注目しているクコの実、皆さんも是非食べてみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク