白湯ダイエットが最近流行っています。



モデルや芸能人が白湯ダイエットをしているとメディアで言ったことで、若い女性の間に広まったのですね。



特別な材料はなにもいらないし、時間もかかりません。



自宅で簡単に作ることができるので、無理なく続けることができそうですね。



では、いつ、どんな風に飲めば痩せるのでしょう?痩せたい人必見です!

スポンサードリンク

白湯の作り方

白湯


白湯は、自宅で誰でも作れます



水道水でも、浄水器の水でも、ミネラルウォーターでも、水はなんでもいいです。



ヤカンに水を入れて沸騰させます。



マグカップに水を入れて、500Wの電子レンジで1分半ほど温めても作れます。



40度~50度、体温より少し温かいくらいまで冷まして飲むようにしましょう。



白湯ダイエットの効果



便秘解消


腹痛
温かい白湯を飲むことで、体がぽかぽかしてきます



全身の血の巡りが良くなって、内臓の動きも活発になります。



胃腸の働きが活発になることに加え、水分を適度に取ることで、便秘解消の効果が期待できるのです。



基礎代謝が上がり痩せやすくなる



基礎代謝が上がると、何もしなくても消費されるカロリー量が増えるので、痩せやすい体質になります。



基礎代謝は、体温が1度あがることで10%アップすると言われています。



温かい白湯を飲むことで体温が上がり、血液循環が良くなり基礎代謝も上がります。



冷え性が改善される


白湯
冷え性の原因の多くは、血液循環が悪くなっていることです。



白湯を飲むことで体が温まり、血液循環が良くなり、冷え性を改善することが期待できます。



デトックス効果がある


白湯を飲むと、血液循環がよくなります。



血液循環が良くなると、体内にたまっていた老廃物を排出しやすくなります。



体内にたまっていた老廃物を排出することで、ダイエットだけではなく美肌にも効果が期待できます。


スポンサードリンク

白湯ダイエットのやり方


飲む量


 
白湯は、1回あたり200ml飲むのが適量です。



10分ほどかけてゆっくり飲むようにしましょう。



1回あたり200mlですが、3回~4回に分けて1日に600~800mlの白湯を飲みます。



飲みすぎるとむくみの原因になったり、体に必要な栄養素まで排出してしまうので、1日に飲む量は1000ml以内にとどめておきましょう



飲むタイミング



白湯を飲むタイミングは、朝起きてすぐ、昼食中、夕食中、寝る前などです。



1日の中で、一度にまとめて飲むのではなく、適度に時間をあけて飲むことが大切です。



特に冷え性の人は体が冷えやすいので、常に内臓が温かい状態を保てるように意識しましょう。



特に、寝る前に飲むとダイエット効果が2倍~3倍得られると言われています。



体が冷えたままだとなかなか寝付けないことがありますが、白湯を飲むことで体がお腹から温まり、快適な睡眠を得ることができます。



睡眠不足はダイエットやお肌の敵ですからね。



白湯ダイエットで痩せたい人は、朝だけではなく寝る前に飲むことも忘れないようにしましょう!


さいごに



白湯ダイエットは誰でも簡単に始められるダイエット方法ですね。



水を沸騰させて飲むだけなので副作用もないですし、お金もかかりませんし、運動や食事制限が苦手な人でも続けられそうですね!



ダイエットだけではなく、多くの女性が悩んでいる便秘や冷え性にも効果が期待できるので、ぜひ、普段の生活に取り入れてみてはいかがでしょう?


スポンサードリンク