健康診断、定期的に受けていますか?


結果が知らされるまでの間、ドキドキして過ごす人もいらっしゃるかもしれません。


でも・・・いろんな数値が書かれているけれど、よくわからないことってありますよね。


正常なら気にしないで放っておきますが、再検査とか、精密検査とか表示されていたら・・・


ここでは、アミラーゼが高いときの原因について書いていきます。


逆に、低すぎると糖尿病のリスクがあるそうですが、本当なのでしょうか?

説明

アミラーゼとは?


チアシード 成城石井とカルディ
アミラーゼは、膵臓と唾液腺から分泌される酵素のひとつです。


炭水化物やたんぱく質、脂質の消化を助ける働きがあります。


P型アミラーゼと、S型アミラーゼがあり、血液検査、尿検査ではどちらのアミラーゼが高いのか確認できます。


P型アミラーゼは膵臓由来、S型アミラーゼは唾液腺由来で、血液中の割合は膵臓4:唾液腺6です。


血清アミラーゼの基準値は40~132lu/l

尿中アミラーゼの基準値は100~1100lu/l


この数値からはずれると、膵臓と唾液腺どちらかが異常をきたしていると考えられます。


数値が高いときの原因は?



P型アミラーゼ・膵臓由来



膵臓炎、膵臓がんなどが考えられます。


膵臓炎には慢性と急性があり、どちらも過度の飲酒喫煙、胆石などが原因で発症することが多いです。


急性膵炎の場合、過労やストレスも原因のひとつと考えられています。


胆石が原因として、胆石が膵液の出口を塞いでしまうことでおこります。


S型アミラーゼ・唾液腺由来



唾液腺に障害が起こり、耳下腺炎になることが考えられます。


耳下腺炎は頬が腫れたり、痛くなるのでわかりやすいです。


ほかに、マクロアミラーゼ血症、腸閉塞、肺がん、卵巣がん、大腸がんなどの可能性も考えられます。

スポンサードリンク


数値が低い時は?



膵臓や唾液腺の切除後には、アミラーゼが低下します。


極端に数値が低い場合は、膵臓がんの可能性も考えられます。


体調により一時的に異常値になっているケースもありますが、慢性膵炎、肝硬変、糖尿病などの可能性もあります。


異常値だったらどうする?



健康診断で再検査や精密検査の指示があった場合は、指示に従いましょう。


自覚症状がないからと放置しておくと、取り返しのつかないことになりかねません。


また、膵臓由来のP型アミラーゼの数値に異常があった場合、膵臓になんらかの異常があると思われます。


膵臓に負担をかけないよう、食事に気を付けましょう。


アルコール摂取をやめる

高脂肪食品を食べない

甘いもの・辛いものは避ける

カフェインの摂りすぎに注意する


いずれも、胃と膵臓に負担をかけてしまう食事です。


数値に異常があるときは、膵臓が弱っているときです。


弱っているのにさらに負担をかけると、症状が悪化してしまいます。


さいごに


健康診断の結果は、必ず確認しておきましょう。


健康診断ですべての病気が発見できるわけではありませんが、再検査や精密検査の指示には従いましょう。


毎年健康診断を受けることで、数値の比較もできます。


生活習慣の見直しのきっかけにもなるかもしれませんね。


スポンサードリンク