チアシードとバジルシード、なんだか名前が似ていますよね。
何が違うのでしょう?見た目はどちらも似ていますよね。

スポンサードリンク


チアシードとバジルシードの違い



チアシードは南米が原産でシソ科サルビア属ミントの種子です。

水分を含むと約10倍に膨らみゼリー状になります。ゼリーに胡麻が浮いている
ようなイメージだとわかりやすいでしょうか?


バジルシードは、東南アジア原産でシソ科オシウム属バジルの種子です。
水分を含むと約30倍に膨らみます。見た目は蛙の卵が浮いているような
イメージです。シャリシャリとする食感が特徴です。

栄養素の違い


100g チアシード(黒、白) バジルシード(黒)
エネルギー 500kcal 100kcal
食物繊維 40% 56%
たんぱく質 20% 14%
脂質 30% 14%
1gあたり 5kcal 1kcal

どちらも便秘に良いとされていますが、特にお悩みの方はカロリーの低い
バジルシードがお勧めです。


数字でみると、バジルシードには食物繊維が沢山含まれていることがわかります。


水分に含ませたときのみためで、ごめんなさいとなってしまいそうですが、ダイエ
ットには効果がありますし、インドのほうでは冷たいすいーつドリンクに混ぜたり
しているようです。


1度目にすると忘れられなさそうですよね。
スポンサードリンク

チアシード、バジルシードはどう食べる?



水に含ませて、そのまま飲むのもありですが、なんだかもの足りないような気が
しますよね。基本的には、味のあるドリンクや、食べ物に混ぜたりします。


見た目は良いとは言えませんが、混ぜることで美味しいといわれており、満腹感
があるおかげで食べ過ぎを抑えることができるのです。


ダイエットの効果は、早い方だと1カ月程で効果が出る方もいるそうですよ。

バジルシードドリンクに注目!

東南アジアでは、バジルシードドリンクが販売されていてとても人気だそうです。

美容効果があると聞くとやはり女性に人気なのは間違いないですよね。


コップに注ぐと、見た目が凄い!!けれどみためだけで判断をするのはとても
失礼ですよね。


味はいかがでしょう?口コミでは、美味しい、新食感ではまりそうという意見が
多かったです。


成城石井にバジルシードドリンクの販売をされているようですね。


ココナッツ、マンゴー、ライチ、ホワイトグレープ、レモンなどがあり、色もカラフルで
やはりバジルシードのつぶつぶ感が目立ちます。

どちらも効果あり!

皆さんの好みの状態で、チアシード派とバジルシード派にわかれると思います。


どちらも美容にダイエット効果はありますし、調理の仕方や混ぜ方も同じです。
違う所といえば、見た目・食感・栄養価でしょうか。


水に戻したときの膨らみ方も違いますね。


1日の目安は決まっていますので、大さじスプーンに1杯(約10~12g)前後に
しておくと、お腹を緩くする心配も少なくなりそうです。

スポンサードリンク