お酒を飲んで良い気分に浸った翌朝に現れる「二日酔い」の症状


楽しくお酒を飲んだにも関わらず、二日酔いの症状が現れて、一気にテンションがガタ落ちした経験のある方も多いのではないでしょうか


しかしながら、二日酔いには「特効薬的存在」といえるオススメの商品があり、そういった商品に頼ることで、症状を楽にすることができるのだそう。


そこで今回は、二日酔いがツライ時にオススメできる、特効薬的商品についてご紹介します。


スポンサードリンク



二日酔いの原因と症状





まずは、二日酔いの原因と症状についてご紹介したいと思います。


二日酔いには様々な原因があり、原因によって若干症状が変わってきます


二日酔いの原因



先に二日酔いの原因からご紹介します。



【血管拡張】
血液中のアルコールが血管を広げてしまうため

【脱水状態】
アルコールの利尿作用によって体内の水分が失われるため

【アセトアルデヒド】
アルコールを分解する過程の中で発生する毒性の高い物質、「アセトアルデヒド」が体内に残ってしまうため

【低血糖状態】
肝臓に貯蔵されている糖分が、アルコール分解のために大量消費されてしまうため

【胃酸が過剰に分泌される】
アルコールが胃の粘膜を刺激し、胃酸の過剰分泌を促すため



二日酔いの症状



次に、二日酔いの症状についてご紹介します。


二日酔いの症状は、先ほど挙げたような原因によって、以下のような症状が引き起こされます



頭痛
吐き気
だるさ
疲労感
脱力感
喉の渇き
腹痛
胃痛
下痢
胸焼け
食欲不振
筋肉痛

など…



二日酔いがツライ時にオススメできる特効薬





ここからは、二日酔いがツライ時にオススメできる特効薬的な商品についてご紹介していきたいと思います。


まずは商品ではなく、二日酔いがツライ時にオススメの医薬品からご紹介します。


第一三共ヘルスケア【第一三共胃腸薬グリーン錠(第2類医薬品)】



第一三共胃腸薬グリーン錠は、二日酔いによる胃腸の症状に効果を発揮してくれる医薬品です。


●飲み過ぎ(過飲)、はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐
●胃酸過多、胃痛、胸やけ、胃重、胃部不快感、げっぷ(おくび)
●胸つかえ、もたれ(胃もたれ)、食欲不振(食欲減退)、胃部・腹部膨満感、胃弱
●食べ過ぎ(過食)、消化不良、消化促進、消化不良による胃部・腹部膨満感

第一三共ヘルスケア 第一三共胃腸薬グリーン錠より引用


太田胃散【太田胃散(第2類医薬品)】



太田胃散は、健胃作用を持つ7種類の生薬の力で、二日酔いによるツライ症状を改善してくれる医薬品です。


飲みすぎ、胸やけ、胃部不快感、胃弱、胃もたれ、食べすぎ、胃痛、消化不良、消化促進、食欲不振、胃酸過多、胃部・腹部膨満感、はきけ(胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき、悪心)、嘔吐、胸つかえ、げっぷ、胃重

太田胃散より引用


エーザイ【サクロン顆粒(第2類医薬品)】



サクロンは、過剰分泌された胃酸の働きを弱めて、荒れた胃を修復・保護することで二日酔いの症状を和らげてくれる医薬品です。


胸やけ、飲みすぎ、胃痛、胃酸過多、胃もたれ、胃部不快感、胃部膨満感、胃重、 胸つかえ、げっぷ、はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐

エーザイ サクロン顆粒より引用





他にも、



第一三共胃腸薬プラス
ガスター10
キャベジンコーワα
新セルベール
ハイチオールCプラス
ソルマックプラス
五苓散



などなど、二日酔いの症状に効果的な医薬品はたくさんあります。


そして、頭痛の症状が伴う場合は頭痛薬がオススメなのですが、アルコールと相性が合わないものが多いそうなので、あえてご紹介しませんでした。


二日酔いの頭痛がツライ場合は、薬剤師などに相談した上で、最適な医薬品を選んでもらうことをオススメします


スポンサードリンク



薬ではないけれど「特効薬」になる食べ物や飲み物





次に、薬ではないものの、二日酔いの症状に襲われた時の特効薬になってくれる食べ物や飲み物を、厳選して5つご紹介します。


いずれもコンビニやスーパーで手軽に買ってくることができる商品でもあるので、二日酔いの症状がツライ時にオススメです。


ラムネ菓子



ラムネ菓子の9割は「ブドウ糖」でできています。


アルコールの分解によって大量に消費された糖分をラムネで補うことで、二日酔いの症状を楽にすることができます。


スポーツドリンク・経口補水液



スポーツドリンクや経口補水液は、失われた水分や電解質を補給するのに最適です。


アルコールの利尿作用によって失われた水分を、スポーツドリンクや経口補水液で補うことで、二日酔いの症状を楽にすることができます。


糖分も摂取できるので、低血糖にも有効です。


トマトジュース



トマトに豊富に含まれている「リコピン」には、アセトアルデヒドの働きを抑制する効果があります。


また、トマトに含まれる「クエン酸」が胃の粘膜を修復してくれる他、飲酒によって失われたミネラルも補うことができるので、二日酔いの症状を楽にすることができます。


ちなみに、トマトジュースではなくトマトそのものでも大丈夫です。


しじみの味噌汁



しじみの味噌汁には、肝機能を高めるしじみ由来の「オルニチン」をはじめ、味噌由来「コリン」「塩分」「タンパク質」などが含まれています。


そのため、二日酔いの朝にしじみ汁を飲むことで、二日酔いの症状を楽にすることができます。


グレープフルーツジュース



グレープフルーツには、アルコールの分解をサポートする働きがある「フルクトース」という果糖が含まれています。


グレープフルーツそのものを食べても良いのですが、グレープフルーツジュースのほうが水分も同時に補うことができるので、二日酔いの症状にはオススメです。





ご紹介させていただいた5つの食べ物や飲み物の他にも、




ゴマ
はちみつ
コーヒー
コーラ
スプライト
緑茶
牛乳



といった食べ物や飲み物も、二日酔いの症状に有効と言われています。


二日酔いは前もって予防することも大切



二日酔いの症状に効果的な特効薬についてご紹介させていただいたのですが、二日酔いは症状に襲われてから対処するのではなく、前もって予防することも非常に大切なことです。


二日酔いは、



お酒を飲む前
お酒を飲んでいる最中
お酒を飲んだ後



3つのタイミングの行動で予防することが可能です。



【お酒を飲む前】

空腹状態で飲まない
緑茶を飲む
脂肪分を摂る
乳製品を摂る
二日酔い予防に効果的なサプリメントやドリンクを飲む



【お酒を飲んでいる最中】

少しずつ飲む(一気飲みはしない)
二日酔いしにくいお酒を選ぶ
1杯飲むごとに水を飲む



【お酒を飲んだ後】

運動は避ける
水分補給をする
熱いお湯に浸からない
サウナに入らない



このように、二日酔いのツライ症状を予防する方法はたくさんあるので、二日酔いの症状に倒れてしまう前に予防するようにしてくださいね。


そして、「予防したのに二日酔いの症状が出てしまった」という場合には、薬を飲んだり、特効薬的な存在の飲み物や食べ物を摂取したりして、二日酔いの症状を和らげましょう


二日酔いには症状を和らげる薬や飲み物・食べ物がある!



今回は、二日酔いがツライ時にオススメできる特効薬的商品について、二日酔いの症状や原因とあわせてご紹介させていただきました。


二日酔いには、症状を和らげる薬もありますし、二日酔いの症状を和らげる特効薬のような商品も、私たちの身近にはたくさんあります。


飲み過ぎないように気をつけることが1番ではあるのですが、こういった薬や特効薬のような商品を知っておくだけでも、二日酔いになってしまった時にすぐ対処できて良いと思います。


二日酔いがツライ時は是非、参考になさってください。


スポンサードリンク