チアシードが美容や健康に良いというのはご存知の話です。
これからチアシードの効果や効能について紹介していきたいと思います。

チアシード 効能 美容

チアシードって知ってる?

南米地域、メキシコ中部が原産国で、シソ科サルビア属ミントの種子で胡麻に
よく似ています。

水分を吸収するため、ダイエットにとても効果があるといわれています。


1日の目安は、大さじスプーンで1杯約10~12gです。


水につけると約10倍に膨れ上がります。約90%が水分になるというのですから
驚きですよね。

水に浸けて周りにでてきたゼリー状のものがまさしく食物繊維
グルコマンナンというこんにゃくと同じ成分です。


水分、たんぱく質、食物繊維の組み合わせが上手くいくと満腹感を得られます。


チアシードは優れた栄養価が含まれています。


胡麻に似ていると言いましたが、違う所は胡麻はすり潰さないと体内で栄養が
吸収できないのですが、チアシードは殻ごと摂取することができるのです。


アレルギー体質改善、生活習慣病の予防、美肌、美容、アンチエイジング効果
が期待できますね。

チアシードの種子成分とは



約3割が油分を占めています。

全体の約8割はαリノレン酸やリノール酸が占めています。


αリノレン酸は、認知症予防やアレルギー、老化予防、高血圧やがん予防など
の働きがあります。
摂取量は男性で約2.1~2.4g、女性で約1.8~2.1gといわれています。
スポンサードリンク

ダイエットに効果的なのはなぜ?


チアシードの種が水で膨張するからです。グルコマンナンという成分は、体内
で消化されず、残るので満腹感を維持することができるのです。


チアシードは便通を良くする効果がありますが、逆に便秘になるケースもあるよ
うです。


その理由としては、古い便が腸の中で残り固まっているということです。


その状態でチアシードを飲んでしまうと、水分を腸が吸収してしまい、余計に
でなくなってしまいます。


便秘が続いていて改善の効果がみられない場合は、まずは古い便を排出する
ようにしましょう。その後はチアシードを使用すると効果が期待できます。


便を排出するには水分が必要です。

1日の水分摂取量はご存知ですか?


1.5~2Lとなっています。


こまめに水分を摂り、意識することで便通を良くさせます。
冷たい物だと胃に刺激しすぎてしまう心配があるため、常温がお勧めです。

チアシードの効能


美容やアンチエイジングの他にこのような効能があります。



消化機能の向上
心臓機能の向上
新陳代謝アップ
骨の強化
筋肉の増加
糖尿病、乳がん、子宮がんに対する効能


いかがでしたか?
スーパーフードと呼ばれるチアシード。ダイエット食品サポートとして、これからも
注目されることと思います。効果のでかたが薄い場合は、チアシードを1日3回
にわけてお試しして頂くのも良い方法です。

スポンサードリンク