オーガニックという言葉を耳にすることがありますが、実際の所説明することって
できますか?

オーガニックとは有機栽培のことなんです。


化学農薬や化学肥料を2年間使わないこと。添加物はできるだけ最小減にして
います。化学的な染料や塗料を使用しません。


オーガニックは安心・安全を目指しています。


普通栽培と比べると、安全性が高いことと、危害リスクが低いということです。


とはいえ、オーガニックだから大丈夫ですとはいいきれません。

チアシード オーガニック 認定 おすすめ

商品にオーガニックと表記するには


登録認定機関の認定を受けた農家などが生産したものにJASマークがつけら
れます。

有機JAS規格は広告等にオーガニックの表記を規制していません。

1種類でもオーガニックのものが含まれていると、オーガニック商品になります。

私ごとですが、以前青果で働いた経験があります。


その時に有機野菜について質問されたことがありました。

「有機野菜は無農薬なんですか?」


当時勉強不足だった私は返答するまでに時間がかかってしまったのですが、
今回調べさせて頂いて無農薬とは違うことがわかりました。


有機野菜は、農薬を全く使っていないというわけではなく、JASが認定した31
種類の農薬の使用は認められているそうです。

有機野菜の上手な選び方

普通栽培とは違い、手間暇かけて作られているものが有機(オーガニック)と
呼ばれています。

低農薬ではありますが、使用回数が多いとオーガニックとは
呼べませんね。

安全で美味しい物が良いわけですから、とことんこだわりたい
ですよね。


購入する際は、パッケージに産地が記してあるものが良いです。


現在では、顔写真付きのシールが貼られているものもあります。


自信をもって提供しているわけですから、産地も生産者もわかると尚安心でき
ると思います。

スポンサードリンク


有機野菜はどんな味?


こんな質問もありました。

「実際食べてみてどんな味がしましたか?」

自然に近い味ですと答えましたが、果たしてお客様には伝わったのでしょうか?

言葉でそういわれても、なかなか理解できないと思います。


味を知るためには自分の舌で味わうこと、これが一番です。


手間暇かけて、こだわって作られているものなので、品質は良く美味しいと
いいます。


実際オーガニックを身近で感じたい方は、家庭菜園がおすすめです。

畑やプランターで作れる野菜がありますので、是非お試し頂きたいです。

オーガニックというと値段も驚きですよね。


作る時間がかかる分、 1つ1つ丁寧に栽培しているわけですから良い物に
こだわりのある方々は、多少価格が高くても惜しまなく購入するでしょう。


でも、考えてみてください。


オーガニックにも種類があるのです。

農薬を全く使っていないというわけではありませんので、選び方にも注意が
必要ですね。


オーガニックと呼べるのは厳しい検査に合格したものだけです。
食品だけでなく、衣類や化粧品などにも使われているものがあるそうです。


スポンサードリンク