「玄米茶が好き」という方も多いですよね。


味も香りも良いので、飲むとホッとできるのが魅力だと思います。


ただ、妊娠中や授乳中に玄米茶を飲むことに関しては、「カフェインが含まれているため、赤ちゃんに影響がある」という噂がささやかれていることも事実。


では、玄米茶のカフェインは、妊娠中や授乳中においては危険なものなのでしょうか?


妊娠中や授乳中に玄米茶を飲むことによる、赤ちゃんへの影響について調べてみました。


スポンサードリンク



妊娠中・授乳中はカフェインに注意しなければならないのはなぜ?





「妊娠中や授乳中にカフェインを摂ってはいけない」という話は有名ですよね。


「赤ちゃんに良くないから」という、カフェインがNGな理由についても、多くの方が知っているはず。


ただ、妊娠中・授乳中はカフェインに注意しなければならない具体的な理由については、答えられない方も結構多いと思います。


まずは先に、妊娠中・授乳中はカフェインに注意しなければならない具体的な理由について、簡単にご紹介します。


妊娠中の母体の影響



妊娠中の母体への影響としては、鉄分の吸収を阻害し、貧血を引き起こす恐れがあります。


妊娠中は鉄分を摂っても、胎児のほうに優先的に届けられるため、母体の鉄分不足が不足し、貧血の状態に陥りやすいです。


ただでさえ鉄分が不足しやすい状態にあるにも関わらず、鉄分の吸収を阻害するカフェインを摂ってしまうと、より鉄分が不足しやすくなり、貧血の症状に悩まされるようになってしまいます。


また、鉄分だけではなくカルシウムの吸収を阻害したり、カフェインの利尿作用によって鉄分やカルシウムを早々と体外へ排出してしまう可能性もあります。


授乳中のお母さんへの影響



授乳中のお母さんへの影響としては、こちらもやはり貧血を引き起こす恐れがあります。


母乳はお母さんの血液から作られているため、母乳という形で血液がたくさん出て行ってしまうため、血液のもととなる鉄分の吸収が阻害されると、より貧血の状態に陥りやすくなります


また、授乳中は水分不足にも陥りやすいので、こまめに水分補給する必要もあるのですが、カフェインの利尿作用によって水分が体外へ排出されやすい状態になってしまうため、カフェインが原因で水分不足にも陥りやすくなります


胎児への影響



胎児への影響としては、母体が貧血に陥ることで、酸素や栄養が十分に届かなくなります


カフェインは胎盤を通して胎児に届きやすい成分である上に、胎児はまだ体の機能が未熟でカフェインの代謝が上手くできない状態にあるため、長時間にわたって胎児の体内に留まってしまいます。


その結果、発育に影響が出たり、最悪の場合は死産や流産を引き起こす恐れがあります。


乳児への影響



乳児への影響としては、カフェインはお母さんが摂取した量の約1%が母乳に移行します。


そのため、母乳を通してカフェインが体内に摂り込まれることで、



泣き止まない
情緒不安定になりやすい
落ち着きがない
機嫌が悪くなりやすい
なかなか寝ない



といった症状が現れる恐れがあるほか、「乳幼児突然死症候群(SIDS)」を発症するリスクが高くなる恐れがあります。





恐ろしい話に聞こえてしまったかもしれませんが、いずれの場合も「お母さんがカフェインを摂り過ぎた場合」に懸念される悪影響です。


玄米茶にカフェインは含まれているの?





ここからは本題に入って、玄米茶のカフェインについてお話ししていきたいと思います。


カフェインが含まれているお茶は結構多いですし、日本はお茶を出してお客さんをおもてなしする国でもありますよね。


また、「妊娠前に玄米茶を好んで飲んでいた」という方にとっては特に、「玄米茶が飲めないかもしれない」となると、やはり困ると思います


では、玄米茶にカフェインは含まれているのかというと、含まれています


基本的に、「茶葉」が使用されているお茶には、多かれ少なかれカフェインが含まれています


スポンサードリンク



玄米茶に含まれているカフェインの量は?



カフェインが含まれているとなると、次に気になるのは含有量。


玄米茶に含まれているカフェインの量は、100mlあたり10mgと言われています。


メーカー・淹れ方・煎じた回数などによって変わってくるので、この100mlあたり10mgというのは、あくまでも目安です。


カフェインが含まれている他のお茶と比べると、以下のようになります。



【100mlあたりのカフェイン含有量】

玉露:160mg
抹茶:32mg
紅茶:30mg
煎茶:20mg
ほうじ茶:20mg
烏龍茶:20mg
番茶:10mg
玄米茶:10mg★

※コーヒーは100mlあたり60mg



見ての通り、玄米茶に含まれるカフェインの量はお茶の中でも少なめです。


そのため、たくさん飲まなければ子供が飲んでも大丈夫とされています。


玄米茶を飲んだ場合の赤ちゃんへの影響と目安は?



妊娠中・授乳中に摂取しても良いカフェインの量は、1日あたり200~300mgとされています。


国によって違ってくるそうですが、どこの国も200~300mgあたりを目安にしているようです。


これを玄米茶に換算すると、玄米茶100mlあたりのカフェインが10mgなので、「1日2~3リットルは飲んでも大丈夫」ということになります。


ただ、1日に2リットルも玄米茶を飲む方はいないと思いますし、頑張っても難しいですよね。


たくさん飲んだとしても1リットル未満だと思うので、カフェインによる胎児・乳児への影響はそれほど心配する必要はありません


むしろカフェインには、妊娠中・授乳中のイライラや不安をやわらげる効果をはじめとする、様々な効果がありますし、玄米茶そのものにも健康効果があるので、飲み過ぎにさえ気を付けていれば、飲むことを無理に我慢する必要はありません


どうしてもカフェインが気になる場合は?



「カフェインの含有量は少なくても、どうしても気になる…」という方もいらっしゃるかもしれません。


そのような方は、ノンカフェインのお茶を飲むことをオススメします。


ノンカフェインのお茶として挙げられるのは、次のようなものです。


麦茶
黒豆茶
杜仲茶
ドクダミ茶
ゴーヤ茶
ルイボスティー
コーン茶
そば茶
甜茶
タンポポ茶(タンポポコーヒー)
グァバ茶
桑の葉茶

など…



その他、茶葉を使用していてもカフェインを除去しているお茶であれば、カフェインを気にせず飲むことができます


パッケージに「ノンカフェイン」「カフェインレス」といった記載のあるお茶を購入するようにすれば確実でしょう。


妊娠中・授乳中に玄米茶を飲む際の注意点





最後に、妊娠中・授乳中に玄米茶を飲む際の注意点についてご紹介します。


カフェインの摂り過ぎにならないようにするためには、以下の点に注意しましょう。


◆飲み過ぎないように気を付ける
◆食前・食後30分の間は飲まない
(鉄分・カルシウムの吸収を阻害するのを防ぐため)
◆カフェインを含む食べ物を食べた日や食べる日は飲まないか、飲む量を控えめにする
(抹茶やコーヒーを使ったお菓子など)



玄米茶に含まれているカフェインの量は少ない!



今回は、玄米茶のカフェインに関する、妊娠中や授乳中の赤ちゃんへの影響についてご紹介させていただきました。


結論としては、玄米茶に含まれているカフェインの量は少ないので、お茶の中でも妊娠中や授乳中でも安心して飲むことができる部類に入ります。


ただ、「飲み過ぎなければ」の話であり、飲み過ぎれば影響が出る可能性があるので、飲み過ぎには充分に気を付けてくださいね。

スポンサードリンク