皆さんは、チアシードをどのように食べていますか?


チアシードの食べ方を誤ると体調を壊すこともあります。


チアシードは大量に水分を吸収します。時間を置いた分だけ膨らみますので、乾燥した状態で
大量に食べてしまった場合、胃の中に入ってしまうとどうなるでしょうか?


胃の中の水分を全て吸収してしまうので体調不良を起こしてしまいます。
 

スポンサードリンク

チアシードの効果的な食べ方とは

① 初めにチアシードを水に浸します。
② 30分程すると、種が約10倍程に膨らみます。
③ 種のまわりには、ゼリー状のものができます。

準備はここまでです。
チアシードは味がないので、飲み物やヨーグルト、料理に混ぜるのがオススメです。
ゼリー状のものはグルコマンナンと言われる食物繊維で

食欲を抑える
糖やコレステロールの吸収を抑える
便秘の解消


に効果を発揮するということです。

飲み物や食事に混ぜれば、自然に摂取することができますね。
ダイエットに関係なく日常食としても利用できます。

美容意識が高い方へ、オススメなのはスムージーです。
栄養のバランスの偏り、体型、肌荒れや、便秘が気になる方は是非注目してください。
スムージーといっても、沢山種類がありますし、これが良いというのはいいきれません。


レシピがありますので、料理サイトをご参考にしてください。
好みもありますよね。せっかく飲むのなら、飲みやすい物が良いですね。

チアシードを生で食べる場合は、ふりかけ感覚でヨーグルトやサラダに混ぜます。
お菓子作りに調味料として混ぜます。このような食べ方がありました。

チアシードは、カロリーが高いので食べ過ぎに注意です。

卵アレルギーの方にも安心です。

どういうことかというと、お菓子を作る際にチアシードの代わりになるというのです。
チアシード大さじ1杯分を水に戻し、ゼリー状になったら使うということなのですが、材料のつなぎの
役割になるというのですから驚きですね。

ダイエットをする方にもオススメ



チアシードは、摂取カロリーを減らし空腹感を抑える働きをします。
栄養価が高いのでカロリーを減った分の栄養補給もしてくれます。
腹もちも良いので、言うことないですね。

まとめ

チアシードの効果について説明させていただきましたが、参考になったでしょうか?
チアシードは栄養がある分カロリーも高いです。
1日スプーンに大さじ1杯を目安に摂取することをオススメします。

副作用として、お腹を緩くするということなので、食べ過ぎには注意しましょう。
チアシードの食べ方を誤らなければ、良い効果をもたらしてくれるでしょう。
チアシードで、体の中から綺麗を目指しましょう。
 
スポンサードリンク